猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する4月の読んだものとかメモ

LIFE

<4月に読んだ本>
廃疾かかえて/西村賢太(新潮文庫)
大人の女が美しい/長沢節(草思社文庫)

4月も後半になってようやく本が読めるようになってきた感じで、
今月読了したのはこの2冊。でも5月はもっと読めるようになるだろう。
西村賢太氏の著作は今『小銭をかぞえて』も読みかけていて、
若干お腹いっぱいになってきた感もあるけれど、
でもやっぱりおもしろいんだよなぁ、このお方。
しかし『廃疾かかえて』の帯のキャッチコピー、
「DV欲に憑かれ、恋人をいたぶり続ける男の止みがたい宿痾。」
というのはやや煽情的すぎるというか、貫多(主人公の名)の本質とはかけ離れているように
思えて違和感というか不快感。帯に反応、っていうのもなんだけど。
長沢節氏の本はあまりよく知らずなんとなく手にとったのだけど、
この方のものの考え方、ものすごく好きだなーと思った。
とくに今の自分の心境にはまった箇所を引用させていただく。

 差別がいけないのは、それが必ず間違いだからである。差別は倫理や道徳の間違いではなしに、事実の間違いだからいけないということなのだ。たとえば次の通り。
「女はバカだ」……必ず私よりリコウな女が多いから嘘になる。
「ユダヤ人はケチだ」……私のほうがもっとケチ。
「朝鮮人は信用できない」……私のほうがずっと……。
「黒人は脚が長い」……私より短い黒人もいる。
「白人は色が白い」……日本人より黒いのがいっぱいいる。
 つまりみんな大嘘で事実として正しくない。



長沢氏が本書で書かれている趣旨とはずれるのだけれど、
どうして「事実の間違い」による差別が起きるのかと考えると、
やっぱりその原因は「無知」と「無関心」にあるのだろう、というところに行き着く。
それについては昔から多くのひとが語っていたし、
わたしもそのことについて考えることはこれまでもしてきたつもりだったけれど、
今ほど強い痛みをもって、無知と無関心の罪、
それによって起きる事実の誤認と差別の罪を感じているときはない。
罪、という表現が適切なのかはわからないけれど、
それがどれだけひとを傷つけることなのか、ということを
今までほんとうの意味で自分の問題として考えてこなかったことが恥ずかしいし情けない。

と本から話が脱線してしまったけれど、今月は映画も1本も観なかったなぁ。
でも今月はたくさんのお友達に会えた。
軽い書き方になってしまうけれど、お友達のみなさんに会う度に、
あるいはメールやブログのコメントなどでやりとりをさせていただく度に、
素晴らしいひとたちに巡り会えて、仲良くしてもらっているわたしという人間は
なんて恵まれているんだろう、としみじみ思った。感謝。

今月ブックマークしたネット上の記事は福島第一原子力発電所関連のものにかなり偏った。
それに対して思うこと、感じること、考えることを、
わたしはわたしの言葉できちんと語れるようにならなくては、と思う。
この件についてはお酒を飲んでくだを巻くだけではなく、
文章にしてみても相当怒りにまかせたものになってしまっており、
とてもそのまま読んでもらえるようなものじゃなひ~
こんなんじゃ何も伝わらないな、ということは自分でもよくわかる。
また話はずれるけれど、先日同郷の友人と話したときに、
「地元のひとや地元出身のひとがどれだけ主観的に地元の窮状を訴えたところで、
結局他の地域のひとには聞いてもらえないし、わかってもらえないんだよ、
あの地から離れた場所にいるひとが客観的な立場から事実を語ってくれなければ
わかってもらえないんだと思う」と友人が言っていたのだけれど、
それも確かに一理あるのかもなーとも思った。
わかってくれているひとはわかってくれているともちろんわかっているけれど、
伝えることの難しさとして。

そういう意味でも、そして極めて個人的な距離感を通しても、
この記事はぜひ多くのひとに読んでほしいと思った。
読んでほしいです。

この記事のみを表示する今夜も憤り

LIFE

3年前の冬、母方の祖父が亡くなった後、
祖父がとてもかわいがっていた犬の「2代目ピーコ」(フルネーム)は、
それからしばらくの間、いっさい何も食べなくなったのだという。
みるみる痩せて、毛が抜けて、体のあちこちに禿げができていたらしい。

