猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する初めてのブータン料理

FOODS

1DSCF4219.jpg

ブータン料理とは、唐辛子と、

1DSCF4199.jpg

チーズと、

1DSCF4200.jpg

モモと、

1DSCF4198.jpg

山椒なんだね!

……というのが初めてブータン料理をいただいた大雑把な印象です。
大雑把すぎてすみません。
↑は蕪とカッテージチーズとトマトのサラダなのですが、
山椒がものすごく効いていて、舌がピリピリしびれます。
そうそう、見た目はマイルドそうなのに食べると刺激的な料理が多いのも特徴なのかも、
ブータン料理って!

1DSCF4202.jpg

でもチーズモモは見た目どおりマイルドです。

1DSCF4201.jpg

ブレてしまいましたが、チーズモモにつける、
チーズと唐辛子のペースト的な薬味がとても美味!
この薬味だけでも十分ワインが進んでしまいそう♪
そうそう、ブータン料理はワインに合うんだね~とも思いました。

1DSCF4203.jpg

初めてのブータン料理はこちらのお店でいただきました。
初めてなのでメニューを見てもよくわからないということもあり
コース料理をオーダーしたのですが、
そのコースの中で最も辛い料理が↑のエマダツィ。
唐辛子とチーズの煮込み的な一品。
ブータンでは唐辛子を野菜として食べるということですが
わたしはこのスープの辛さだけでいっぱいいっぱい。
唐辛子までは食べられませんでした~。でもおいしっ!!

1DSCF4206.jpg

このスープがあればご飯もいくらでも進んでしまう感じです。

しかしご飯が出てきたということはコースはこれで終わりなのだろうと思いきや!

1DSCF4210.jpg

〆の料理は豚バラと大根の煮込みでした。
そしてまたご飯をおかわりしたなり……ウフッ

1DSCF4212.jpg

デザートはブータンはちみつのアイスクリーム。
ブータンはちみつってどれほど濃厚なの! と思ってしまうくらい
濃ゆ~い甘さ。他ではなかなかこういうアイスクリームは味わえないですな。

写真がブレブレなのでアップするのは省略したお料理が他に3品ほどあるのですが、
これで2500円とはコストパフォーマンス高すぎ!!
(※チーズの盛り合わせは別オーダーしたもの。コースには含まれていません※)

1DSCF4214.jpg

ところでブータンといえば、国民総幸福量であります。
食事中にふとその話題になり、友人Sちゃんがぽつりと一言、
「日本人は幸福度低いよね」。
「そりゃそうだ」と即答するあたくし。
そう思う理由は省きますが国民としての幸福度は総体的に低いのではないかい、
という感じが自分の中にあるのは否めません。

でも一個人としては気の置けない友人たちとテーブルを囲んで
「美味しいねー」と言い合いながら食事をできることに
絶対的な幸福感を覚えます。
まだ行ったことのない、この先も行けるかどうかわからない、
さまざまな国の料理や文化に少しだけでも触れることのできる東京も好きです。

1DSCF4215.jpg

心が暗くなるような悩ましいこともいろいろあるけれど、
幸福だと感じること、好きだと思えること、心に明かりを灯してくれるようなこと、
そういう大切なことをただただ大切にしていきたいと思います。


この記事のみを表示する七つ森

TOKYO

1DSCF4167.jpg

先日、いったい何百年ぶり? くらいにご無沙汰だった高円寺へ。
友人と高円寺南口のヴィレッジヴァンガードやチチカカなどのショップを
時折冷やかしながら商店街をのんびり歩き、
たどり着いたのが友人オススメのこちらの↑喫茶店。

わたしは初突入だったのですが(高円寺はなぜか北口びいきで南口には疎いあたくし)、
この喫茶店てRCサクセションや大槻ケンヂや森本レオが
ひいきにしていることでも知られていたんですねー。
※参考:下記記事
http://homepage3.nifty.com/cafemania/02owner/nanatsu.html

さらにいろいろ調べていると清志郎がかつてよく通っていたということは、
ファンの間ではかなり知られていたりするんですねー。
いやー知らなかったわ。もぐりですな、あたくしは……。

ちなみに友人は昔から通っているらしいのですが、そんなこと一言も言ってなかったな(笑)

