猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する好きなひと

LIFE

内田樹さんのブログ記事の「大学生が読んでおくといい本」の中で、
村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)が取り上げられており、
「村上さんはご本人が繰り返し言うように「文学的天才」に
それほど恵まれていたわけではないかも知れません。
でも、自分の中に潜在する才能(身体資源も知性も想像力も含めて)を
最大限まで開花させるための努力においてはほとんど超人的です。
才能は学ぶことができませんが、才能を開花させる方法は学ぶことができます。」

と書かれているのを読んで、
あー私が村上さんのことを好きな理由はそこなのかもしれない!と思いました(単純すぎ?)。
そして村上さんに限らず、ザ・天才!な人よりも、
才能を花開かせるために超人的な努力をしている人に強烈に惹かれるし、
ものすごく好きになる。
その大きな理由が「自分にできないことだから」というのはちと情けないですが。
でもなんだかこうして自分にとって腑に落ちることを書いてくださる方にも
無条件で惚れてしまうのですな……内田先生(はーと)


最近読んだ中では↓の記事も腑に落ちました。

「1907年、ハンセン病者の収容に法的根拠が与えられ、隔離が始まった。
実際にはハンセン病は感染も発病もしにくい病気だった。
しかし、国や専門医だけでなく大衆社会も、
病気をうつされる恐怖心から強制的な隔離政策を支持した。

特に戦後は特効薬も登場し、万が一、発病しても対応できたのだから、
感染リスクを薄く社会全体が引き受けていれば、
ハンセン病者との共生ができていたはずだ。
そうしないでゼロリスクを求めた国民が、強制隔離された療養所での苛酷な生活という
重いリスクをハンセン病患者に負わせてしまった。

同じ構図が放射線を巡ってある。誰もが放射線ゼロを求めると、
既に放射線汚染があった地域からの人や物資の移動も不可能になり、
被災地の人たちに重いリスクを負わせてしまう。

政府の安全基準は満たしているが、福島産の作物なので万が一、
線量を帯びているかも知れないから買わないようにしよう。
こうした忌避行為は、原発事故の災厄を浴びた人たちを、
もう一度、間接的に殴りつけているに等しい。
そんな暴力の構図に気づかない。
ハンセン病隔離の負の歴史はいまだに学ばれていない」

(朝日新聞2011年9月27日朝刊 評論家 武田徹『断ち切られる被災地との絆』より抜粋)

原文はこちら(一部有料サイトです)


知性と想像力のある人が好きです。

この記事のみを表示する江古田でイスラエル料理

FOODS

1DSCF3981.jpg

ひよこ豆のペースト。これを、

1DSCF3978.jpg

ピタパンに塗ります~、ってペーストだけじゃなくて、

1DSCF3979.jpg

サラダやお肉始め、薬味各種をピタパンにサンドしていただきま~す。
というかサンドしたところも撮ればよかった、と今頃気づきましたぞ。

1DSCF3980.jpg

ポテト大好きなのでポテトのアップはおさえたけれど、
右側にちらっと見切れている揚げ物が超うま~~!!だったので、
これもアップで撮っておけばよかった、と今頃気づきましたぞ。
まああくまでも食事に行っているわけで写真を撮るために行っているのではないので
思うような写真が撮れてなくても仕方ないんだけどしかし撮り方がひどすぎるな我ながら。
でもとにかくこの揚げ物は絶品。
ファラフェルという名のひよこ豆のだんご、らしいです。

1DSCF3982.jpg

ラムの串焼きとチキンの串焼き。
レンズ豆入りご飯とともに。

1DSCF3976.jpg

スパイシートマトとひよこ豆のスープも。
しばらく暑さのためにこういう温かいスープを飲んでいなかったので
五臓六腑にしみわたるような気がしました。

以上のメニューにソフトドリンクがついて2100円のコース。
それだけでもお得な感じは十分にあるのですが、
さらにすごいのはこのコースで出された料理はすべて食べ放題ということ。
おかわり自由なんですよ~

しかしソフトドリンクがついているのにも関わらずビールを飲む。
だってビールに合いますよ、イスラエル料理は~
しかもビールの種類が豊富なのです。

1DSCF3987.jpg

イスラエルのビールも初めて飲んでみました。
グラスもおそろい!

このお店は↓こちら。
http://shamaimtokyo.com

わたしにとっては思い出すとまた行きたくなる味です、ここも。


ところで、食後に江古田の街を散策しているときに、
お友達のよっちゃんとじーこくんが
「以前、江古田で裸のおじさんみたいな犬を見た」と教えてくれました。
で、その犬がいたという現場も通りかかったのですが、残念ながらこの日は会えず。
でもふたりともその犬を見た瞬間、まじで「裸のおじさんがなぜここに!?」と思ったそうなのです。
そんなにも裸のおじさんとは……
どんだけ裸で、どんだけおじさんな犬なんだ……と想像をふくらませるしかない私に、
後日、じーこくんが写真を送ってきてくれました。


CIMG0562.jpg
photo by じーこくん

た、たしかに……裸のおじさんじゃー!!
ラブリーだワン!!


この記事のみを表示する江古田市場通り商店街

TOKYO

1DSCF3988.jpg

江古田には「市場通り商店街」なる商店街があるのですねー。知らなかった!

その商店街に入ると結構すぐに、

1DSCF3990.jpg

店先に乗り物のあるたい焼き屋さん兼駄菓子屋さんが。
わしづかみにされますなぁ、これは。思いっきり。

ちょっと路地に入ります。

1DSCF3993.jpg

これまたわしづかみにされまくりの光景です。

1DSCF3994.jpg

赤提灯に誘われるように奥へ。

1DSCF3995.jpg

まぁ素敵なびあほーる!

