猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する習字箱の中で

LIFE



昔、学校の習字の授業が大嫌いだった。
何しろヘタくそだったので。
確か、習字の授業が始まったのは小学3年生の頃だったと思う。
その時からすでに嫌いだった。
「今日は習字の授業がある、やだな~」と、時間割を見るだけで朝から気が重くなる。
習字箱をいやいや抱えながら学校へ向かうと、
通学路の道端に小さな可愛らしい草花が咲いていた。
その花を見た時に、ひらめいた。
「この花を習字箱に入れておいたら、習字の時間に道具を取り出すのが
きっと楽しみになるはずだ!!」と。
すなわち下手な習字を書かねばならぬ苦痛もちょっとは軽くなるはずだ、と。
早速その花を1本摘んで、習字箱にしのばせた。ウキウキした。
しかし習字の時間には花はしおれてしまっていた。
当たり前である。ゴメンね、花よ。
それでも、習字箱の中に朝摘んだ可愛い花があるというだけで、
その日の授業中は何となく幸せな気持ちだった。

それから数週間後の習字の時間に、思いもよらぬ事件が起きた。
なんと、なんと、なんと~!
私の習字箱からちっちゃな毛虫が這い出てきたのである。
きっと自分でもぎゃっと言ったのだと思うけど、
それを見たまわりの人たちがぎゃあ~っ!! と叫び出したもので、
クラス中が一気に騒然となった。
先生には「どうして習字箱から毛虫が出てくるの!?
いったいどういう生活してるとこうなるわけ!?」
と若干イヤミな叱られ方をした記憶があるが、それもまぁごもっともではある。
別にそれでいじめられるということはなかったけれど、
しばらくの間、「習字箱の中で毛虫を飼ってるキモチ悪い女子」と
クラス中から思われていたような気がする。

原因はあの時摘んだ花だろう。
きっとどこかに卵がついていて、私の習字箱の中で育ったんだなぁ。
私がいつもないがしろにしている習字箱の中で、
そんな小さな命が育まれていたのか。
あんな墨汁くさい中で。
ゴメンね、毛虫さん。
私も毛虫は苦手だし、自分の習字箱から毛虫が出てきたのはショックだったけど、
でもそれ以上に何だかせつなかった。

ちょうど今頃の季節のことだった。



東京のうちの近所でも、よーく見るとちっちゃな命たちが生きている。



ナニモノなのかわからないけど、この顔(?)、なんか可愛い~!!
(虫嫌いの方にはごめんなさい!!)

コメントの投稿

secret

No titleNo title

毛虫は嫌いですがなんとまぁこのコの愛嬌あること。
ちょこんと立ってるじゃないですか
しかもこっち見てる。
こんなの見ちゃうと嫌ってばっかりじゃ
毛虫に悪いですね。ごめんなさい、と謝っておこう。

No titleNo title

gunungさん、ご無沙汰してます。
今日もステキな写真ばかりですね~。
私も小2の時に、算数が楽しくなるように
ノートを色鉛筆で絵柄を入れて、その上から数字を書くようにしたことがありました。
案の定「ノートに落書きしたら、駄目でしょ!」って言われて・・・。

子どもながらに、みんな工夫をするもんなんですよね~。
でも、そんなことすっかり忘れて、当時の先生のような母になっている自分に今ハタと気がつきました。
子どもの想像・創造力潰さない大人になるって難しいです。

No titleNo title

やまさま、こんばんわ
小学校の時、近所の男子が机の引き出しに蟷螂の卵を入れっぱなしに
して忘れてる間に孵化しちゃったらしく、みんなでその子んちに遊びに
行ってるその時に、机の中から大量の子蟷螂がわいてきたという悪夢以来
蟷螂が苦手になった若かりし記憶を思い出しました(笑)
校庭の木から毛虫が大量に落ちてくる季節があったり、
私達が子供の頃って 自然が身近にいっぱいあって、時には残酷な
こともしたけど(爆)今思えば自然界からたくさんの情緒教育を
うけてたんだなー、って 懐かしく思います。

No titleNo title

∵アパさん
こんばんは~!
このコ、ほんと愛嬌ありますよね♪
ずーっとじーっとしたままなので、大丈夫か?とちょっと心配になりましたが、
このコにとってはまったくもって大きなお世話なんだろうなぁ(笑)。

しかし種類によってはやっぱり「ううっ!!」となっちゃうのよね…。
虫差別してごめんなさい、と私も謝ります。。。

No titleNo title

∵momokkaさん
こんばんは~!
ご無沙汰してしまってごめんなさい。どうもありがとうです!

小2のmomokkaさんの算数のノートに絵柄を入れるアイディア、
いいですねー!私も真似したかったなぁ(笑)。
でも大人には落書きに思われてしまう、というのも、今となっては
やっぱりわかるんですよね。
なんだかほんとは大人になった今のほうがもっと想像・創造力が
必要なはずなのに…と最近の我が身を振り返って思ったりしています。

No titleNo title

∵viajeraちゃん
こんばんは~!
わーお、机の中から大量の子蟷螂がわいてくるのは悪夢だねー。
でも笑っちゃいけないけど笑っちゃった、なんだかその男子心が
伝わってくるようで(笑)。
そうそう、校庭の木から毛虫が落ちてくる季節は恐怖だったよー。
校庭で遊んでたら自分の肩に毛虫がのっかってた時があって、
超泣きわめいた記憶がありまつ(恥)。
そしてそう!残酷なこともしましたわ、いろいろと……。
今さらながらに「ごめんなさい」とマジで謝りたい気持ちです~。

No titleNo title

すごく上手に取れてますねぇ.
イモムシ,いいじゃない.カワイイさ.
刺したりするのは困るけど(^^;)

それにしても,その先生!なんて事言うのさ.
教師失格!
習字箱から毛虫が出てくる事なんていくらでもあり得るよ.
そんなことも想定できないのか,って
昔に飛んで言ってやりたい(笑)

No titleNo title

∵鯔ちゃん
こんにちは~!どうもありがとう♪
そうそう、お互いに適度な距離を保ってればいいのよね、イモムシともね(笑)。

習字箱から毛虫が出てくることってあり得る?ほんと?(笑)
でもやっぱり先生にこういう風に言われちゃうと、クラスの空気も
みんなそっちに向いちゃって、言われたほうは孤立無援の状態に
なっちゃうんだよねー。とくに小学生の頃なんてね。
今、こうして鯔ちゃんが怒ってくれて、昔の私は救われた気分です。
ありがとう!

No titleNo title

このトピを昼休みに会社で読んで、グヌンさんは小学生の頃から何か違うって思った(^^;;
嫌いな授業はたくさんあったけど、どうしたら楽しくなるかとか考えたことあったかな、私。
可愛らしい草花を習字箱に入れておいたら、楽しいかも・・なんて・・凡人じゃない気がする!
毛虫事件に発展するとは以外だったけど(* ̄m ̄)プッ

グヌンさんの小さい時の話とか大好き。

No titleNo title

∵えこさん
こちらにもありがとう!!
え~凡人じゃないって、そうかなぁ、えへへー!?(爆)
でも確かにね、子供の頃から「変わってるよねー」と言われ続けてきた
人生なのですわ。もちろん、あまりいい意味じゃなくね、とほほ……。
でもえこさんの言葉はいい意味に受け止めます。ありがとう!
小さい時の話も大好きといっていただけて、とてもうれしいです~(涙)。
最近なぜかちょくちょく子供の頃のことを思い出すので、
また調子にのって(笑)ちょくちょく書かせていただきやす♪

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)