猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する半年早い

LIFE

P1010041_convert_20140629211821.jpg
aP1010047_20140630200834113.jpg
P1010049_convert_20140629212105.jpg


もっと密度を濃くしていきたい2014年下半期。
ぎゃんばろおー

この記事のみを表示する If You Think You're Lonely Now

SONGS&WORDS



from Lisa

この記事のみを表示するwinner

ROLLING STONES

BrAH2e8CIAAebXd.jpg

わしもこの曲にvoteしたのであった。

BrAgOgHCcAIvSvD.jpg

早起きしてツイッター見て、いいなーいいなーと朝から高まるストーンズ月間。
この愉しみだけでも永遠に続いてくれたらいいのにな

https://twitter.com/RollingStones

この記事のみを表示するどうすっぺ電気がま

LIFE

AP1010017_convert_20140625123115.jpg


諸事情により電子レンジを処分して半年以上が経つ。
電子レンジがないことで最も不便になるのは、ご飯を一度にまとめて炊いて1食分ずつ冷凍保存しておくことができなくなることだなと、処分する前は思っていた。
が、電子レンジがなくなったことを機に、1食ずつ土鍋でガス炊きするようにしたらなにこのご飯のおいしさっ!
うちごはんのクオリティがそれだけで一気に高くなったといえるぐらいの変化!
炊き上がるのも速いし。意外と手軽に、常に炊きたてご飯を食べられるうれしさよ。
もうこれからはずっと、ご飯はガス炊きでいこうと思っている。

そこで不要となるのが電気がまなんだけど。
この写真の電気がま、今から20年以上前に知人から譲り受けたものでして。
譲ってもらった時点ですでに10年以上は使われていたのでは? という歴史あるものでして。
しかもまだまだ現役バリバリでありまして。
タイマーも保温機能もない、ただ炊くだけのシンプルな炊飯器ですが、そこが長年気に入っていた点でもありまして。

でもご飯をガス炊きするようになってからのこの半年間は一度も使っていないわけで、ほんと今の生活には不要なんだけど。
なのになのに手放すことにはなんとなくためらいがあるという……

うーん、もうしばらく台所の片隅に置いておくかー

この記事のみを表示するおやつ

FOODS

AP1010044_20140623183835ee1.jpg

カワチ製菓さんのおやつ♪

AP1010048_20140623183836b51.jpg

かわゆさにぐっとくるー

AP1010050.jpg

グラノーランラン♪

この記事のみを表示する遠すぎるニアミス

ROLLING STONES

P1010011_convert_20140622101809.jpg

大江戸線若松河田駅から歩いてすぐのところにある、小笠原伯爵邸
中に入ったことはまだありませんが、外観もさすが素敵ですー

そしてそのまたすぐ近く(通りの反対側)には、

P1010003_convert_20140622101652.jpg

民芸品店の備後屋さんがあります。
15年ぐらい前に初めて訪れたときにその品々を見て大興奮。
全国各地の郷土玩具や器、かご、染織品など、これだけ一度に見られるお店は
わたしは他にあまり知らないし、品ぞろえも個人的に超ツボで大好きなお店なのです。

で、また近々行こうかなーなんて思ってお店のブログを読んでいたら、なんとなんとなんと!
3月6日付けのこちらの記事にー!
「昨日夕方《備後屋》に、The Rolling Stonesのミック ジャガーさんがご来店になりました。」
とー!!

きゃーきゃー。きゃーきゃー。きゃーきゃーきゃー。
3月5日の夕方ってわたしゃ何をしていたのか。うーうーうー
でも自分のお気に入りのお店に!ミックが!
まるで何かがどこかで通じ合っているような!(んなわきゃない・笑)
でもでもでもきゃーうれしー!