でもそういうことを何も知らなくても、一目で気に入りました、この喫茶店。

1DSCF4155.jpg

喫茶店だがまずはビール! 切り子のグラスが素敵です。
しかし写真はブレブレで素敵じゃない。

1DSCF4156.jpg

友人はアイスコーヒー。このグラスもとても可愛い。
しかし写真はまたもやブレブレで可愛くない。

1DSCF4157.jpg

清志郎が好きだった?というカレーは売り切れていたので、
キッシュをオーダー。
やっとなんとかピントが合った……。

このキッシュ、とても美味しかった♪

食後には

1DSCF4159.jpg

クッキーをサービスしてくれました。
「いつもこういう一口お菓子をサービスしてくれるんだよ」と友人。

1DSCF4162.jpg

メニューボードの文字が刺繍だったりするのがたまらなくツボです。

1DSCF4165.jpg

友人イチ押しのガトーショコラもいただきました。
お皿もやっぱり素敵。

1DSCF4166.jpg

そしてコーヒーが本気でしみじみと味わい深かったー!
居心地のよい空間で、美味しいコーヒー飲みながら
どーでもいいような話をするのって楽しいね。
どーでもよくない原発の話もするけどね。

1DSCF4160.jpg

今度はカレーを食べに行こう。



この記事のみを表示するつなぐ

LIFE

1-1ninjya.jpg

↑大昔に撮った写真。本文とは関係ありません~



この2ヵ月ほど、毎朝職場で新聞各紙(朝日、産経、東京、日経、毎日、読売)に目を通している。
それは仕事上必要があるからで、仕事に関係する記事を見つけることが
まずは仕事のひとつなのだけど、そうはいってもついつい自分の関心のある記事に
目がいってしまい、仕事そっちのけで読みふけったりすることもある(あかんやろ)。

今週ふと目に留まったのは10月19日の日経夕刊の川上未映子さんのインタビュー記事。

幸せとは持続するものではなく、流れていく人生のそこかしこに点在するものだ。
「あの人があのとき、あんなことを言ってくれた」という
記憶の点をつないでできあがる星座のようなものが、
幸福というものではないだろうか。


「記憶の点をつないでできあがる星座のようなものが幸福」
なんて美しい表現なんだーと仕事そっちのけで酔いしれてしまった(だからあかんやろ)。
でもほんと、それが幸福というものなのかもしれない。

ところで各紙とも毎日欠かさず掲載されているのは原発事故による放射線関連のこと、
被災地のこと。
福島県出身者としては何紙も目を通しているうちに、
朝から仕事そっちのけでダウナーになったりすることもあるけれど(ほんとあかんやろ)、
とりあえず放射線関連のことについては勉強になることが多い。

10月20日の読売新聞夕刊の下記記事もそのひとつ。

被曝カウンセリング…住民に個別対応、不安を軽減

この記事の中で
「インターネットなどに放射線被曝に関する誤った情報が飛び交う中、
思い悩んで中絶まで考えてしまう人もいるかもしれない。
正しい知識を伝えることが一番大切」

といわき婦人科の医師が話している。
正しい知識を持っているわけではないわたしがいうのもなんだけど、
正直、被曝そのものよりも、思い悩んで精神的に苦しむことになったり、
差別や偏見によって生きにくくなる人が出てくることのほうが、今は怖いと思っている。
怖いから、正しい知識を身につけたい。

何より、正しい情報が欲しいというのもあるわけじゃが……。

10月21日の東京新聞には、放射能を測定して25年になる「たんぽぽ舎」の代表、
鈴木千津子さんの記事があった。

放射性物質ゼロと確信できる食品は、少なくなりつつある。
それならば、食品すべてに「何ベクレル」という測定値を
表示して売るべきだというのが、鈴木さんの提案だ。


同じような提案を他の有識者の記事でも読んだことがあるけど、
ほんとそうなってほしいなー。
それによって各々が自分や家族の食べるものを選択していけばいいのだと思うので。
ただ産地だけでざっくり決めつけられたりすることには個人的にものすごく抵抗があるので。

しかしなかなかこう自分の意見として書くにはまだまだ難しい問題でありますな
(Because知識が足りないからー)。


では本日の〆は19日に読んでなんだかとても清々しい気持ちになった、
奈良さんの下記のブログを勝手にリンク♪

わかってたまるか!でも、わかろうとするべし!


