猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する1月の読んだものとかメモ

LIFE

<1月(年末からの正月休み含む)に読んだ本や漫画など>
マナをめぐる冒険 魂を潤す究極のレシピ/将口真明(講談社)
蛍・納屋を焼く・その他の短編/村上春樹(新潮文庫)※再読
バガボンド(33)/井上雄彦、吉川英治(モーニングKC)
きのう何たべた?(4)/よしながふみ(モーニングKC)
チャンネルはそのまま!(1)~(3)/佐々木倫子(BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
聖☆おにいさん(6)/中村光(モーニングKC)
四月の海賊たち/五木寛之(文春文庫)※20年以上ぶりに再読
変身/カフカ、高橋義孝(新潮文庫)※20年以上ぶりに買い直して再読
挽歌/原田康子※昭和51年に講談社から発行された単行本を再読
ノルウェイの森(上)/村上春樹(講談社)※再読
ノルウェイの森(下)/村上春樹(講談社)※再読
掌の小説/川端康成(新潮文庫)
フランス女性は太らない/ミレイユ・ジュリアーノ、羽田詩津子(日本経済新聞社)
やせれば美人/高橋秀実(新潮文庫)
身体のいいなり/内澤旬子(朝日新聞出版)
本に読まれて/須賀敦子(中公文庫)※再読
あと千回の晩飯/山田風太郎(朝日文庫)
暗渠の宿/西村賢太(新潮文庫)


<1月に観た映画>
ヤギと男と男と壁と
ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
ノルウェイの森
僕と妻の1778の物語
ペルシャ猫を誰も知らない
闇の列車、光の旅

<1月にブックマークした主なネット上の記事など>
ワープって出来る?「時空の抜け道」名大教授が検証法(朝日新聞社)
コピペはダメだよ、について(内田樹の研究室)
arati(DON's New Directions)
耳かきで分かるあなたの先祖 意外な勢力(日本経済新聞)
Twitter/横尾忠則
――「犬神というのがあるが、例えば困っている野良猫にあわれみを寄せるだけで、助けてやらないと、その人につくということらしい。情もほどほどにしなければならない教えだ。」

読者を育てる制度(佐々木譲の備忘録)
山中温泉、ノリノリビートルズマップ ファンに大受け(朝日新聞社)

今月とくに興味をもったのは「短編小説」「読む・書く」「身体」のこと、など。
身体のことというのは1月の上旬は毎年恒例「正月太りを解消し今年こそはンkgやせるぞ!」ということで、その辺の意気込みから手にとったのが『フランス女性は太らない』『やせれば美人』でしたが(ただしこの2冊は実用的なダイエット書とはちょっと違う趣)、中旬過ぎからは仙腸関節炎という名の腰痛になり、その痛みゆえにダイエットどころか日常のさまざまな行動をややセーブせざるを得なくなり、気持ちまでなんとなくダウナーに。打たれ弱すぎ。でもまあ動きが困難だったのはほんの一時期のことでそれほどたいしたことではなかったのだけれど、しかしながら自分なりに参っている状態で読んだ『身体のいいなり』は身につまされるところが多かったです。

そして短編小説では川端康成氏に敬服。『掌の小説』は短編よりもさらに短い掌編小説集ですが、その短さの中での物語の運び方に職人技のようなものを感じるというか、本当にお見事……ってこれほどの文豪に対していったい私は何を言い出すんだって感じですが、川端氏、めちゃくちゃ文章がうまい!! 活字を追うだけで酔いしれてめまいがしそうなほど美しい日本語の使い方。
西村賢太氏は今回の芥川賞受賞をきっかけに興味をもち、まず文庫になっている『暗渠の宿』を読んでみたのですが、読み始めたらぐいぐい引き込まれて止まらなくなりました。今月読んだ本の中でもっとも強烈な印象を与えてくれた一冊。これまで出版されている小説、すべて読みたい。作中に書かれている藤澤清造氏に対する著者の敬愛ぶり、その純粋さと情熱と行動の美しさにハッとさせられ、自分の中でずっとくすぶっている潜在的な欲求みたいなものに気づかされ。西村氏、同い年なんだよなぁ。自分自身のあらゆる中途半端さがつくづくいやになるのでありますが、同時にポジティブな刺激も受けるのであります。

映画はギンレイホールのおかげでロードショーで見逃していた作品を2本立てで観られるのがありがたく、とくに年末年始にかかっていた『ハングオーバー』のおバカっぷりは初笑いにぴったりでした。おバカ万歳!あそこまでの二日酔いにはぜーったいなりたくないけどいやはや気をつけよう!?
『闇の列車、光の旅』は個人的に若干トラウマになりそうなシーンもあり、観た夜はこの映画のことをいろいろ思い出してなかなか寝つけなかったりとか、なんだかすごく頭と心に焼きついた感じ。わたしにとってはまったく気が休む暇のない映画で濃い時間を過ごせたけれど、ああいう現実が確かに世界にはあるのだということを日常めったに想像しようとさえしていない自分が恥ずかしくもなりました。同じような思いを、『ペルシャ猫を誰も知らない』に対しても。
ところで今月再読した原田康子の『挽歌』は過去に何度か映画化されているようですが、もし今また映像化されることがあるとしたら主人公の怜子役は水原希子さんがいいなと勝手にキャスティングしたくなるくらい、映画『ノルウェイの森』の緑役の水原希子さんはよかったな(我ながらほんと思考回路が狭いわけじゃが)。