誰かが祖父の死をピーコに教えたわけではなくとも、
祖父が遠くへいってもう戻らないことをピーコは感じとっていたのだろう。

そして泣いたり叫んだり、人間のように感情を外に出すことはできず、
悲しさや淋しさが癒えるまで、ただじっと耐えていたのだと思う。
何も食べないのではなく、何も食べられなくなっていたのだな、ピーコ。

一時帰宅も許されない原発3キロ圏内の町にある叔父の家の裏庭で、
ピーコは今頃どうしているのだろう。
ある日突然大地震が起きて、家のすぐ近くまで津波がきて、
さらに原発事故が起きて、その翌朝には避難指示が出て、
あの一帯のひとたちはバスに乗って一斉に町を離れなければならなくなってしまった。
叔父一家もピーコを連れていくことはできなかったはずである。
大きな体に繊細な心をもつ甘えん坊のピーコは、
それをどんな気持ちで見つめていたのかな。
あの土地が異常な事態に襲われていることは身体中で感じとっていただろうけれど、
家族はすぐに戻ってきてくれるだろう、と信じていたのじゃないのかな。

家族のほうも。
こんなに長くなるとは、
ましてや帰れなくなるなどとは思っていなかっただろう。


この記事のみを表示する憶えてもらえているということ

LIFE

1DSCF3293.jpg


昨夜は、かつてインドネシア語のクラスで学びの時間を共にした、
MさんとMさんの奥さま、そして娘さんのYちゃん、
ミキちゃん、ナホちゃんとブリマデへ。

ミキちゃん、ナホちゃんとは去年のケメちゃんご一家来日時に再会し、
その後も一緒にご飯を食べたりしましたが、
Mさんご一家と再会するのはほとんど10年ぶりくらいでありました。
インドネシア語のクラスに通うのをやめてから、
連絡をとりあうこともなくなっていたのですが、
3月の震災、そして長引く原発事故でわたしの家族のことをご心配くださったMさんが
メルアドを知っているナホちゃんにご連絡をして下さり、
それがきっかけでこうして久しぶりの再会に至ったのであります。

わたしが驚き、そして感激したのはMさんがいろんなことをよく憶えてくださっていること。
インドネシア語のクラスに通っていた頃、
わたしが故郷の話をしたことをMさんは憶えてくださっていて、
ニュースを見ているときに「gunungさんの故郷ではないか」と
思い出してくださったそうなのですが、
わたし自身はMさんに故郷の話をした記憶はすでにないのでありまして(汗)
でもMさんから「かつての自分が話した自分の故郷の話」を少しうかがって、
そっかーわたしはあの頃も故郷大好き人間(笑)だったんだなぁと思いました。

憶えていてもらえて、思い出してもらえることって、
とてもとてもありがたいことだなと思います。

Mさんは、ミキちゃんやナホちゃん、インドネシア語のクラスのひとりひとりのことも
よく憶えてらっしゃって、すごーい!!
そして自分はいろんなことを忘れすぎ。

Mさんのお話を聞いていて感じたのは、
Mさんは「ひと」が好きで、関心をもって誠実にひとと接しているのだなぁ、ということ。
だからこそあんなにも憶えていることができるのだろうな、と。
根本に深い人間愛があるのだなぁ、と思います。
そしてそういう方は間違いなく「仕事もできる」わけでありまして、
Mさんご自身のお仕事のお話や、Mさんがいろいろ勉強されてお考えになられている
今後の日本のエネルギー問題のお話などにもただただ刺激を受けるばかりでした。

できることなら原発の話は避けてお酒を飲みたい今日この頃ではありますが
(どうしても個人的な怒り爆発モードになってしまうので)
でもやっぱり自分たちの日常に重くのしかかるその話には自然とつながっていくのでありまして、
そしてその話になれば怒りや不信感や不安や悲しみについて語らずにはいられないのですが、
でも最後には、たとえ何十年先であっても3.11前よりももっといい国になるといいね、
今のこの状況をしっかりとそのための機会にしたいよね、と心から肯き合うのでありました。
ひとそれぞれにいろんな意見があると思うけれど、決して楽しい話題ではないけれど、
やっぱり話すことを避けるのではなく、話し合うことが大事なのですな。

ところでMさんの娘さん、Yちゃんは10年前にお会いしたときはまだ16歳くらいだったのかな?
当時インドネシア語の先生(とても素敵なイブ)のお宅で開催されたパーティでお会いしたのですが、
そしてこれまた自分には記憶がないのですが(滝汗)
酔っ払ったわたしがビールを片手に「ビンタン♪ビンタン♪」と歌っていた姿が
高校生のYちゃんにはとても強烈だったらしく……
結果的に、
「お酒を飲むって、あんなに楽しいことなんだ!」
と飲酒に対して非常にポジティブなイメージを持ってくれたそうなのです~。

つまり、わたしの酔っぱらいぶりも少しはひとの役に立ったということ!?
いや、役には立っていないと思いますが、ええ。
でも10年たってYちゃんとも一緒にお酒を飲めるようになってほんとうれしいわぁ、おばちゃん。
そう、お酒を飲むのは楽しいことさ♪
また楽しく飲みましょうね!!

