FC2ブログ
猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する忘れない2018年1月

LIFE



年末年始の帰省から東京に戻った翌々日、朝からなんだか喉と頭が痛かった。
午後に少し外出して自宅に戻ってくると、急にものすごい寒気に襲われた。
熱を計るといきなり38.4℃。
うわーなにこれ風邪!?と思い、とりあえず薬を飲んですぐに寝る。
しかし熱はガンガン上がり続ける。翌日には39.5℃までいった。39℃超えの高熱が出たのはほぼ四半世紀ぶりじゃー。
熱があるのに体を暖めても汗はまったくかかず、とにかくずっと寒い。布団にくるまりながらガタガタ震える。
そして何より、身体中が痛い。とくになぜだか股関節が異常に痛かった。その痛みで夜中に何度も目が覚める。
つ、つ、つらすぎるー
これがインフルエンザってものなんですね。初めてかかったよ。

それでも3日目には熱が37℃台に下がり、節々の痛みもだいぶ治まってきた。
朝、母からお見舞いの電話があって、布団の中で「熱は下がってきたよ」などと話す。
その後起きて、今日は普通に家のことをできるかなーとちょっと活動してみるも、やっぱりだんだん具合が悪くなってくる。
しばし休もうと布団に横たわっていたら、いつの間にか眠っていた。

1~2時間後に目が覚めて、手元にあったスマートフォンを何気なく見ると、メッサージが複数届いている。
どのメッセージも、地元に住んでいる妹が送ってきたものだった。
「お母さんが急性心筋梗塞で倒れた。地元の病院から、仙台の病院に救急搬送されている」
呆然とする。
今朝、わたしのことを心配して電話をくれたばかりなのに。
驚きとショック、母への思い、万が一のことに対する不安と恐怖、自分自身に対する情けなさ……このとき瞬時に湧き起こったさまざまな感情を、この先も忘れることはないだろう。

母はおかげさまで無事に緊急手術を受けることができ、その後も順調に回復し、数日で退院することができた。

それにしてもつくづく現実に直面しないと考えもしないことばかりなんだなと痛感した。
いつ何が起こるかわからないし、何が起きてもおかしくない。そしてひとたび何かが起きれば、それまで当たり前に営んできたいろんな物事が一変してしまうこともある。それはわかっていたはずなのに。
だいたい自分がここまで体調を崩していたら、緊急事態に駆けつけることもできないのだということすら、まったく考えたことがなかった。
この歳になって改めて、今までのほほんと甘々で生きてきた自分を思い知る。

ブログの記事にするようなことではないなと思いつつ、生きるということについてこれまでにないほどあれこれ考えた今月であったので記録。

そしてとにかくまだまだ流行っているインフルエンザ、感染しないようくれぐれも気をつけましょーっ!!
ちなみにわたしは咳や鼻水はまったくありませんでしたが、解熱後も胃腸がやられて完治までに約1週間ほどかかりました……

この記事のみを表示するHARRYに乾杯2018

HARRY



HARRY59歳のBIRTHDAY。
Keep on Rolling!
おめでとうございます♪

この記事のみを表示する1月のある夜の出来事

LIFE

P1010022-001_convert_20180117212023.jpg

先日の夜、近所を歩いていたら、どこかから猫の大きな鳴き声が聞こえてきた。
猫があんな声で鳴くというのは何か理由があるはずだし、しかもその声には聞き覚えがある。
いやな予感がして、その声が聞こえるところまで行ってみると、地上10メートルくらいの高さにあるベランダの手すりの上で猫が鳴き叫んでいた。
暗くてはっきりとは様子がわからないが、首輪をしているのが見える。
そのうちに猫は鳴きわめきながらベランダの端から端へと移動した。
うわー、やっぱりそうだよ、姫ちゃん(仮名)だよ。。。

姫ちゃんは近所のお宅で飼われている猫なのだが、いつも自由に外を出歩いている。
そのおかげでわたしも出会うことができたわけで、昨年末頃までは毎日数時間ほど、我が家で一緒に過ごすのが日課になっていた。
それが自分も帰省したりしていたこともあり、年明けからはぱったり会えなくなっていた。
きっと寒いからおうちに引きこもっているんだろうね~と勝手に思っていたのだけれど、まさかあんなところにいるなんて。

