猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するSOLO TOUR 2012@Iwaki SONIC,20120624

HARRY

1aDSCF5772.jpg

Midnight Sunが終わったとき、
「感動しましたか!」
と客席に向かっておもむろに言葉を投げかけたHARRY。

その言いっぷりがなんともいえずHARRYそのもので、
あはははは、と思わず声を上げて笑ってしまった。
と同時に、安直に「感動した」とか言いがちな自分のことを
ちょっと恥ずかしくなったりもしたわけで。

それでもあえて「感動しました!」
と声に出して言いたくなる瞬間が何度もあるライブだった。
もちろん実際には口に出しませぬが。

「感動」という一言で済ませられるような
心の動き方ではないしの。

1aDSCF5777.jpg

ところでちゃんとさかのぼって調べたわけではないのだが
HARRYが福島県内でライブをやるのは
もしかして2005年1月の相馬以来なのかな。

ライブに行く前にそんなことを考えていたら、
そのときのライブで会ったあのひとのことを思い出した。

彼は確か、大熊町のひとだった。
大熊町から車を飛ばして相馬まで来た、と言っていた。

今どこでどうしているのだろう。
この夜のいわきにはいなかった。

1aDSCF5773.jpg

ライブの場所がどこであってもHARRYはもちろん変わらない。
MCはほとんどない。
全身に揺さぶりをかけてくるかのような音は
相変わらずギター1本とは信じられないほど力強い。

アンコール、No More Troubleのあとに、
「これでもけっこうマジにやってるんだぜ。わかる~?」
とHARRY。

そしてBack To Back。

1aDSCF5774.jpg

歌われている言葉の届き方も相変わらずハンパなかった。

たとえば今この場所に意味を持たせるような
いわゆるメッセージ的な言葉はもちろん皆無だし、
そういうものをいっさい求めていない自分は
だからこそ安心して、ある意味鎧を脱いで、
完全に無防備な状態でただそこにいることができた。


だからこそ、自分がほんとうに必要としているものもわかった気がした。

MAKE UP MY MIND、だな。まずは。
9月は郡山! 行きやす!



この記事のみを表示するHave a great weekend

ROLLING STONES

317973_10150998281208287_1491585442_n.jpg

自身のバンドの50年史を読むチャーリー氏。
Fbより拝受。

この記事のみを表示するHave a great weekend

LIFE

1aDSCF5200.jpg

サンフランシスコの

1ADSCF5201.jpg

春季限定ビールもおいしかったし

1aDSCF5274.jpg

神楽坂の

1ADSCF5277.jpg

猫の名前のついたビールもたまらにゃい

瓶ビールはデザインも魅力的なものが多いので
いわゆるジャケ買いをしてしまいます。
といってもあくまでもごくたま~にの贅沢なのですが。

しかしジャケといえばベロマークは気になるものの
あのゴールデンなnカクテル類には
まったくそそられないのであった。

最近もっとも気に入っているのは

1ADSCF5610.jpg

コンビニ限定のこのビール。


この記事のみを表示する夏至

過去の旅

1-1a2alos.jpg

今日は夏至だったんだー、ということで
じぶん的に夏至っぽいなと思った写真をアップ。
どこが夏至っぽいのか説明せよ、とか言われたら困る。
陽の長そうな感じですかね、とか適当に答えることだろう。

しかし今日は長い1日だった。
さすが夏至。
って夏至とは何の関係もなくただ長かったのじゃが。
疲れたび。



この記事のみを表示する雨の贈り物

LIFE

1aDSCF5563.jpg

どしゃ降りのときは当然ムリなのですが
いかにも梅雨時らしい静かな雨降りの日に外を歩いていると
花や緑の瑞々しさについ見惚れてしまいます。

1aDSCF5567.jpg

あまりにも美しいのでカメラに収めたくなります。
しかし今使っているコンデジはちょっと接写力が弱く(ってカメラのせいなのか?)
ピントを合わせたいところに合わせるのに結構時間がかかってしまうのです。
そんでもって結局合ってないんだけど(汗)

1aDSCF5555.jpg

ここにアップしている写真のほとんどは、
通りに面するお宅やお店の前に置かれている鉢植えの花や緑なのですが、
ひとり雨の中、人様のお宅の前でコンデジと格闘している自分は相当あやしく、
かつ不粋な人間でありますなあ。

1aDSCF5572.jpg

でもおかげで雨の日が楽しいのもまた事実。
雨の恵みと、植物好きなご近所さんが多いこの環境に感謝。

1aDSCF5558.jpg

大好きなランタナ。
この写真もご近所さんの鉢植えのランタナを撮らせていただいたもの。
歩いていてランタナに出会えたときの喜びを大切にしたいから、
自分の家にはなくていい、とずっと思っていたのですが、
今年はついに我が家のベランダにもランタナの鉢植えを迎えました。

1aDSCF5553.jpg

毎日いくつもの花が少しずつ成長中。
観察日記とかつけたくなっちゃうねい。
こーゆーのってなんだかすっごくうれしいものだねい~

この記事のみを表示するバス窓:東京から

TOKYO

1aDSCF5384.jpg

突きあたりに見えるのは靖国神社だねい。

1aDSCF5385.jpg

すすけた壁の向こうで風が荒れてる
雲が流されくぜ あやしい空さ


というフレーズが頭の中に流れてくる。
(『COME OUT ON THE RUN 』/ THE STREET SLIDERS)

1aDSCF5387.jpg

1aDSCF5388.jpg

1aDSCF5390.jpg

1aDSCF5392.jpg

1aDSCF5393.jpg

1aDSCF5394.jpg

原町まで約5時間。
1日1本のみのこの直行バスが、
現時点では最もラクな帰省手段。

この記事のみを表示するしめっぽい

LIFE



唐突ですが、心理テストです。

↓まず下図と同じものを描いてくださいまし

1-1asun1.jpg


そしてそれぞれの図形を使って絵をひとつずつ描きこんでくださいまし

そして自分の描いた各絵についての形容詞をそれぞれ書いてくださいまし


さて、これでどーゆーことがわかるのか!?
答えについては下をクリックしてくださいまし