猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する1990年のサヌール

BALI―1990年



(前の記事と同じシリーズです)
初バリでの1日観光ツアー、夕暮れ時のサヌールへ。
ものすごい遠浅のビーチだなぁと、海を見た瞬間にびっくり。
この3年後にサヌールを再訪した時もやはり干潮の時間帯で、
その遠浅ぶり?に再度びっくり。
そんなわけで初めて満潮のサヌールビーチを見た時は
ものすごーく感動しました。ちゃんと満ちるんだなぁと(←意味不明)。



なかなかタイトに動き回った観光デイの中で、
サヌールビーチはひたすらまったり過ごせたスポット。
日本語が達者なガイドさん(シュアラッタさん、元気かな?)と
のんびり会話を楽しんだり、ぼーっと海を眺めたり。
滞在先のクタビーチとはまったく違う、のどかなビーチの風景に心が安らぎました。



しかしこうして改めて見てみると、サヌールビーチも変わりましたねー。
20年近くたっているのだから、当たり前ですけどね。



この時はグランドバリビーチホテルから、ビーチへと入っていったのでした
(つまり上の海での写真もその辺りから撮っています)。

「バリ島では椰子の木より高い建物は造ってはいけません。
でもこのホテル、日本人が建てました」
とこの高層ホテルのことを、あまり快く思っていないようなニュアンスで
ガイドさんが説明してくれた記憶があるのですが(しかしうろ覚えです。すみません)、
このホテルが建てられた当時はまだその法律はなかったようですね。
1966年に日本の戦後賠償金で建てられたバリ島初の5つ星ホテルだったのですね。
当時はバリ島のホテルにそんなに興味がなかったのですが、
できればこの頃のタンジュンサリにも行ってみたかったものです(笑)。

ビーチでのんびりした後は、帰宅ラッシュの道を再びドライブ↓。



クルマもバイクも歩いている人も、誰もが家路を急いでいて。
夕陽が降り注ぐ中、そんなこの島の人たちの暮らしの風景にキュンときて。
そして、あーもうすぐこの楽しい1日が終わってしまうんだな、と何だかせつなくなってきて。
あの瞬間に間違いなくバリ島への恋に落ちたんだね、あたくしは(爆)。

しかし楽しい1日はまだ終わりませんでした。



サヌールビーチの後は、
デンパサールのアートセンターで初めてのケチャ!
さらにこの後はどこかのレストランでレゴンダンスディナー!
今思うと超ベタな観光コースでしたが、
初めてのバリは4泊6日の短い滞在だったこともあり、
そのうちの1日をフルに使ってオプショナルツアーならではの
いろいろな体験ができたことはとてもよかったなと思います。
それにこの頃はまだ若くて体力もあったしのう(爆)。

他のエリアの思い出写真もまたアップしたいと思っておりますが
とりあえず'90年ウブド&サヌールの連続投稿でありました。

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)