猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する2月の古瀬戸

TOKYO

1aDSCF4809.jpg

りすがぺろりと食べちゃったものは

1aDSCF4808.jpg

シュークリーム。

うそです。わたしが食べました。ほんとうです。

1aDSCF4804.jpg

この日のカップは天使の絵。

1aDSCF4803.jpg

とてもよい時間を過ごせました。


この記事のみを表示する自分のために

LIFE

1aDSCF4824.jpg


3年前にもブログに書き写していた文章を再び引用。


……じゃあ、私たちはどうすればいいわけなの?
「何もできないさ。とにかくこれは実際に起きてしまったことなのだから。
私たちにできるのは、ともかくそれが本当にあったことだと知っておくことしかない。
人類は月や火星にロケットを飛ばしたり、世界中どこにいても携帯電話やコンピュータで
通信ができるように科学技術を発展させる一方で、強制収容所を考案し、
組織的にある民族の撲滅をなかば実行するものだと、認識し記憶することだ。
もっともいけないのは、そんなことはすでに過去の出来ごとだと見なして、
忘れたり、目を瞑ったままでいることだろう。
バッハの美しい音楽を理解でき、よき夫にしてよき父親であった人間が、
同時に収容所で鬼のように何百万の人間を殺すことができるという事実を
心に銘じておかなければならない。
天使のように可愛らしい子供の天井画を描いた人間が、ガス室をも設計したということをね。
 人間が救済されるのは、ただ知識と認識を通してのみなのだ。
悲惨なことを知ること、想像することは、一時的には苦しい体験かもしれないが、
その苦しみは永久には続かない。
ものを知ることは、最終的にはきみをより自由な場所に立たせることになるだろう。」


『娘と話す アウシュヴィッツってなに?』アネット・ヴィヴィオルカ著 山本規雄訳より
解説『読み終わった日本人の対話/四方田犬彦』の一部を抜粋。




この記事のみを表示する早春散歩

TOKYO

1DSCF4846.jpg

むふっ。あつあつ。

1DSCF4850.jpg

皮がぱりっぱりのたい焼きを食べながぶらぶら歩く、あまり寒くない午後。

たい焼きといえば脳内BGMはこれです、いまだに。

1DSCF4837.jpg

散歩中に出会ったすりガラスの窓。

1DSCF4830.jpg

ニット屋さんの窓辺。

1DSCF4833.jpg

こちらも同じお店の窓辺。

1DSCF4552.jpg

猫にも会った。

1DSCF4851.jpg

我が心の居酒屋、加賀屋。
「気持ちは若いです!」「見た目は若いって言われます!」
とかいってアルバイトに応募する「若い方」がいたら素敵だなー。


この記事のみを表示するおつかれー

BALI

DSCF0208.jpg

ひじょーにつかれているのだが眠るわけにはいかない。
眠くならないからだが欲しい。

ふと思い出すのは今から12、3年前に携わったとある仕事のこと。
その仕事には長時間にわたる会議がつきものだったのだが、
会議が始まるのはいつも夜。
だいたい21時過ぎとか。もっと早く始まるときもあったけど、
23時とか24時に集合とかそんなことのほうが多かった気がするなぁ。
そして会議は朝5時とか6時とか7時まで続くのである。
8時頃までかかったりして、次の仕事の朝10時の約束に間に合わないよこのままじゃ!
というようなときもあったなぁ。

なぜにそんな夜中に会議をしなくてはならないのかというと
各々昼間は別の仕事があり、
夜にならないと全員集まることができないからなのじゃった。
つまり全員朝からぶっ通しで働き続けて
深夜の会議に突入しているわけで、そりゃあ眠くて当然なわけで、
会議中にホワイトアウトしたことも数知れず……

会議室のテーブルの上にはいつもエスタロンモカ内服液の
小さな瓶が何本もずらーっと並んでいた。
会議の中心人物である“監督”が飲むためのものである。
あれを飲めば眠くならないのだろうか? と試してみようかと思ったが
でもわたしのからだにはもともとカフェインはあんまり効かない感じだし
逆に効きすぎてもなんだか怖いしなぁと思って結局飲まなかった。

