猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するここ最近のとりためスナップ&ぶつぶついろいろ

DAILY

P1010077_convert_20150426152321.jpg

最近とても気に入っているボウル。
KANAME KO-BOさんの。
毎朝この器でフルーツもりもり。

P1010141_convert_20150426152656.jpg

苺が大好きなんす。
そして紀の善のあんこと寒天はやはりおいしい。

P1010159_convert_20150426152920.jpg

近所の八重桜も今年はなんだかあっという間だったな。
新緑のまぶしさよ。清々しい季節の到来。

P1010150_convert_20150426152816.jpg

気温が20℃~23℃くらいの日の過ごしやすさに心から喜びを感じる。
風も気持ちよくて、なんだかそれだけでほんと幸せ。
しかしまもなくまたあの蒸し蒸し暑苦しい夏がやってくるんだなーと思うと、どうすっぺはー、やんだくなっちまうしたはー、なんだよねえ。
冬は風邪をひかないのに、去年の夏は何度か風邪をひいたし熱もでた……クーラーがきかない部屋でかいた大量の汗のせいでーバカー
ああ今日ぐらいの気候が年中続いてくれたらいいのになあ。ぶつぶつ。

P1010169_convert_20150426153042.jpg

先日『ジヌよさらば』を観た。
続きを連続ドラマで観てみたいなーとか思った……
映画としては完結しているのだけれども、かむろば村の人々の今後を観続けたいなという気持ち。

有楽町の映画館でしたので

P1010171_convert_20150426153147.jpg

有楽町の交通会館B1の『よかよか』でごぼ天うどん。
博多うどんっておいしいだよねー。大好き。

P1010172_convert_20150426153251.jpg

かしわめしもいただきました。これまたうまし。

P1010193_convert_20150426153552.jpg

そして同じフロアの『ザ・博多』で明月堂の博多通りもんを購入。
久しぶりに食べたけどやっぱりおいしいったまらんっとまらんっ(←危険)
濃いめに淹れたコーヒーに最高に合いまっす

この記事のみを表示する相馬野馬追弁当

福島

P1010234_convert_20150421150355.jpg

福島から東京へ向かう新幹線の中でいただいたのは相馬野馬追弁当。

P1010239_convert_20150421150606.jpg

馬の絵がかっこいい!

P1010235_convert_20150421150456.jpg

お品書き。

P1010241_convert_20150421150704.jpg

おかずはこんな感じ。

P1010244_convert_20150421150905.jpg

ごはんはこんな感じ。

P1010250_convert_20150421151105.jpg

アルコールもばっちりな感じ。

P1010248_convert_20150421151005.jpg

今年は7月25日、26日、27日に開催されまっせー
この↑神旗争奪戦が行われるのは26日。

今回、相馬野馬追弁当を食べてみようと思ったのは、

P1010254_convert_20150421151708.jpg

『トランヴェール』の「EKIBENギャラリー」で紹介されていて心惹かれたから。

P1010253_convert_20150421151157.jpg

4月号のトランヴェールの福島特集、とても充実した内容であります。
JR東日本の新幹線でお出かけの際にはぜひチェックをば~(ってもう4月もそろそろ終わりですが……)

この記事のみを表示する春の山、こけし、そしてねこ

福島

P1010112_convert_20150420180348.jpg

相模屋旅館のお茶請け。しっとりした皮にあんこがサンドしてあります。
温泉宿に泊まるときはお昼を抜いていくことが多いので、夕食までの小腹空きタイムにこういうお菓子がありがたいのよねん(わしだけか?)