姫ちゃんが鳴いているベランダのあるマンションはちょっとした高台に建っており、エントランスはもちろん地上に面しているのだが、ベランダの外側は一種の断崖のようになっている(説明が下手ですみませぬ)。
姫ちゃんはおそらく地上のどこかからそのベランダに侵入したものの、出られなくなってしまったのだろう。
猫も人も飛び降りるにはあまりにも危険な高さで、姫ちゃんが恐怖のためにパニックに陥っているのが伝わってくる。

どうしたら助けることができるのかわからず、とにかく誰かの力を借りなくてはと近くの交番に駆け込んだ。
状況を話すと、二人の警官が捕獲用の網を持ってすぐに来てくれた。
一人の警官が地上から一般の人は入れない抜け道を通り、ベランダのほうへ回り込む。
しかし近づいてきた警官に驚いたのか、姫ちゃんはベランダのどこかに姿を隠してしまった。
鳴き声もやみ、静かになる。
「後で様子を見にきますよ」と警官の方々がその場を去ると、またものすごい声で鳴き始める姫ちゃん。
「なに?鳥が鳴いてるの?不気味な声だなー」などと言いながら通り過ぎていく人たちがいた。
姫ちゃんの声はもともと細く高いトーンでいかにも女の子らしいのだが、ありったけの声を出して鳴き続けているせいで、すっかりガラガラ声になっていた。

再び来てくれた警官の方々は、今度はそのベランダの部屋の家主さんを訪ねてくれた。
部屋に入れてもらい、ベランダを懐中電灯で照らしながら姫ちゃんを探してくれる警官さん(わたしは断崖の下からその姿を仰ぎ見ていた)。
しかしベランダのどこかに死角があるらしく、またもや姫ちゃんは姿を隠してしまう。

家主さんのお宅から出てきた警官が話す。
「家主さんのお話では、よくここのベランダに来て昼寝したりしているらしいですよ。しょっちゅう出入りしているみたいだから、またそのうち自分で出ていけるでしょう。姿も見えないので、もしかしたらもうどこかから出ていったのかもしれませんよ」
そうならいいのだけれども、そうであってほしいのだけれども……。
力を尽くして下さった警官の方々にお礼を言って、一旦自宅に戻った。
が、気になるので再び現場へ行ってみると、ああまた鳴きわめいているー!!
懲りずに再び交番に行くも、警官の方々も「もし住民の方から苦情がきたらまた行きますんで」と、他のことで忙しい様子。そりゃそうですよね。
しかしそれでも一人の警官さんが来て下さった。
「きっと自分で出られるはずですから大丈夫ですよ」という言葉に、うう、そうであってほしいと自分を納得させ、ひとまず他の用事を済ませることにした。その間に姫ちゃんが無事に脱出してくれることを願いつつ。
でもそれは自分にとって都合のいい願いに過ぎなかった。
用事を済ませて戻ってくると姫ちゃんはまだ激しく鳴き続けているのであった。

どうしよう、どうしたらいいんだー!!
すでに夜10時近く、普段まったくつきあいのない姫ちゃんの飼い主さんにいきなり連絡をするのは気が引けたが、そんなことはもはや言っていられない。
番号を調べて電話をかけると飼い主さんはすぐに出てくれた。よかった。
姫ちゃんが助けを求めて鳴いている旨を伝えると、「え~。もう1週間くらい帰ってきてないから、どこ行っちゃったんだろうと思っていたんですよ~」と飼い主さん。なぬー

実はちょうど1週間くらい前の日中にもその現場付近から猫の鳴き声が聞こえてきたことがあった。
そのときは猫の姿を確認しないままスルーしてしまったのだけれども、もしかして姫ちゃん、1週間くらいずっとあのベランダにいるの?
ベランダの家主さんが「よくここで昼寝をしている」と言っていたというのも、姫ちゃんがしょっちゅう出入りしていたからではなくて、出られなくなってずっとベランダにいたからという可能性がある?