この記事のみを表示するこれは

ROLLING STONES



観に行かねば。

http://www.warnermycal.com/event/rolling-stones_2011/

この記事のみを表示するにこねこにこねこ

ニャーちゃん

1DSCF1060.jpg

つい先日、ニャーちゃんの写真を一度も見たことのない友人(動物のプロ)に会うにあたり、
ニャーちゃんがどれだけ可愛いコだったか見て欲しい!と思って、
1枚だけセレクトして持って行ったのが↑この写真。
「うわあ、こりゃあ美人だ!」と友人も絶賛してくれました。
というか、やっぱり誰が見ても美女なのよね、ニャーちゃんは……(でしょ!?)。

その友人とは古くからのつきあいですが、しばし音信不通の時期があり、
交流が復活したのはわりと最近のこと。
久しぶりに会ったらわたしがやたらとねこネコ猫~と猫に反応しているので、
「昔からそんなに猫好きだったっけ?」と友人は不思議に思ったようでした。
いーえ。昔から好きなことは好きだったけど、こんなに好きになったのは
ニャーちゃんと出会ってから、出会ったからこそです。

おかげさまで(?)、猫グッズなどをいただくことも増えました。
ありがたい! ありがとう!

1DSCF4152.jpg

↑少し前におともだちのじーこくんからいただいた猫お守り。かわゆいっ!

そしてごく最近は、

1DSCF4185.jpg

日本の西のほうから東の我が家へと黒猫ちゃんがやってきた~♪
いつもやさしくてかわいいバリ好きのおともだちからの贈り物です。
(※写真は職場のデスクで撮影…キーボードほこりかぶってまんなーですんまへんなー)

この黒猫ちゃん、何だと思います?
なんと、

1DSCF4183.jpg

付箋なんですよ~(写真の右側ですよ~)

左側のマグネットも超かわいいっ。

ところであまり猫と関わりのない方は、
猫のしっぽってほんとにこのマグネットの形みたいに曲がるのか?
と思うかもしれませんね。あ、思いませんか?
とりあえず思ってくださいましね。

だってだって!

1DSCF9899.jpg

ほらね。
曲がるんですから~!

1DSCF4182.jpg

西の町から届いた贈り物の中にはこんな可愛い猫のマッチも♪

1DSCF4184.jpg

そして付箋もマグネットもマッチも、こんな縁起のよい袋に収められていました。

ほんとにひとりでにこにこ(いや、にやにや?)してしまいました。
どうもありがとうー!!


この記事のみを表示する

FOODS

foodpic1675512.jpg

つい先日、「恵」という名のお煎餅をいただきました。

foodpic1675508.jpg

「香り高い国内産の乾燥海苔に、フリーズドライの南高梅を散らし、
絶妙なコンビネーションを実現しました」としおりに書いてあるのですが、
まさしく!!絶妙なコンビネーション。
噛む度に口中に広がる海苔の香ばしさと梅の甘酸っぱさが最高。
なんて美味しいんだー!!と感動しました。
お煎餅を食べてこんなに感動したのは久しぶり。ああ、おいしっ。
大阪のとよす株式会社の十火というブランドです。素晴らしいぞ十火。


少し前に友人からいただいた↓の飴も大ヒット。

foodpic1675513.jpg

京都の祇園小石のすいか飴。

foodpic1675510.jpg

すいか度100%。
でもなんというか、すいかより美味しいと思います、はっきり言って。


美味しいお土産ありがとう。
わたしはほんとうに恵まれてるなーと心から思います。
あ、お土産もらったから恵まれてるって思ったわけじゃないよ。
素敵な友人たちの存在に多謝。

この記事のみを表示するHow fresh it is !

