猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する3月の読んだものとかメモ

LIFE

<3月の読みかけ本>
とうに夜半を過ぎて/レイ・ブラッドベリ 小笠原豊樹・訳(河出文庫)
トモスイ/高樹のぶ子(新潮社)
ヒヨコの猫またぎ/群ようこ(文春文庫)
山県有朋/岡 義武(岩波新書)
人間はどこまで動物か/アドルフ・ポルトマン 高木正孝・訳(岩波新書)
人びとのアジア―民際学の視座から―/中村尚司(岩波新書)

<3月に観た映画@ギンレイホール>
ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ
クロッシング

<3月にブックマークした記事>
●↓3月の初め頃に読んで感心していた。
ネコ、足るを知った食生活 栄養を自分で調整 英研究(朝日新聞)

●↓3月の終わりに、心の中で静かに肯いた。
絲山秋子さんの日記

●↓わたしも2011年春、東京の片隅にいるのだよな。
2011年春、東京の片隅で。(龍之介のBLOG)

●↓わたしの「ラオスに行きたい」熱を高めてくれた大好きなブログで知った、
気仙沼のこと。
時の過ぎゆくまま(Rio Despacio)


あと1日あるけれど、今月の読んだものとかを簡単にまとめてしまいます。

3月の読みかけ本、というのは、3月の初めに神保町に行って、書店や古書店で買い求めたもので、すべて同時進行で気が向いたときにページをめくっていたのだが、あの日以降は本を読んだり、映画を観たりする気分にはなれなかった(音楽は通勤中に聴いていた)。
しかしどうにもこうにも気持ちが沈んで、こりゃいかんなと思ったときに、読みたいな、と心が求め始めた。あのひとの言葉や文体に触れたいな、と。
あのひと、とは村上春樹氏である。
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が読みたい。でも長編小説に向かう気力はまだちょっと、ない。
そこでごく最近やっと、短編小説集『神の子どもたちはみな踊る』の中の『アイロンのある風景』と表題作の『神の子どもたちはみな踊る』を読んだ。言葉が心にじわじわと沁み込んでいくようだった。

善也は黙って田端さんの手をとり、長いあいだ握っていた。胸の中にある想いを相手の手に伝えようとした。僕らの心は石ではないのです。石はいつか崩れ落ちるかもしれない。姿かたちを失うかもしれない。でも心は崩れません。僕らはそのかたちなきものを、善きものであれ、悪しきものであれ、どこまでも伝えあうことができるのです。神の子どもたちはみな踊るのです。
『神の子どもたちはみな踊る』/村上春樹(新潮社)



この記事のみを表示する葉山の夕暮れ

LIFE

1DSCF3197.jpg

実際はもっと美しかった、週末の富士山。

1DSCF3199.jpg

葉山のおともだちが、わたしのことをいろいろ気遣ってくれて、
遊びにくるよう誘ってくれた。

1DSCF3195.jpg

心の中にたまりにたまっている気持ちを率直に吐き出してみたら、
やりきれない感情はほとんど「怒り」の言葉に転換されていた。
やべえやべえ。
この先ずっと怒りをぶちまけながらお酒を呑むつもりかよオレ。
そういうの、やめよう、と思った。
もうやめよう、と素直に思えたのは、
「うんうん」とすべて黙って聞いてもらえたから、だと思う。

こんなに自分のことでいっぱいいっぱいのわたしが
ひとのために何かしたいなんて思うこと自体がおこがましいのだけれど、
ひとを力づけるためにはどうしたらいいのか、ということを
この週末、葉山のおともだちから教わった気がする。
というか、自分がしっかり力づけてもらいました。
とにかくただただ甘えさせてもらった。
甘えることも必要なのだと思ったよ。
とりわけあちこち弱っているときには、ね。


いただいた力で、家族にすんごくくだらない手紙を書こうと思う。
くだらなすぎてブーイングがくるくらいのヤツ。
「あーしょうもね」って最後に手紙を放り投げたくなるようなヤツ。
でも確実に笑えるヤツ。バカバカしすぎて笑わずにはいられないようなヤツ。
ハードル高いで~。
そしてブログで宣言したことでさらに自分の首をしめるわけなのら~

1DSCF3204.jpg

クロちゃんにもまた会えた。
葉山の海岸には顔なじみ(とただわたしが一方的に思っているだけなのだが)の猫が数匹いる。
漁師さんが、「こいつらみんな野良だけど、飼い猫と同じなんだよ」と教えてくれた。
どの猫もみんな、通り過ぎる漁師さんたちに
「○○ちゃん、おなかすいてないかー」とか話しかけられていたり、
猫のほうから漁師さんに近づいていってニャーニャー話しかけていたり。

1DSCF3207.jpg

クロちゃんがクロちゃんという名前だということも、
漁師さんたちがそう呼んでいたから知った。
クロちゃん、まだ寒い日は続いているけれど、
よくこの冬も乗り越えたね。
また会おうね。
会えますように。