その並びには、

1DSCF3999.jpg

手作りのお惣菜屋さん。
この界隈在住の奥さま方のお墨付きのお店だそうです。
どれもすっごく美味しいそうな。

1DSCF4002.jpg

いろいろとそそられる市場。

1DSCF4005.jpg

キューピー一族発見。

1DSCF4008.jpg

モヒカンニワトリさんも発見。

1DSCF4007.jpg

天井の扇風機とか、釣銭用のざるとかに目を奪われっぱなし。
あ、もちろん、商品にも心を奪われてます!

1DSCF4010.jpg

全国各地のお味噌を量り売りしてくれるお店も。
今度ゆっくり訪ねてお店の方のレクチャーを受けながら選びたい。

商店街を抜けて住宅街に入っていくと、

1DSCF4021.jpg

こんな昔ながらのお寿司屋さんがあったり。
お品書きの値段の安さにびっくり。

かと思えば、

1DSCF4025.jpg

小洒落たカフェ&バーも結構多かったり。

この看板のカフェ&バーには、

1DSCF4026.jpg

テラス席もあったりして居心地よさそう!

かと思えば、

1DSCF4031.jpg

昭和のかほり漂うお店や

1DSCF4030.jpg

銭湯があったり。
古いものと新しいものの共存具合が見事な江古田。

1DSCF4027.jpg

どこかのお店に貼ってあった手書きポスター。
ガキのころに遊んだ場所がぐちゃぐちゃになったり放射性物質で汚染されたり、
そこで暮らしている、あるいは暮らしていたひとたちが苦しんでいるのは
ほんとうにかなしい。
そしてその悲しみや痛みを抱えながら東京で暮らしているひとも少なくないのだと
このポスターを見て思いました。

1DSCF4029.jpg

この日は偶然、この界隈のお祭りでした。
お祭りに参加していた地元のひとたち、みんな楽しそうだったな。

この記事のみを表示する鳥とリス

FOODS

1DSCF4046.jpg

かぼちゃのクレームブリュレと

1DSCF4048.jpg

チョコレートケーキと

1DSCF4049.jpg

抹茶のシフォンケーキ。

1DSCF4051.jpg

たまたまなんだけど、8月生まれが3人集まったので
少し遅ればせながらのお祝いケーキ(って単なるこじつけ)。

1DSCF4043.jpg

3人で食事をした後、どこかでお茶をしようとお店を探しているときに見つけたカフェにて。

1DSCF4044.jpg

コーヒーも美味しい。器も可愛い。

1DSCF4042.jpg

初めてふらりと入ったお店が美味しくて居心地もいいととてもうれしい。
空間の使い方が素敵。アルコールやお料理も充実。夜はバー仕様になるのかな。

1DSCF4041.jpg

江古田のトリスカフェ。
この看板、「トリス」カフェだから鳥とリスの絵なんだ~!
と気づいたよっちゃん、すごい。

そして超久しぶりに訪れた江古田の街の楽しさにも感激!
というわけで江古田シリーズもつづきます。



この記事のみを表示するチャレンジャー@中野ブロードウェイ

FOODS

1DSCF3906.jpg

中野ブロードウェイ地下のフードコートの一角にある小さなお店『チャレンジャー』。
友人がここのチキンカツカレーが絶品!!と大絶賛でしたので、
連れてってもらいました。

1DSCF3910.jpg

なんとっ!! このお店のチキンカツは、注文を受けてから揚げるのざます!!
一見、ほとんどの料理が作り置きでも納得できるようなファストフードなノリの店構えなのに、
揚げたてがいただけるなんて素晴らしい!
しかも揚げ方がかなり絶妙。衣はカリカリサクサク、身はやわらか~!
専門店の揚げ物のお味です。

しかもしかもこれが!!
ドリンク付きで530円!!
うっそ~~とアホみたいに言いたくなるコストパフォーマンスなのざます!!
カレー自体もじっくり煮込んであってコクとうま味が抜群。
辛さを求めるひとにはちょっと物足りないかもしれないけど、
インスタントな風味はまったくない、「この店の味」という感じ。

しかもしかもしかも!!
ドリンクのおかわり、2杯目からは80円なんですけど~!
コーヒーもちゃんと豆を挽いてドリップして淹れてくれるので美味しいの。
それなのに1杯目は200円で2杯目からは80円なんて、ええーいいんですかー、という感じ。
コーヒーだけじゃなく他のドリンクもすべてそういうことらしいし!

ちなみにこのお店はカレー屋さんなわけではありません。

1DSCF3912.jpg

他のメニュウも全部美味しそう(この写真はわかりにくくてスミマセヌ)。
というか絶対美味しいはずだ!
ここを紹介してくれた友人もそう思っているみたいだけど、
どうしてもカレーをオーダーせずにはいられなくなるとのこと。唐揚げカレーも美味しいらしい。
うんうんそうだねー、このカレーはまた発作的に食べたくなりそうー、とわたしも思いました。

結構昔からあるお店らしいのですが、今まで知らなかったことが残念。
ブロードウェイの地下ってあまり行ったことがなかったのでー。

チャレンジャーのそばにある立ち食いうどん屋さんも惹かれる~↓

1DSCF3913.jpg

絵がね、たまらんのです。

1DSCF3914.jpg

うどんもえらい安いよね~。

1DSCF3915.jpg

チラシが天井に張り付いているように見えますが、ちがうんです。
絵の写真を撮りやすいよう、友人がチラシを持ち上げてくれてるんです。
うどんを食べるわけじゃないのに、店の前に立ちはだかりアヤシイ行動をとっていた我々…。

1DSCF3916.jpg

こちらのチラシも友人が持ち上げてくれてます。

ん~それにしても食欲をそそる絵じゃありませんこと!?