さて4回目のアップとなります相模屋旅館のメモも今回で最後です~

P1010058_convert_20150420180232.jpg

過不足ない客室。

P1010060_convert_20150420180446.jpg

部屋の隅にちょっとしたドレッシングルーム?的なスペースもありました。

P1010113_convert_20150420180648.jpg

懐かしいダイヤル式電話。
今の子供ってこれの使い方わかるのだろうか、と友人と以前話したことを思い出しまつ。

P1010225_convert_20150420180813.jpg

ロビーには電話ボックスも。衆の字、象みたいになっておるの。

P1010222_convert_20150420181107.jpg

相模屋旅館のある土湯町はこけしの里でもあります。

さてさて名残おしいけどチェックアウト~
の前に、

P1010182_convert_20150420181613.jpg

客室からの眺め。
このがちがちに固まっている雪が溶け出すのはいつ頃からなのだろう。

P1010180_convert_20150420181412.jpg

廊下からの眺め。
夜は遠くの街灯りがきれいだったなー
山の上って気持ちよい。

福島駅までの無料送迎車の窓からの眺めもとてもとても美しかった。
地上ではけっして見ることのできない景色。
こんな美しさがあったのか、と新鮮な感動を覚えるくらい。
春の光を浴びて、まだ雪の残る山々が生命力たっぷりに輝いていた。

まだ6~7分先ぐらいのソメイヨシノの桜並木なども通りながらふもとへと。

P1010228-001_convert_20150420183317.jpg

桃畑が一面ピンクでとっても華やか。
あの木々から夏にはおいしい桃が収穫されるのね~
楽しみじゃー!

P1010230_convert_20150420183653.jpg

福島駅西口まで送っていただき、降車した足でコラッセふくしまへ。
12階の展望ラウンジから吾妻連峰を望む。
眼下には桜並木も見えてますねー

P1010232_convert_20150420182210.jpg

ちょうど花見山もまさに見頃の時期でありましたが、晴天の日曜日、いったいどれほどの人出の多さであろうか……と思ったらなんとなく怖気づき、温泉で疲れがとれた体をさらにゆっくり休めるために、予定より早く帰ることに。

P1010233_convert_20150420182336.jpg

そんでもって福島駅でこのポスターをはっけーん。
5月10日までにまた行けるかしら福島に。
行きたいのうー、とあれこれ計画を練ってみたりしてリピート熱は高まる一方なのでありまするー

この記事のみを表示する秘湯にて

福島

P1010191_convert_20150416161705.jpg

勢いよく噴き上がる煙にテンションも上がる。

P1010208_convert_20150416161810.jpg

豪快っ!

新野地温泉 相模屋旅館、しつこく3回目のアップですー
今回はお風呂の画像メインでいきます。

こちらのお宿は1階に男女の大浴場と露天風呂、2階に男女の大浴場と女性のみ露天風呂があります。
まずは1階の露天風呂へ。
そこまでの道のりがまた趣があってよいのです。

P1010068_convert_20150416155401.jpg

木造の階段をみしみし音をたてながら下りていきますよー

P1010190_convert_20150416155756.jpg

外に出ましたよー
素敵だよー

P1010198_convert_20150416160036.jpg

足元からも煙がもくもく。

P1010201_convert_20150416160142.jpg

女性用の露天風呂。
ちょうど前後に入浴されていた方と入れ替わりになって、貸切状態で入浴できました。贅沢。

さてさて、次は2階のお風呂にも行ってみましょうー

P1010105_convert_20150416160308.jpg

こちらは日本秘湯を守る会の会員宿でもあるのですね。

P1010103_convert_20150416160354.jpg

渋い自販機。

P1010107_convert_20150416160503.jpg

渋いロッカー。

P1010108_convert_20150416160615.jpg

女湯にだけある露天風呂。

P1010150_convert_20150416160931.jpg

広々しております。
そしてお湯につかるとちょうど目の前に鬼面山(この画像では煙に隠れてしまっていますが)。

P1010165_convert_20150416161124.jpg

木のぬくもりに包まれた内湯も気持ちいいー
タイミングがよかったのだろうけど、こちらも貸切状態でのんびりつかることができました。極楽。

P1010176_convert_20150416161236.jpg

ほんとうに「秘湯」という言葉がしっくりくる宿、とてもいいお湯でした。

今日見つけたこちらのサイトでも相模屋旅館が紹介されています。




この記事のみを表示するお宿の晩餐

福島

P1010115_convert_20150414184729.jpg

前回からのつづきで、今回は新野地温泉 相模屋旅館の夕食をアップ。
まずは前菜、春の山菜の盛り合わせ。苦味がめちゃうま~っ!!