この記事のみを表示するわたしに必要な「つぶやき」

LIFE

ケラリーノ・サンドロヴィッチさんのツイッター
以前から愛読しておりますが(ツイッター以前は氏のブログを愛読)、
ここ最近のケラさんのツイートを読んでいると、
なんといいましょうか、個人的には非常に実質的な元気が出てくるといいましょうか
そのひとときはわりかし平常心に戻れるといいましょうか、うむ。
いや、元気もあるし、平常心で仕事もしている(つもり)のですが、
しかし自分の中に何かが決定的に足りなくなっていて、
その足りないものを補ってくれる感じといいましょうか
(なんなんだーこのわかりにくい文章はー)

そんなわけで。
今日はこの↓ツイートに吹いたので貼らせていただきます。
昨日とか今日のツイートですからね。おもしろすぎ。

相撲に八百長が発覚したらしい。
about 20 hours ago Keitai Webから


あと、この↓ツイートもいかす。

かなり信憑性のある噂では、「ケラ&ザ・シンセサイザーズ」のアルバムを買い占めておかないと、やばいらしい。
Fri Mar 18 2011 16:12:33 (Japan Standard Time) Keitai Webから


さらにさかのぼり、

愉快なだけのツイートをすると、とたんに、あちこちから「必要なことだけ呟け」とか言われるらしいけど、無駄でしょーもない呟きも、今必要とされてるのではないですか、どうですか、あ、そうですか。
2:12 PM Mar 14th Keitai Webから


わたしは必要としています。

コピペさせてもらいまくりでスミマセヌ。
サンキューケラさん。



この記事のみを表示する泣いても仕方ないけれど

LIFE

涙がぼろぼろ落ちてきてとまらない。

福島第一原発のあるところは、
母が生まれ育った場所。
そこでずっと暮らしていたじーちゃんとばーちゃんは鬼籍に入ったけれど、
叔父や従兄弟たち、親戚は今も暮らしている。
きっと今は避難しているはずである。
無事を祈る、というより、信じる、と思っていた。

だけどすでに被曝している住民の方がいるというニュースを見て、
身内の者がどうだとかそういうこととは関係なく、
ただ自分の知っているあの町の風景とかひとの姿がまぶたの裏によみがえってきて、
ただ涙がぼろぼろ出てくる。
なんなんだろう、これ。

あまり感情的なことをブログにアップするのは抑えたいけど、
どこかに吐き出さずにもいられなくてごめんなさい。

電話は相変わらず通じない。




この記事のみを表示するおかまたスパ

FOODS

1DSCF3079.jpg

↑おかまた某所にてある日オーダーしたスパゲティボンゴレ。
わかめと玉ねぎと小ねぎ入り、で、スープは限りなくしょうゆ味。
とても意外性のあるボンゴレでした。

1DSCF3111.jpg

↑同じお店のカレークリームスパゲティ。
アスパラの肉巻き添え。
このときはクリーム8:カレー2、くらいの感じでしたが……

1DSCF3119.jpg

↑2度目にオーダーしたときはクリーム6:カレー4、くらいになっていました。
アスパラ肉巻きのカッティングもきれい。
実は1度目と2度目は、同じ週の確か月と金だったと思うのですが
短期間で着実にバージョンアップ?していることになんだか感心。

1DSCF3064.jpg

↑画像の時系列がめちゃくちゃなのですが、
このお店で初めていただいたのは、この生ハムとアスパラのクリームスパゲティでした。

1DSCF3131.jpg

↑いちばん最近いただいたのは、このたらこクリームスパゲティ。
これ、なんとベーコンまで入ってます。
若干塩気が強いのでビアが飲みたくなります!?

以上、すべておかまたの同じお店であります。
ザ・イタリアン~というのではなく、
ザ・家庭の味~(でも独創的)なスパゲティの数々と
食後もゆっくりコーヒーを飲めるところが気に入っております。
しかしこんなに頻繁に通っていれば無理もないんだけど
いつもありがとうございます」と
店員さんにいわれるようになってくると、
どーも恥ずかしくなっちゃうんだよねーとほほ


この記事のみを表示する3月の読んだものとかメモ

LIFE

ネコ、足るを知った食生活 栄養を自分で調整 英研究(朝日新聞)
食べ物やごみ放置…セルフネグレクトの高齢者1500人(朝日新聞)

この記事のみを表示する2月の読んだものとかメモ

LIFE

<2月に読んだ本>
村上春樹 雑文集/村上春樹(新潮社)
苦役列車/西村賢太(新潮社)
二度はゆけぬ町の地図/西村賢太(角川文庫)
それからはスープのことばかり考えて暮らした/吉田篤弘(中公文庫)
おばあちゃんの台所修業/安部なを(中公文庫)
予定日はジミー・ペイジ/角田光代(新潮文庫)
どうで死ぬ身の一踊り/西村賢太(講談社文庫)