ミックのフェイスブックのカバーの写真が来日時の北の丸公園で
撮影されたものであることも何気にずっとうれしいんだな。うふ。うふ。

と、かようにミーハーなあたくしですが、
しかしやっぱり現役バンドや現役ミュージシャンのファンとしては
今現在のライブを観られること以上の喜びはないんだよねーと思ってます。
「会う」という意味合いにおいて、それ以外に望むことはないともいえる。


この記事のみを表示するしあわせとは

ニャーちゃん



ねこの鼻くそをとってあげることでもあったな。

最初はちょっといやがりつつも委ねてくれて、取り終えた後はお互いすっきりいい気分(ええ、ねこのほうもきっと)。

「○○してあげる」という言い方は好きじゃないので極力使わないようにしているつもりだが、ねこ(あるいはひと)の鼻くそに関しては「とってあげる」としか言いようがない気がする。
いや、手を貸す、という言い方もあるかな。
なにせねこは自分の手で自分の鼻をほじれない
(しかもニャーちゃんは鼻炎気味で鼻をつまらせがちだった)。
でもなー手を貸してくれと頼まれたわけじゃないんだよなー。

この「○○してあげる」については、木内昇さんの『みちくさ道中』の中にある『最軽量の「あげる」』というエッセイが言い得て妙で、あたしゃ膝を打ちまくり。
文中に挙げられている「あげる」の使用例もおもしろいのでぜひ同書での一読をおすすめしつつ、ここでは締めの部分だけ引用させていただきます。

 でも「誰か」や「なにか」に「してあげる」ことはそう簡単なことではない。だいたい「あげる」という半端な心根でなす行いが、他を助けたり救ったりできようか……とつい悶々とする私は、やはり頭の固い昔かたぎの人間なのだろう。

「半端な心根でなす行い」……耳が痛いざます。

ちなみにこのエッセイ集からわたしが感じる木内昇さんの人となりを一言でいうなら「端正」。
文章も端正。好きですー

この記事のみを表示するじまんじまーん

福島

aP1010003_convert_20140622115201.jpg

福島県の相馬市・南相馬市・新地町・飯舘村の計25の郵便局だけで販売されている、
相馬野馬追切手なのさ~♪

P1010006_convert_20140622115323.jpg

かっちょいいのさ~♪

全貌はこちらを!

AP1010009_2014061917555466a.jpg

野馬追のカードもあるんだじぇ~♪
このご当地フォルムカードの存在はこの度初めて知ったのですが
(母が見つけて送ってきてくれた)、
全国にいろいろあるんだねー。
どこかに出かけたらその地の郵便局に寄ってみるというのも意外と楽しいかもしれぬのう。

そんな相馬野馬追もいよいよ来月!
自分が行けるかどうか予定は未定なのですが。
なんと、東京からのおひとりさまツアーもあるんだぜ~♪

以上、お国自慢でした。

この記事のみを表示する珈琲とフランボワーズ

福島



椏久里珈琲さんのダックワーズ<フランボワーズ>。
鮮やかピンクは「いわき市黒江農園産フランボワーズを使用したバタークリーム」。
甘酸っぱさがとてもいい感じです。

珈琲豆はあちこちのお店のをいろいろ試しているけれど、中でも椏久里さんのブレンドがとても好みでちょくちょく取り寄せています。
ときどき、手作りの焼き菓子などもちょこちょこと♪

こちらに書かれているように、椏久里さんは飯舘村で営まれていたお店。
わたしは12、3年前に家族とともに一度訪れたきりですが、こんな美しい場所にこんな素敵な珈琲屋さんが、とおいしいケーキと珈琲をいただきながらしみじみ感じ入ったことが忘れられませぬ。
本当にいい時間でした。

帰省の際、バスで飯舘村を通過します。
そのとき、そのお店の前も通ります。
建物はそのままそこにある。
なのに失われてしまった多くの大切なもの。
目はつぶらない。でも、言葉がなくなってしまう、いつも。

けれども今もこうしておいしい珈琲を飲むことができている。
なんてありがたいことなのか。
椏久里さんの珈琲は、雑味がなくて本当にきれいな味だなーと感じます。
ってもっと適切な表現があるようにも思いますが、とにかく好みの味なのであります。
フランボワーズクリームとの相性もばっちりなり。

この記事のみを表示する香り米

FOODS



暑いときのタイ飯はやっぱり格別。
お米の香りに幸せ感じる。

ところでこれ、すっごく惹かれるけど販売期間は20日までー