P1010127_convert_20150414185618.jpg

鯉のあらいと刺身こんにゃく。プリプリ。

P1010119_convert_20150414184925.jpg

サーモンとわけぎの酢の物、紅白なます。さっぱりー

P1010121_convert_20150414185355.jpg

蕗味噌。これをちみりちみり舐めつつ日本酒、とかいいでしょうな~

と思いつつ、

P1010123_convert_20150414185502.jpg

いただいたのは地ビールでした。ビールも進みます、もちのろん。

こちらのお宿の夕食はお部屋でいただけるのでありますが(泊まる部屋とは別の客室を用意してくださっていました)、

P1010131_convert_20150414185826.jpg

温かい料理は出来立て熱々のところを運んできてくださるのがありがたや。
茶碗蒸しも熱々ー。
そしてこの茶碗蒸し、底のほうに小さなお餅が入っていておいしかった。
左の朱色の器にはこれまた熱々の煮物が盛りつけられています。

P1010136_convert_20150414185937.jpg

豚肉と野菜の陶板焼き。
ピリ辛のたれでいただきました。

P1010138_convert_20150414190052.jpg

岩魚の塩焼きー!
何年ぶりかしらって感じだったよ岩魚さん。

P1010143_convert_20150414190209.jpg

山菜メインの天ぷら。抹茶塩でいただきます。

P1010145_convert_20150414190409.jpg

〆は味噌汁&ご飯。

P1010146_convert_20150414190521.jpg

そして果物。

超満腹になりましたが、野菜が多いためか消化も結構よかった!
春の山菜ってなんておいしいんだろうとしみじみ感じ入った夜のひとときでした。

この記事のみを表示するSunrise of today

福島

P1010152_convert_20150412170952.jpg

今日の朝5時頃。鳥たちが舞う空、太陽が昇り始めている。

P1010155_convert_20150412171106.jpg

反対側の空には半月。

P1010161_convert_20150412171224.jpg

どんどん太陽が顔を出してくるよ。

P1010168_convert_20150412171337.jpg

全部出たー!

P1010169_convert_20150412171506.jpg

久しぶりに朝陽を拝んだこの場所は、まだ雪の残る山の温泉地。
源泉から煙が立ち上り、

P1010171_convert_20150412171626.jpg

朝陽に向かって流れていくよう。

P1010177_convert_20150412171722.jpg

ああ、もんのすごっく、すっばらしい朝だったー!!

こちらのお宿は、福島市土湯温泉町にある新野地温泉 相模屋旅館。
友人Yぴんのおすすめで知って、とても心惹かれて行ってまいりましたが、もうビバ秘湯!本当によかったー!
このお宿の記事は数回つづく予定ですー

この記事のみを表示する“シーナに捧げるロックンロールの夜”

SONGS&WORDS



ものすごく密度の濃い、ロックンロールの夜だった。
時の経つのを忘れた約3時間。

シーナ&ロケッツ、なんてかっこいいバンドなんだ。

鮎川さん、なんてあったかいんだ。やさしいんだ。かっこいいんだ。
MCにほぼ必ず笑いどころがあって、そのユーモアセンスにもやられた。
大好きだー!

石橋凌氏を紹介するときに、'80年代はよくARBと一緒にライブをやったという話の流れで「ロックンロールオリンピックにも何度も一緒に出た」ということを鮎川さんが言ったときに、ちょっとぐっときてしまった。
鮎川さんがごく自然に「ロックンロールオリンピック」と口にしたことに。
自分が初めてシーナ&ロケッツのライブを観たのがロックンロールオリンピックだったからっていうのももちろんあるんだけど、シーナも鮎川さんもすごく大事に思ってくれていたフェスだったような気がしているのだすよね、勝手に。
(ちなみに鮎川さんはホトケさんを紹介するときだったか?のときにワンステップフェスティバルについても触れて、福島県郡山市という地名も何回か言っていた。それさえも個人的にやけにうれしくなってしまう福島県出身者)

そして久しぶりに生で聴いた石橋凌氏の歌声はすごかった。
『What a Wonderful World』を歌ったのだが、その声だけでもうものすごいオリジナリティがあるっていうか。
ずいぶん遠ざかっていたけれども、もっと聴きたいなと素直に思ったな。

そう、なんていうか、最初から最後まで個人的にくり返し思ったのは、これからはもっとライブに行きたいということであった。
だってやっぱり楽しい。
こんなに楽しいことってほかにないよねってくらいに楽しい。
ってくらいに楽しかったな、昨夜はほんとうに。