BALI―SUGARS VILLA



ふとなんとなく、爽やかな風景をアップしたいなーと思い、
過去写真フォルダの中から取り出してきた写真。
しかし「爽やか」というのは本来、秋の季語なのですよね。
常夏のバリには「清々しい」という表現のほうがふさわしいのかもしれませんが、
日本は今は秋だから「爽やか」という言葉を使いたいんですよね。
ってどーでもいいわいそんなこと!ってことを書いてますか。書いてますね。

ウブドのSugars Villasの朝。
プールの水がとても澄んでいました。

トリップアドバイザーのこのお宿のレビューは欧米人の書き込み多し。
'08年の滞在時、欧米人好みのお宿っぽいと思ったのは間違いではなかった!?なんちて~

本日のタイトルは、その欧米人の方々の書き込みのタイトルを一部真似させていただきました。
YouTubeのコメントなどもそうだけど、感動を伝える英語的表現っていろいろと勉強になるわ~。
真似しようと思ってもなかなか自分のものにはできませんが……。


この記事のみを表示する猫鳴り

ニャーちゃん

1anya3.jpg

ちょっと肌寒い日の多かった今週は、にゃたんぽ(?)が恋しくなったにゃ~
しかしそれにしてもなんて幸福そのものの写真なんだ、これ。

ここしばらくこちらのブログの課長さんに夢中でした。

そして今日は課長さんが無事におうちに帰れた! という記事を読み、
あーよかったよかったと思いました(でももう課長さんの姿を拝めないのは寂しいけど…)。

2ヵ月半も長期出張するんだね、猫も……。


あれからわたしが一日も欠かさず思い出しているのはニャーちゃんのことだけかも。
なんかこの未練がましさ、女々しさ、自分でもオスっぽいな!?と思います、にゃはは(笑い事か?)

去年の今頃まで住んでいた家の、ニャーちゃんがくつろいでいたトタンの庇↓も
もうなくなってしまった。
ちょっと前に近くを通ったときに見てみたら、
かつての住み家は跡形もないくらいにリノベーションされておった。

1DSCF0040.jpg

そんでもって今朝は電車の中で沼田まほかるの『猫鳴り』(双葉文庫)を読んでて
涙をこらえるのが大変になって、
昼休みは久しぶりにカマターのニャンドルとらちゃんに会って
なでなでしてたらとらちゃんの猫鳴りを感じてうれしくなって、
なんだかずっと猫のことを考えています。



この記事のみを表示するこんなについてていいのかしら

LIFE

1DSCF4121.jpg

先日近所のスーパーで買い物をしたときにレジで渡されたインスタントくじ。
なんともらった全5枚中4枚が当たり!
1枚1枚めくる度に連続して「当たり」が出てきたときには
まじでびっくりして口から心臓が飛び出るかと思ったど。
今までにもこの手のくじ、スーパーでもらったことがあるけど、
連続して「はずれ」しか出たことがなかったど。

ちなみにこのくじ、「500円ごとの抽選くじで百円ゲット!」ということで 
つまりわたしはこの日2500円ちょい買い物をしたのです。
近頃スーパーでは1回の買い物につき使う金額は平均1000円以下なので、
たまたま「こんなに買い物したのは久しぶりー」という日だったのでした。

と、たまには景気のいいことを書いてみだど。


この記事のみを表示する神楽坂にて5軒はしごの休日

TOKYO


●1軒目:鳥茶屋

1DSCF4064.jpg

9月のシルバーウィーク前半に友人と神楽坂で遊んだときの記録です。
まずは鳥茶屋のうどんすきランチからスタート~♪

もちろん休日の昼間ならではのビールもね☆

1DSCF4069.jpg

鳥茶屋の生ビールはエクストラコールド。
普通のスーパードライは正直好みではないのですが
ここまで冷やすと断然飲みやすくなるのねーとあっしは思います。
アツアツの鍋に、キンキンに冷えた氷点下生ビールという組み合わせがよいです。

ところで鳥茶屋のランチタイムはランチビールが用意されています。
でもランチビールってちっちゃいグラスに2、3口分しかないんだよねと思い、
ランチビールじゃなくて通常の生ビールでお願いしますとオーダー
……したつもりだったんだけど、うまく伝わっていなかったらしく、
サーブされたのはランチビールでした。
しかしこれがランチサイズにしては量多め。
たとえば仕事時の昼休みにランチビールだからと気を許して
飲んだりするのには若干危険な量かも?(大きなお世話)