この記事のみを表示するとらちゃん

TOKYO

1DSCF3412.jpg


こだまでしょうか。

とらちゃん、って呼ぶと、
ニャア、と応える。

こだまでしょうか。

とらちゃん、って呼ぶと、
ニャア、と応える。

こだまでしょうか。

とらちゃん、って呼ぶと、
ニャア、と応える。

こだまでしょうか。

ちゃうー!! それはこだまじゃなくて返事やー!!

ちゃうー!! それはこだまじゃなくて返事やー!!(これはこだまです)


名前を呼ぶとニャアニャア鳴いて駆け寄ってきてくれるとらちゃん、
も~かわいくてたまらないっ!
飼い主さんは「このコ、かまってくれる人なら誰でもいいのよー」とぼやいていましたが、
ご近所のとらちゃんファンの女性と「この“ニャア”にやられちゃうのよね~」
「ですよね~」なんてちょっとした会話を交わすのも楽しく、
とらちゃんに心をあたたかくしてもらっているカマターな日々でごんす。

ところで明日は区議会議員選挙ですね。
ちんこ先生が出馬を断念されたことがとても残念です。
まーそもそも区も違うんだけど~
かなり笑わせてもらえたことに感謝☆

この記事のみを表示するTSバビスタンプby鯔ちゃん

BALI―タンジュンサリ

1DSCF3388.jpg

以前、こちらの記事でアップしたことのある、
タンジュンサリのレシートのバビちゃん↑。

その記事をアップしたときに、鯔ちゃんと下記のようなコメントのやりとりがありました。


鯔ちゃん:
で,何このレシート,可愛いじゃない!
絵の部分だけ切り抜いてどこかに張っておくべきだよ~.
特にバビグリンの絵,いいなぁ.
消しゴムスタンプに加工しちゃおうかな~.
怒られるかな(笑)

gunung:
鯔ちゃん、消しゴムスタンプに加工できるの?
それはスゴイ!!
ぜひ作ってくださいませ~!!

「ぜひ作ってくださいませ~!!」とわたしはとても軽い気持ちで書いて、
その後は引っ越しのドタバタなどでこのバビちゃんのことも忘却の彼方だったのですが。

にゃんと!!
鯔ちゃんは作ってくれていたのですーっ!!

1DSCF3392.jpg

見てっ、この細かさ!!
わたしがアップした記事の画像(ものすごく粗い)を元に、
こんなに細やかに彫ってくれているんですっ!
びっくりだ~!!
鯔ちゃんは「簡単だよ~すぐできちゃうよ~」的なことをおっしゃっていたけど、
手先の不器用すぎるわたしにゃぜーったいできません~

このままミニ彫刻として飾っておきたい気もしましたが、
せっかくのスタンプなので、押してみました♪

1DSCF3397.jpg

うちには茶色のインクしかなく茶色で押してみましたが、
かわいいよう~!
ペタペタあちこち押しまくっちゃうよう~!
鯔ちゃん、ありがとうー!


それにしても鯔ちゃんってば、すごいどな!?



この記事のみを表示するありがとう、のカラオケナイト

LIFE

1DSCF3360.jpg

俺がたたかう た~た~か~うぅぅぅ~~~

と、唐突な始まりですが、
このフレーズを読んだだけで、誰のどの曲かおわかりのあなた(誰よ?)はさすがですな☆

そう、この曲はヒデキのジャガー!!
阿久悠先生の詩、かっこええ~

そしてもっとかっこいいのはこのお方!