そしてなぜあれほどまでに楽しかったのかといえば、みんなシーナのことが大好きだからなんだと思う。
ありきたりないいかただけど、愛があふれていた。

以下、ネットで見つけた情報を基に思い出した昨夜のセットリスト(抜けや間違いがあったらすいません)

シーナ&ロケッツ
バットマン
デッド・ギター
ROKKET RIDE

奈良さんのボーカルでベイビー・ラブ

Vo. マグミ YOU REALLY GOT ME

Vo. 岩口タカ  G. 本間章浩 オマエガホシイ

Vo.&G. 澄田健  B.穴井仁吉 シュガリー

Vo. 中山加奈子 G. 澄田健 B. 穴井仁吉 SWEET INSPIRATION

Vo. Keicot  Dr. 池畑潤二 HAPPY HOUSE

Vo. 花田裕之 Dr. 池畑潤二 DO THE BOOGIE

Vo. 石橋凌 Key.中山努 What a Wonderful World

Vo. 鮎川さん G. ROMEL AMADO Key.中山努 ロックンロールの夜

Vo.&G. ROMEL AMADO Key.中山努 Gloria

Vo. チバユウスケ Dr. 中村達也 Key.中山努 I'm FLASH

Vo. 浅井健一 Key.中山努 LAZY CRAZY BLUES
「シーナさんがいなくなってさびしいけど、こんなときだからこそ元気出していこう」とベンジー。

Vo. 鮎川さん Key.中山努 ピンナップ・ベイビー・ブルース

Vo. 鮎川さん G. Char Key.中山努 Virus Capsul

Vo.&G. Char Key.中山努 WHITE ROOM

Vo.&G. 仲井戸“CHABO”麗一 Key.中山努 雨あがりの夜空に

Vo. 永井“ホトケ”隆 Key.中山努 I Got You (I Feel Good)

Vo. 柴山俊之 Key.中山努 DREAM+REVOLT

Vo. 柴山俊之&鮎川さん Key.中山努 レモンティ

Vo. 金子マリ Key.中山努 ユー・メイ・ドリーム

アンコール
Johnny B. Goode
Got My Mojo Workin'

この記事のみを表示するうつろい

DAILY

P1010052_convert_20150406182040.jpg

午前中は気持ちよく晴れていた本日。

P1010044_convert_20150406182309.jpg

枝垂桜も緑へと。

この記事のみを表示するフラワーレイン

SONGS&WORDS



桜が散る季節、雨が降るといつもなんとなく思い出す曲。
なんだけど、サビのあたりしか思い出せなくて、しかも誰が歌っていたのかもあやふやになっていた。
ので、グーグル先生に「フラワーレインにぬれて」というキーワードで尋ねたら一発で教えてくれた~!
グーグル先生さすが。『花しぐれ』でしたか! 高田みづえさんでしたか!

そして作詞は松本隆氏である。しびれるわ。美しくて。

水無月の雨の色 大粒の真珠なの
揺れる私のまつげの 先にも にじむ


この記事のみを表示する多摩猫カレンダー

LIFE

P1010030_convert_20150403172616.jpg

「カナ(♀) 東京都府中市 河川敷
2007年に遺棄されたおとなしい性格の猫。約10匹ほどのグループの中で過ごしていた。ときにはリードを外された犬に追われ、あわや大惨事となる場面もあった。また、心無い人間に投石されたこともあった。自然環境も厳しいものがあったが、2012年夏に原因不明の病で急死。」


P1010028-001_convert_20150403172545.jpg

小西修さんの多摩猫オリジナルカレンダー2015、4月は府中市河川敷のカナちゃん。

毎月カレンダーをめくるたびに胸が苦しくなる。
でもこの説明文なしで写真だけを見ていたら、「可愛いねこちゃん」ぐらいのことしか思わないのだろうなわたしは。

そうではなくて、一匹一匹のねこに名前があること、それぞれのねこが文字通り必死に生きていることを、小西さんご夫婦のブログや活動などから教えてもらっている。
ねこだけではなく、そこで暮らす心やさしい人々のことも。
鬼畜な人間のことも。

小西修の動物ドキュメンタリーBLOG