猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する世界に一匹だけの猫

ニャーちゃん



漁網のベッド?でくつろぐ葉山の海岸の猫さん。
こんにちは~と挨拶すると、愛想よく「ニャア」。
カメラを向けたら、後ろに立っている漁師さんが
「はい、いい顔してー!」と猫さんに声をかける。
可愛がられているんだなぁ。



カメラよりも漁師さんのことが気になるようで横を向いてしまったけれど、
この猫さんの前足! ニャーちゃんとおそろ!
というかニャーちゃんは前左足が黒のハイソックスに白の足袋(←この表現は変だが)、
この猫さんは前右足がそうなのねー。

そして声もちょっと、ニャーちゃんに似ていた。


わりと最近のことなのだけど、近所のあるお店に置いていただいている
ニャーちゃん探しのチラシを見た方がお電話を下さった。
「2、3日前からうちに白黒の猫がきてるんだけど、
もしかすると探してらっしゃる猫じゃないかしら?
今ちょうどうちにきていて鳴いているので、声を聞いてみます?」
そして声を聞かせてくださったのだが、電話口でも明らかに違うことがわかった。
でもその方はとても親切にご自宅の場所も教えて下さったので、
すぐに伺ってみた。
野太い大きな声で鳴くその猫さんは、やっぱりニャーちゃんではなかった。



たくさんの猫に会えても、ニャーちゃんには会えない。
その寂しさが私にものすごく当たり前のことを教えてくれる。

この世に一匹たりとも同じ猫はいない。
みんな世界に一匹だけの猫。
顔も違えば声も違う。
どの猫もそれぞれに人格ならぬ猫格を持ち、
人生ならぬ猫生をまっとうしようとしている。
みんなみんなオンリーワンの命なんだということ。
命は自ら大切にするものであるのと同時に、
他人からも大切にされるべきものであるのだということ。


当たり前のことすぎるけれど、私は今までちゃんとわかっていただろうか。



ちょっと心に留めて、気をつけるだけで、
変えられることはきっとたくさんあるのかもしれない。



持てるようになりたいな。
私にとっては時に重い槍を持つよりも難しかったりするけれど。


なんて、私は頭でっかちに考えているだけで、
身をもって多くの命を守ろうとしてさまざまな活動をされている
こちらの方々のお話などを読んでは心が震えるばかりで。



それにしても葉山で会った猫さんたちはみんなのびのびしていた。
先日の台風18号によってできたという廃材の山で
一心不乱に毛づくろいする猫さん。
とっても人懐っこかったぁ~!

コメントの投稿

secret

No titleNo title

この方のブログ読みましたけど、言葉が出ないですね。
感謝の気持ちでいっぱいです。
私は思うだけでなかなか行動にうつせない。
そんな自分を恥じていますが、こういう風に行動して
くださって、動物の命をきちんと命と扱ってくださる。
そういう方がこうしていらっしゃる、と思うだけで
勝手に救われた気持ちになってしまうのです。
gunungさんは以前ニャーちゃんを室内猫にする勇気が
ない、というようなことをおっしゃっておられましたが
私は外猫にする勇気がなくてずっとひそかに悩んでいます。
どっちが猫にとって幸せなのかを考えると外にいったほうが
いいような気がしますし。
う~ん 何が言いたいのかわかりませんが(笑)
世界にたった一つの命、本当に大切にしてあげているのかなぁ
う~ん
ニャーちゃん そろそろ旅行もおしまいにしないとね~

No titleNo title

アラックです。
漁師村でかわいがられているのですね、
幸せな猫ですね。
車の犠牲になる動物を結構見かけます、
悲しいです、小さな命を大きな化け物に一瞬で
とられてしまうんですから。

No titleNo title

∵アパさん
おはようございます。
本当にそうですよね。
読む度にほんとに胸がいっぱいになってしまって、言葉が出なくなります。
今もちょっとやっぱり言葉にならなくて……。
でもこの小西さんたちや、猫たちを大切にしているホームレスの方々の
存在、
そしてその方々への感謝の気持ち、忘れたくないなと心底思います。

外と室内、どっちが猫にとって幸せなのかというのは難しい問題ですよね。。。
昔はどこでもみんなたいがい外猫だったけど、今は環境が変わりすぎてますしね。
でもこうしてだんだん寒くなってくると、安定したごはんとあったかい寝床があることが
やっぱり何よりなのじゃないかなぁとつくづく思うのです。
そのうえさらにいつも大切に想ってくれている大好きな家族と暮らせていたら
きっと言うことないニャン!?
ブログで拝見するアパさんのニャンズさんたちは幸せそうだなぁと
いつも感じます。それはアパさんが大切にしている証拠のはずにゃり。
間違いないにゃり~~!!

No titleNo title

∵アラックさん
おはようございます。
ほんとに人を怖がらない猫さんが多くて、普段からまわりにいる人々に
可愛がられているんだなぁということが伝わってきました。
こういう、猫がのびのび暮らせる環境っていいですよね。


車の犠牲になった動物を見るのは本当に悲しいです……。

No titleNo title

こんばんは~。
あれ、ニャーちゃんの写真がなくなってる!

ホームレスの方って、けっこう猫を飼っている人って多いんですね。
私の友人は、なんとそのホームレスの方から猫を譲り受けました。
てんかんが持病で外飼いは危険だからと、今は友人宅で大切に大切に育てられています。
以前はちょっと貧相でしたが、今はなんだかお嬢様の雰囲気さえ漂っています。(笑)
ホームレス時代の名残りか、何でも好き嫌いなくよく食べるそうで、納豆も糸ひきながら食べたのには笑っちゃったと言っていました。
どういう環境でも、大切に可愛がってもらえれば猫にとっては嬉しい事なんですよね。

No titleNo title

∵hiyokoさん
こんばんは!
ちょっと気分を変えて(?)一時的にハロウィーンにしてみました。
また近いうちにニャーちゃんの写真にしますね♪

ご友人の猫さん、とっても大切にされていて幸せですね。
納豆まで食べるってすごいですねー。
糸をひきながら食べているところ、見てみたいにゃ(笑)。

以前多摩川のホームレスの方たちと猫たちのドキュメンタリーを観たのですが、
そこにはあまりにもいろんな現実があって、自分が何も知らずにいたことに
愕然としました。
猫を飼っているホームレスの方々の中には猫缶を買うために
一生懸命仕事をされていたり、仕事を探していたり……。
猫を飢えさせてはいけないと過酷な状況の中で頑張ってる方もいらっしゃるんですよね。
なんだかうまく書けませんが、ただただ頭が下がります。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)