1DSCF3361.jpg

ジャガーを熱唱する、ヒヨコ・イン・ザ・ワールドのFukunosukeさんです!!
(写真、微妙すぎてごめんなさい~)

しゃべるな 何もいうな 目を見ろ 何が見えた
炎が見えたか 君を愛する炎が見えたか


しびれる~っ!! セリフも完璧なんです、Fukunosukeさん。
そしてFukunosukeさんの歌はソウルフルでとてもいいっ!!
ソウルフルとはソウルシンガーみたいってことではなくて
言葉のひとつひとつにソウルが入っているということであります。

なにしろ歌いたがり(というか絶叫したがり)のこのあたくしが、
自分が歌わずにず~っと聴いていたいと思うくらいよいのですよ、
お世辞ではなく、本当に。
その曲のよさや歌詞の伝えたいことがとても伝わってくる~!

と聴いて感動、歌って絶叫のあたくしめ、カラオケ店ではいつもテンション高すぎです。
そんなハイすぎるわたしの心を落ち着かせてくれるのがこのお方!

1DSCF3367.jpg

hiyokoさん♪
hiyokoさんのやさしく語りかけるような歌声、とても好きなのです~。
うまいたとえがみつからないのですが、
ソウルフルなFukunosukeさんと絶叫マシーンのわたしの間で
場の空気を整えてくれる、のど越しさわやかなチェイサー的存在といいますか。
って、あああーほんとにたとえがへたくそすぎる、わしー!!
でもそうなんです。
自らの絶叫で場の空気をかき乱しているわたしが言うのもなんですが、
hiyokoさんの歌声にはとてもほっとさせてもらってます。
だのにわたしは全然ほっとさせることができなくて申し訳ないです。
でもホットにはなってもらえてるかな!?(あああー我ながら寒すぎるダジャレ)

これは先週の金曜日、2月の時点で4月に開催することが決まっていたオフ会の、
3次会でのカラオケです。
その詳細なレポートはFukunosukeさんのこちらの記事をどうぞ!

こうして約束どおりにみんなに会えたこと、
とてもうれしかったです。
どうもありがとう。

そしてこの夜はなんと!
Fukunosukeさんとhiyokoさんがわたしのためにある曲を歌ってくれたのでありました。
自分のために歌を歌ってもらうというだけでもかなりウルウルだったのですが
その歌が今の自分の心のとても深ーいところまで届きまして。
原曲も後日hiyokoさんが教えてくれた動画で聴きましたが、
そしてそれももちろんとても素晴らしいのですが、
でもFukunosukeさんとhiyokoさんの歌声だったから、
この夜、あんなに心に響いたのだろうなぁと思います。
全然うまく言葉にできないけれど、
深夜のカラオケボックスで暗い暗い心の奥深くにやわらかな光が射した、
なんだかそんな感じでありました。
どんなに変わっても、変わらないものは確実にある、
ということを強く信じる気持ちになれました。
ほんとに自分にしかわからない文章ですみません。
でも心からありがとう、Fukunosukeさん、hiyokoさん!!
とてもうれしかった。うれし泣きっす。

その曲の動画はチェックが厳しいらしくすぐに削除されてしまうらしい
(教えていただいた動画ももう観られなくなってる??)ので、
歌詞のサイトだけリンクさせていただきます。

my home town


この記事のみを表示する春の蒲田より

TOKYO

1DSCF3324.jpg

1DSCF3314.jpg

1DSCF3316.jpg

1DSCF3317.jpg

1DSCF3290.jpg

蒲田は何気にお花タウン(何気に、とかいっては失礼ですね。スマヌ)。



この記事のみを表示するおはよう

TOKYO

1DSCF3268.jpg

お蒲田も、春。(あたりまえだが)


この記事のみを表示する27Mar2011葉山

LIFE

1DSCF3226.jpg

風に揺れる昆布。

1DSCF3228.jpg

猫を追う猫と、猫を追うひと(=あっし)。

1DSCF3230.jpg

お仕事をしているひとを観察する猫。

1DSCF3234.jpg

うたた寝する猫のそばで、一緒に眠りたくなるひと(=あっし)。

1DSCF3238.jpg

海辺で猫と遊んでいる間に、友人がおひるごはんの用意をしてくれていた。

1DSCF3243.jpg

ひとがつくってくれるごはんは、ほんとうにおいしいなあ。
ベーコンと長葱だけのソース焼きそば、うんまい!

1DSCF3246.jpg

ごはんのあとは、またひとりで海へ。

1DSCF3247.jpg

いい出汁、とれそう。

1DSCF3253.jpg

猫たちにたくさん遊んでもらった。
1時間くらい一緒にいたらとても別れ難くなってしまった。

1DSCF3254.jpg

わたしの3月27日はこんな日だったよ、って
ただそれだけの話でありました。