*一部、リンクやお名前の誤記があり失礼しました

この記事のみを表示する1月の神楽坂ランチメモ

FOODS


★想いの木★

foodpic889355 (1)

とても評判のよいインド料理屋さん。
ランチのラッシーとサラダは日によって替わるらしく、
この日はブルーベリーラッシーとひよこ豆のサラダ。

foodpic889358.jpg

わたしがオーダーしたのはカリー(大地の恵みカリーを選択)とナンとタンドールチキンのセット。

★Arrivee★

foodpic897514.jpg

夜はバーで(※公式HPがないようなのでこちらの記事をご参照くださいませ)
お昼はバーのオーナーのお母様がランチ営業をされているそう。
ランチは1種類のみですが

1aDSCF2789.jpg

お惣菜たっぷりの日替わりワンプレートがうれしい楽しい美味しい!
この日は塩トマトと生野菜のサラダ、肉じゃが、青パパイヤとにんじんのマリネ、
れんこんのきんぴら、大根の葉とじゃこと小魚の炒め物(ふりかけ風)、
大根の酢漬け、小松菜の漬物。

さらに

foodpic897513.jpg

沖縄そばと御飯とコーヒーもついて650円とはあまりにも良心的!!
この沖縄そばがまたシンプルなのにしみじみ味わい深いのであります
(おかあさんは沖縄出身なのだそうです)。


★葉歩花庭★

1a0DSCF2684.jpg

↑「寄り道ミニコース」の中のパレット(本日の冷温菜の盛り合わせ)

友人と今年初の会食だったのでちょっと贅沢して懐石料理のランチ。
コースはこのほか先附(うにのジュレ)、主菜(天ぷら盛り合わせ)、
御飯(焼きおにぎりのお茶漬け)、プチデザート(イチゴとババロア)、

foodpic878310.jpg

さらに「今日は寒い中をお越しくださってありがとうございます」と
サービスで白子の茶碗蒸しも出していただき、とても感激。しかも超美味。


以上3軒に共通しているのは、一品一品本当に丁寧に作られていることが
その味わいから伝わってくること。
丁寧であること、っていうのは食べることにおいてもものすごく大切なんだなぁ・・・と
日頃のがさつな自分を反省しつつ、少しでもそのように近づきたいものだと思いました。
なんだか体と気持ちがきれいになるような食事でした、いずれも。

そしてもうひとつ、夜にまたゆっくり訪れたいなーというのも
どのお店にも共通して思ったこと。
うん、ぜひともまた夜に。

この記事のみを表示するBAR@Manggis

BALI―お宿訪問

foodpic892357.jpg

宿泊したことはもちろんありませんが
チャンディダサはマンギスにあるこのホテルのバーは大好き。

foodpic892348.jpg

世界一美味しいと思うサングリア、
ビスコッティの添えられたチョコレート味のクリームブリュレ、
グダンガラム、
白いブーゲンビリア

3人で訪れて、3人ともいつのまにか椅子に座ったままうとうとしていた、
海と風だけを感じる静かな静かな午後。


この記事のみを表示するBAR@Sayan

BALI―お宿訪問

1-1for.jpg

宿泊したことはもちろんありませんが
ウブドはサヤンにあるこのホテルのバーは大好き。
目の前に広がる美しい緑を眺めながらいただく昼酒も最高ですが、
強く降りしきる雨の音を聴きながらぼおっとカウンターで過ごした夜も忘れ難く。
雨の滴を吸いこんでいく夜の緑の匂いでこの空間が満たされていた、そんな記憶。
贅沢なことでした。


この記事のみを表示するバリの風、とどきました

BALI

1AADSCF2724.jpg

ハートマークの可愛い袋につめられた贈り物が届きましたのじゃ♪

1AADSCF2726.jpg

ナシゴレンの素&サンバルと生姜キャラメルと
砂糖&ミルク入りインスタントコーヒー
(このSinga印のkopi、初めて飲んだけどおいしー!)。

なんといっても

1AADSCF2728.jpg

このTING TING JAHEは私の大好物なりー!
(大昔にこの記事でもアップしてるなり~)

さらに!

1AADSCF2722.jpg

SOSRO~!
今はこんなパックのもあるのですねー。

さらに!

1AADSCF2723.jpg

柔軟剤まで♪ 
これは使ったことがないので楽しみ!

さらにさらに!