しかしこのきつい会議が続く中でスタッフのひとりが
「○せい剤(←微妙すぎるぼかし方)が欲しいね」と素で言い出して、
確かに。と自分も素でうなずいてしまったときも怖かったなぁアハハ
まぁそのくらい日々強烈な眠気との闘いだったということで。


というか気分転換にビールのことでも書こうと思っていたのに
エスタロンモカの思い出話になってしまった~


それにしてもこの写真のビールの泡はいまいちすぎる。
たぶん自分で注いだのだろう。
何年か前のバリ写真倉庫からひっぱってきた写真です。
バリさ行ってビンタン飲みて。
それはムリだがせめて週末にはすっきり気分でビールが飲めるようガンバロウー


この記事のみを表示するホットケーキwithソーセージin蒲田

FOODS

1aaDSCF4314.jpg

去年の11月頃に食べたホットケーキの写真を今頃アップ。
シビタス 蒲田東急プラザ店のホットケーキです。
鯔ちゃんに教えてもらったお店です。

1aaDSCF4310.jpg

このときはおやつではなく昼食としていただいたので、
ホットケーキとソーセージのセットにしました。
朝ごはんにもよい感じのセットですが、
ビールを飲みたくなるようなセットでもあります。

1aaDSCF4316.jpg

ホットケーキにビールは、わたしは「あり」です☆


ところでそういえばたぶん昨日で蒲田に通い始めて1周年。
この1年、いろいろなことがあったなぁ、実に。
でもって、その「いろいろ」とは概ね自分にとってよいことだったと言い切れるなぁ。
と突然ものすごい振り返りモードになってしまったゾ



この記事のみを表示する好きな果物

BALI

1a2a9A.jpg

いくつになっても初めての方々とお会いする機会というのはあるものですが
大勢の皆さんの前で自己紹介するということはいくつになっても激しく苦手です…
ええ、もうかなりいい大人なのに…

つい先日も30名くらいの初対面の方々ととある共同作業をする機会がありまして、
まずはひとりずつ自己紹介をしましょー!ということになりました(そりゃそうだよね)。
そのときはあまり時間もなかったので、
とりあえず自分の名前と好きな果物をひとつずつ言っていきましょー!
ということになりました。
そのくらいならちょっと気が楽だわと思いましたが、
ただ好きな果物の名前を挙げるだけでも
気のきいた一言を添えたり、
みんなを笑わせて場を盛り上げる方などがいらっしゃって、
やるなぁ、さすがだなぁ、大人だなぁ、とただただ感心するばかりでありました。

そんなわたしは果物はだいたい何でも好きで、
毎日何かしらの果物を食べていますが、
この季節のスペシャル大好き果物はなんといっても苺!
お高いのでもちろん毎日は買えないけれど
スーパーに行くと苺コーナーの前はどーしても素通りできません~

ってなわけで、「好きな果物は苺です」と自己紹介しました。
でもたとえば「ランブータンです」とか言ったほうが
自己紹介的にはインパクトはあったんだろうなぁ。。。とか
自己紹介タイムがとっくに終わってからうじうじと考えたりするわけです(笑)

写真はかなり昔にシガラジャのOPPくんちでいただいたランブータンと、
名前のわからない果物(←テキトーでマアフ)とバナナ。
ランブータンはOPP宅の庭で収穫されたもの。
それにしてもリンク先のOPPくんブログにアップされている3枚目の写真の
OPP宅の庭からのビューの変わりのなさに
ある意味衝撃的なほどの感動を覚えたアタクシ。
いつになるかはわからないけれど次にもし訪ねることができたときには
かつてと変わらない景色に再会できるかもしれないんだなぁと思うと
胸がきゅーんとするほどの希望を感じます。