電話をかけた数分後に、現場で飼い主さんと落ち合った。
飼い主さんの顔見知りの警官(先ほどとは別の方)も来てくれた。
「飼い主さんなら逃げないだろうから、あのお宅の方にお願いしてベランダに入れてもらうのがいいんじゃないですか」と警官さん。
「でもあのお宅の人、ちょっと気難しくて苦手なんですよね……」と飼い主さん。
その間にも張り裂けそうな声で絶叫し続ける姫ちゃん。
「やっぱり飼い主さんが行ったほうがいいです」と警官さん。
「じゃあ一緒に行ってもらえますか」と警官とともにそのお宅を訪ねる飼い主さん。
夜に2回も自宅に警官が訪ねてくるなんて、ものすごくご迷惑だっただろう。しかもその理由が、自分の家のベランダに勝手に入ってきて出られなくなった猫のことでなんだもの。
玄関の外で待っていると、「さっき捕まえようとしたんだけど、逃げられちゃったんですよね」という家主さんの穏やかな声が聞こえてきた。良い方そうでよかった……。

飼い主さんがやってきても、パニック状態に陥っていた姫ちゃんは、ウーウー唸って人間を警戒していた模様。
数十分経ってから、ようやく姫ちゃんを抱きかかえた飼い主さんが玄関から出てきた。
飼い主さんはお年のせいもあって抱っこし続けるのが大変そうなので、わたしが代わりに抱かせてもらった。
いつもはつやつやしている姫ちゃんの毛はひどくボサボサで、ふっくらしていた体も骨が浮き出てガリガリになっていた。
1週間なのか、もっと長い間なのかわからないけれど、やっぱり帰りたいけど帰れないという状況になってしまって、何も食べていなかったのではないかと思った。

「ああよかった。この寒さでしょう、もうどこかで死んじゃったのかと思っていたのよね。年も10歳過ぎてるし、そうなってもおかしくないでしょう」と飼い主さん。
いやいやいやいや。生きたくて、生きようとして、だからあんなにも鳴いて助けを求めていたんだよね、姫ちゃんは。

とにかく無事におうちに帰れてよかったということに尽きるのだけれども、なんだかちょっと、いろいろと考えずにはいられず、しばらく引きずり続けている。
そんなわけで、起きた出来事を長々と記録してみた。
おつきあいいただき、ありがとうございましたー!



この記事のみを表示する年末年始帰省2017-2018

福島

P1010078-001_convert_20180107194511.jpg

元日の朝、何かのテレビ番組のおみくじ。
高速で変化するおみくじの大吉の瞬間を捉えようと、テレビ画面を撮影する姪(中1)が写り込んでおります。
連写に次ぐ連写により、実は吉も中吉も複数あったりするのだけれども、何はともあれ大吉です!
幸先の良いスタート、あけましておめでとうございます。

大晦日は恒例の山田鮮魚店へ↓

IMG_1402_convert_20180107153957.jpg

お刺身の受付番号の配布が始まる朝6時ジャストくらいにお店に行ったら、すでに長い列が。
「この店の味を知ってしまうともうよそには頼めないんだよねー」「寿司よりここの刺身のほうが断然喜ばれるもんなあ」「今夜は孫もくるからおいしいものを食べさせたくてさー」などという周囲の人々の話に大きくうなずきながら順番を待つ。
受付番号は42番でありました(11時というのは、お刺身を受け取ることができる時間)。

そのお刺身がこちら!↓

P1010056_convert_20180107153458.jpg

大トロも中トロも、まるで肉。
そしてこの夜、皆を虜にしたのがウニ。
これまでウニを食わず嫌いだった姪(高2)も、一口食べた瞬間「と、と、とろける~~~~」ととろけておった。
笑顔があふれまくりましたぜ。

それにしても大晦日の夜から元日の朝にかけてたんまりごちそう、よう食べた……
元日の昼は、疲れた胃袋を休ませようと思ったのか、姪(中1)があっさりした雑炊を作ってくれました↓

P1010085_convert_20180107152826.jpg

姪は料理のセンスがあるのだと思う。味付けがとても上手。
写真はないのだが、大晦日に作ってくれた唐揚げもめちゃおいしかった。

IMG_1398_convert_20180107154121.jpg

こちらは近所のお宅の猫ちゃん。なれなれしく近づくわたしをウザがりながらも絶妙なポーズをとってくれました。
シェー!
今、15~16歳くらいのはず。体つきは昔からほとんど変わらない。
これからも元気で長生きしてね。