1AADSCF2731.jpg

バリカレンダーまで♪♪
(ちょっとまだ丸まった状態で撮ってます~)

1AADSCF2732.jpg

バリカレンダーの内容をすべて理解するのは
私には到底無理なことですが、見ているだけで楽しい。裏面とかもね↑。
しかも毎日このカレンダーを見ることで
「本日のバリ」を近くに感じられるような気がするというか。
それが自分の部屋の中にあるのってとってもうれしいんだなぁ。

しばらくバリ島から遠ざかっている私のために
「BALIの風がとどきますように」
というメッセージとともに送ってくださった可愛くてやさしいブロガーちゃん。
本当にどうもありがとう。

さらに

1AADSCF2733.jpg

ニャンコのコースターとカードも♪

心がほかほか温まりました。
とってもうれしいのでいつものことながら自慢満々!?の記事アップなりー。
本当に本当にありがとう。


この記事のみを表示する畏敬

TOKYO

1aDSCF2713.jpg

さてみなさま、『モヤモヤさまぁ~ず2』「神楽坂」の回はご覧になられましたかな?
興味のない方にはまったくわけのわからない話でスミマセヌー!!

ミーハーな私としましては番組内でさまぁ~ずが書いた
あの絵馬を見たいわーと思いまして
神楽坂の善國寺に参りました。

すると

1aDSCF2710.jpg

ということでありました。
そりゃそうだすよねえ。
というか、親切です、毘沙門天様。
寺務所の窓ガラスに貼ってある絵馬、しかと拝見致しましたです!

ところで、神楽坂に面するこのお寺では
道行く人々が足を止めて門前で手を合わせる姿を日常的によく目にします。

1aDSCF2714.jpg

ある日の昼間、やはり門前で手を合わせ、深々とおじぎをしているご年配の女性がいました。
ちょうどその時、坂の下のほうから外国人の男の子が勢いよく駆け上がってきたのですが、
キュキュキュッと自分の足元に急ブレーキをかけるようにしてピタッと止まりました。
くりくりっとした瞳の、褐色の肌の男の子。
その視線の先にはお寺に向かっておじぎをしている女性。
じーっと真面目な顔で女性の姿を見つめていた男の子は、
おじぎを終えた女性が通り過ぎると、お寺の門前へすっと立ち、手を合わせました。
そしてさきほどの女性がしていたように、深く深く頭を下げました。

なんだかとても大切なものを見た、
そんな記憶として脳裏に焼きついています。


この記事のみを表示する新車買いました

ANIKI

1aaDSCF2640.jpg

ちわっす。グヌンアニキ家の翔っす。
2000年代もいつのまにやら11回目の1月ですなぁ。
さて、今年も景気は悪いんでしょーか?
悪いんだろうなぁ、ガッハッハ(投げやりな笑い)

景気は悪いわそのうえなににこの寒さわな正月で顔色もなんだか青ざめきってますが
実はワタクシ翔、新車を購入しましたの♪ ウッフン(おネエな笑い)

その新車とは!! LOOK AT こちらじゃー!!↓

1aaDSCF2641.jpg

ぬぁんと外車っすよ、外車!! 
なんつってもタイランド車っすから!!

1aaDSCF2645.jpg

しかもエコカーっすよ、エコカー!!
なんつってもチャンビールの空き缶で作られてるんっすから!!

1aaDSCF2642.jpg

見よ、空き缶とは思えないこのクオリティ!

が、しかし、この新車にはひとつ問題が……

1aaDSCF2647.jpg

ある意味致命的な問題っす。
なぜならば乗車できるのはご覧のとーり、赤ちゃん限定、なんすっ!
せっかく2011年はBAKSO屋からトゥクトゥクドライバーへと転身しようと決意してたのにっ!

じっ、自分も乗れねえ~~~~


つーわけで

1aaDSCF2648.jpg

このトゥクトゥクはベビーカーとして稼働させることにしやした。

1aaDSCF2649.jpg

ベビーカーを押してお客様の目的地までお運びするのが2011年のあっしの仕事じゃ。

1aaDSCF2650.jpg

こげな商売で2011年アニキ界の景気回復は望めるのか?
いやアニキ界とかそんなでかい話じゃなくまずはオレ自身の景気がどーなんだってことなんすが。
いやいや振り回されるなオレよ世界情勢などには!(何の話やねん)
案ずるよりも一歩一歩進めい!進むのじゃあ~!

そんなわけで?実もう1台新車を入手しちゃいましたの、うっふん♪
それはこちら↓!!

1aaDSCF2652.jpg

またトゥクトゥクかよ!!

でもこのトゥクトゥク、

1aaDSCF2654.jpg

ぴよこちゃんよりも若干小さい(高さが)ミニミニサイズなんすよ、かわええでしょっ、うっふん♪

しかしもちろん誰も乗れねーっす。ベビーカー以上にベビーカーっす。
つーわけで

1aaDSCF2655.jpg

ベビーカーの屋根に乗っけてみますたぁ~♪
ベビーカーの上に乗るベビーカー……う~んオレってば2011年も冴えてるぅ~って、どこが?

1aaDSCF2657.jpg

そんなわけで2011年も9日も経つとゆーのに今頃ナンですが
グヌンアニキ家一同(右から1号、嵐(らん)、翔)、今年もよろしくっす。
ちなみに嵐(らん)と翔はネーミングBY横浜銀蝿っすから!
嵐(あらし)の桜井くんとか一世風靡セピアの哀川くんとは違うんでっ!
そこんとこ夜露死苦!!