この記事のみを表示するはぁ~びばどんどん♪

TOKYO

先日、銭湯の脱衣所のテレビでNHKのニュース。
ちゃんと見ていなかったのでよくわからないが
米軍普天間飛行場の辺野古移設についての話のようだった。
そのニュースの流れで野田首相がテレビ画面に映った。
着替えるわたしの隣でテレビを見ながら湯上がりの身体を冷ましているおばあちゃんが
「もう誰が総理大臣やったって同じなんだから、
みんなで仲よくすりゃいいのにね」とわたしに。
「あれで給料もらってんだから頭にきちゃうわよ」
ほんと頭にきますよね、と相槌を打つ。


湯船の中では、隣に30代くらいの娘と60代くらいのその母親と思われるふたり。
母親が娘に言う。
「この冬は手があかぎれして指先が切れちゃって痛くてさあ。
今年はよっぽど寒いのね。手が切れたのなんて何十年ぶりかのことだもん」

すると娘、たった一言。

「もう終わってんじゃない」

それを聞いた母親、

「もう終わってんのかしら、あはは」


ええ会話だと思いました。

この記事のみを表示するお泊まり会

LIFE

1A1A1DSCF4730.jpg

夕焼けがとてもきれいだった日の夜、

1A1A1DSCF4737.jpg

友人宅ですき焼き~!
いったい何年ぶりだろうかすき焼きを食べたのは。

1A1A1DSCF4736.jpg

右奥のマロニーのように見えるものは葛きり。
葛きり入りのすき焼きを食べたのはたぶん初めてかも。
食感がたまりません。

1A1A1DSCF4732.jpg

友人作の生チョコもいただきました。
わたしは今まで一度も生チョコを自分で作ろうと思ったことがないな
そういえば、と気がつきました。


それにしてもいつも思うのだけど
家飲みって酔いの回り方がはやいはやい。
もともとお泊まり前提でおじゃましていたので
いつにも増してリラックスして飲んでいたというのもあるけれど、
またもや(ええ、またもや、例によって)いつのまにか意識不明の重体に。
この場合の重体というのは文字通り、重すぎる体ということです。

でも目覚めは比較的すっきり。

1A1A1DSCF4738.jpg

“おめざ”に甘いものをいただきました。

そして前回アップしたししゃもと、大根とツナの煮もの、
大根おろしと納豆で朝ごはん♪


超満腹になった後はテレビをだらだら見。
ある意味ひとつの正しい休日。


おいとまタイムになり友人と一緒に外に出たら

1A1A1DSCF4744.jpg

何かがいた。

1A1A1DSCF4743.jpg

まだまだ寒いけど、光の差し方が変わってきているなー、と
このときふと実感
(この写真とはあまり関係のない実感)。

春はちゃーんとやってくるんだよね
しかしこの日帰宅したら目がちょっとかゆかったんだけどもしやもう花粉??


この記事のみを表示するししゃも

FOODS

1A1AADSCF4741.jpg

友人宅の朝ごはんでいただいた焼きししゃも。

foodpic2017087.jpg

居酒屋でいただいたししゃものマリネ。

おいしかった♪


なにげなくクックパッドを見てみたら
いろいろなししゃもレシピがあり、
あれこれ作ってみたい欲が出てきました。
ししゃもLOVE!



この記事のみを表示するSomeone like you

TOKYO

1a1aaDSCF4684.jpg

ある朝の通勤時、猫に呼ばれた。

1a1aaDSCF4685.jpg

わたしを呼び寄せようとして、か細いかわいい声でニャーニャー鳴く猫。
もとい、呼ばれているのだと勝手に思い込んで近づいていくわたしに
ニャーニャー鳴いて抗議する猫。
いずれにしてもわたしとしては本望です。

1a1aaDSCF4688.jpg

そばまで行ったら寝ちゃった。おい。

ってゆーか……

1a1aaDSCF4690.jpg

おぬし、誰かに似てる。
確実に人間の誰かに似ている。

あ~でもそれが誰なのかがずっと考えてるんだが出てこないっ

でも誰かに似ている、似ているよ~(←ひつこい)

1a1aaDSCF4691.jpg

ところでわたしのささやかだけど大きな夢は、1日中猫と遊ぶことです。
いえ、1日中猫に遊んでもらうことです。
叶うまで言い続けるぞ(笑)