あまり本を読めなかったな2月。
とくに印象深かったのは西村賢太『どうで死ぬ身の一踊り』に収められている『墓前生活』。
実際、読み終えたときに目頭が熱くなってしまったほどだった。
『墓前生活』の中に、
「その作家の他の著作も探し始めたが、小説、戯曲、随筆を問わず、一篇ずつ発表当時の掲載誌を入手して読んでゆくごとに、この生き恥にまみれながらも、ひとつの意志を持ち続けていた旬情の人物のことが頭から離れなくなっていった」
と、西村氏が藤澤清造氏について書いている一文があるが、
西村氏自身も「生き恥にまみれながらも、ひとつの意志を持ち続けている旬情の人物」
であることが、氏の小説の魅力なのだという気がしている。


<2月に観た映画>(allギンレイホール)
トイレット
オカンの嫁入り
トロッコ
冬の小鳥

すべて飯田橋のギンレイホールで2本立てを観賞。2月はロードショーは1本も観に行けず。
『トイレット』はピアノがよかった。スカートもよかった。
『オカンの嫁入り』は会社員だった頃のあおいちゃんが通勤時に着ていたコートが素敵で、手袋と髪留めをオレンジでそろえていたのも可愛かった。でもああいうことをする男をそのまま働かせる会社って……となんかその点においてひじょーにムカついた。
『トロッコ』のブライアン・チャンがよかった…というか好みのタイプだった。
そしてHPを観てチャン・ハンがチャン・チェンの実兄ということを初めて知った…そうだったのか!
かつてかなり夢中だったのです、チャン・チェン。
そしてリー・ピンビンのカメラワークはなんというか詩情にあふれてやっぱりよかった。
『冬の小鳥』はパク・ミョンシンがよかった。
そして物語だとはわかっていても、映画館を出てからあの子たちのこれからの幸せを心底願った。

<2月にブックマークしたネット上の記事など>
●↓この記事自体にはなんの恨みもないけれど、いわき~仙台間に地元駅がある一常磐線民として
「いいじゃんいままでどおりスーパーひたちを走らせれば!」と、JRに対する不満がおさまらない
いわき~仙台間の特急列車愛称を募集(鉄道コム)

●↓わたしも衝撃を受けた
http://twitter.com/penguinsproject/status/1206360810
平成生まれの女子高生たちは、年上好きであることを「昭和専」と呼ぶらしい。今日それを知って金槌で殴られたような衝撃を受けた。

●↓ある方のツイッターで知って、まじで声をあげてワロタ
おっぱいを再現(ARuFaの日記)

●↓実は愚直で優しい性格だった……って……
「悪役」山県有朋、日本近代史で再評価 実は愚直で優しい性格だった……(日本経済新聞)

●↓たぶん、わたし、以前このジュゴンを鳥羽水族館で観たことがありました。
ご冥福をお祈りします
飼育記録世界一、鳥羽水族館のジュゴン死ぬ(朝日新聞)

●↓またなにかアホなことを言ったようだねーとニュースを読み流していて
その発言についてなにも考えない自分がいちばんアホじゃな、と思った
方便について(内田樹の研究室)

●↓このコーヒーガム好きだった、懐かし! というだけのリンク
コーヒーガム再び ロッテ、人気ガム3種類を復刻(朝日新聞)

●↓「徳性」ということをこの頃よく考えるのです…
そしてわたしの食生活における究極の目標はこの方の日々の食卓なのです
徳性(Patra Ichida@Blog)

●↓占いだけど、一般論としても言い得て妙だなと思った
2011/2/28-3/6 おとめ座の空模様。(筋トレ)
「人と関わるということは、
相手にどう思われるかわかりませんし、
自分の未熟さに気づかされたりしますし、
辛い側面も多いと思うのです。
でも、そうした辛さを引き受けてでも
会う
ということが
貴方の強さや可能性をぐんぐん引き出してくれそうな感じがあるのです。」


2月は、この2~3年、ずっとやめたいと思いながらも
習慣化していてやめられなかったことを、ついにやめた。
その結果、この2~3年どうも自分の中から遠く離れがちだった
「心の安定」を少しずつ取り戻してきた。

そしてずっと自分にはできないことだと決めつけていたことを、やった。できた。
その結果、あくまでも観念的な話だけれど、わたしはようやく行きたい場所に行ける
ハンドルを手に入れることができた、と思った。
ちゃんと操縦していけば、きっとどこまででも行けるのだという手応えを得た。
それはわたしが生きていくうえでもっとも重要なことで、
もっともうれしいことなのだということもよくわかった。
でも操縦をさぼったら、もちろんそのハンドルがすぐに錆びついてしまうこともわかっている。
カモンカジノドライブ、の心意気で3月も進んでいかなくては。