でも冷たいうちにちゃんと飲みきれる量。最後の一口までしっかり冷たい。
ランチだけじゃなく、常にこのサイズでいいかもしれない、生ビールって!
ぬるくなる前に飲み干せるなら別だけど、ジョッキって案外ビール飲みには邪道なのかも!?
などと友人と盛り上がり……

1DSCF4070.jpg

ランチビールをふたりで計10杯もいただいちゃいました~
さすがにお店の方も我々に何度もおかわりされて、
「なぜ普通のサイズにしない?」と途中から思っていたはず。
いやーだからそのつもりだったのですけれども。
でもほんと美味しく飲み続けられる量で素晴らしかった。
しかも1杯200円。10杯飲んでも2000円。ありがたや。

●2軒目:B-Rサーティワンアイスクリーム

1DSCF4075.jpg

デザートはこちら、サーティワンにて。ちょうど31%オフ期間でラッキー☆

1DSCF4077.jpg

フレーバーはなんだったっけ。写真を見ても思い出せないぞ。
左のは確かストロベリーチーズケーキなのですが。

しかしサーティワン、わたしは20年くらいご無沙汰でした。
今年神楽坂に路面店ができて、それから2度目の利用。
今後もきっともっと利用することでしょう。
「どれにしようかなー」とショーケースを見ながら
フレーバーを選ぶときのワクワク感は変わらずですな。
ちなみに昔はチョコレートミントとナッツトゥユーが好きでした。
(そのこともすっかり忘れていたのだが友人が思い出させてくれました)

●3軒目:カラオケの鉄人

1DSCF4076.jpg

次にやってまいりましたのはカラオケ!腹ごなし、腹ごなし~♪

ところでいまどきのカラオケ屋さんはどこもそうなのかわかりませんが、
休日の昼間の神楽坂のカラ鉄はいつも大繁盛。混んでます。
部屋があくまでだいたい30分くらいは待つことになります。
昼ビール飲んで気分がよくなった状態でさあ歌おうぜ! と入店したのに、
この待ち時間の間にすっかり素面に戻ってしまうのよねー。
素の状態で歌を歌うというのはさすがにきついのよねー。
でも歌うけどねー。
そしてカラ鉄のカラオケ店としての充実度を一度知ってしまうと
他の店にはもう行けない感じ…。
料金も2時間歌って1ドリンクずつオーダーして、ふたりで1820円。
ひとり1000円切ってますからねーびっくりですよ奥さま!
って私も何を熱く語ってるんだか。

●4軒目:ヱビスバー

1DSCF4086.jpg

さて、歌って喉が渇いたのでまたもやビールで潤します。

こちらのヱビスバーもサーティワンと同じビル「ポルタ神楽坂」にあります。

やっぱりヱビスは違うねえ~、とここでビールを飲むたびに思います。
お料理がいずれも普通すぎる感が否めないのが個人的にはちと残念な点ですが、
やっぱりヱビスは違うざます~。注ぎ方も職人技としかいいようがありません。

1DSCF4084.jpg

「桃の気持ち」というビアカクテルもお気に入り♪

●5軒目:伊太八

1DSCF4090.jpg

〆はラーメン!

伊太八はわたしが26年前(!)に上京してきたときにはすでにあったラーメン屋さん。
お店のひとやメニューなどこれまでいろいろ変わっているけれど、
とかく移り変わりの激しいこの街で人気店であり続けているのは素晴らしい。

昔から変わらない伊太八ラーメンは辛味噌味。ニンニクもきいてます。

1DSCF4093.jpg

餃子もふたりで半分こ。
はあ~よく食べた!

1DSCF4088.jpg

どこにピントを合わせたかったのかわからない写真になってしまいましたが
伊太八のカウンターに飾ってありました。ライオンとサボテン。

ちなみに神楽坂といえば、ある意味名所のひとつだった?
細木数子事務所は現在空きテナントになってしまいました。
まだまだいろいろ変わっていきそうな街であります。


追記
ちなみにこの日遊んだ友人は同郷の幼なじみ。
この関係の中でしか話せないことがたくさんあるし、
話せたことでもやもやした考えの整理ができた部分もある。
ともだちは大切ですね。そして人と話すことも。