猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するニャーちゃんのこと

ニャーちゃん

1DSCF2906.jpg

ニャーちゃんがいた頃の旧居にて。
階段にバリの友人ダヌさんからもらった木彫りをいくつか置いていたのですが、
上から2段目の隅っこにいる狼の木彫りもそのひとつ。

ある日、この狼に……

1-DSCF2667.jpg

猫パンチを食らわせていたニャーちゃん(笑)
同じネコ科同士?、しばらく狼とたわむれておりました。
(きれいじゃない写真でスミマセヌ~)

多くの家猫さんがそうなのかもしれませんが、
ニャーちゃんも家の中の変化には敏感でした。
例えばニャーちゃんの外出中に部屋の敷物を替えたりすると、
帰ってきた時に、あれっ? という感じでしばらくキョロキョロ、くんくんくん。
そして私のことをじーっと見て、

「なんか変わったよね? どうしたの?」

猫語はわからないけれど、しかし明らかにその時は無言でそう問うている、
それだけははっきりとわかったものじゃった。

一度、ご飯の時間にうっかりいつものカリカリを切らしていて、
ちょこっとだけ袋に残っていた別のカリカリをお皿に出した時も、
ニャーちゃんはしばしフリーズしていました。
そしてまた私のことをじーっと見て、

「どうして? どうして今日はこれだけ?」

「今買ってくるからちょっと待ってて~」と答えたら、
納得した様子でその少しだけのカリカリを食べ始めましたが……。

そんな感じで、意外と猫との会話ってしてるものですよねん。
……って話をしたいのではなかったのでありやした。

今年に入ってからずーっと旧居のベランダには近所の黒猫さんが来ていました。
そしてよく鉢にたまった雨水などを飲んだりしていました。
さらには日向ぼっこしたり、毛づくろいしたり、屋根の上で寝ていたり。
多分どこかのおうちの猫なのですが、別荘?として気に入っていたようでした。
しかし私が引っ越しの準備でベランダの鉢を動かしたり、
猫さんがくつろいでいたウッドデッキ(古くてボロボロ)を撤去したり、
ある日突然いろいろと変えてしまったので、とても戸惑っていた様子の黒猫さん。

なんだか申し訳ないなぁ……

という気持ちになってしまいましたわ…猫さんの居場所を奪ってしまったようで……。

今回の引っ越しにおいて感傷めいたものがあるとしたら、
唯一そのことだけですな。

引っ越しを決めるまで、ニャーちゃんが帰ってくることはまたあるだろうか、
ということは何度も何度も考えてみたけれど、ない、となんだかわかってしまいました。
今も会いたい気持ちでいっぱいだけれど、もう二度と会えないんだなぁ。
ということが、なんというんだろう、心とは別のところではっきりとわかります。
まったくうまく説明できないけれど、わかるのだす。
ニャーちゃんが自分で帰らないと決めたことなんだなぁと。
この「わかる」感覚は自分でもとても不思議なのですが。
でも、わかる。

1-2009_03280373.jpg

二度と会えなくても、とにかく私にとってニャーちゃんは生涯一猫。
これからも思い出しつづけ、語りつづけるのであります。


この記事のみを表示する神無月は猫の月

TOKYO

1ts11.jpg

ある日の散歩中、ビルの谷間で毛づくろい中の猫さんを発見。
↑この写真だとわかりにくいですね~

では、ちょっとズームアップ。


1ts12.jpg

「みぃ~たぁ~にゃあぁぁぁぁ~~」

しっ、しつれいしますたー!!


木枯らし1号が吹いて急に寒くなってしまいましたが、
気温も湿度もちょうどいい日の多かった10月。
ちょこっと出歩くと98%くらいの確率で、
外でくつろいでいる猫さんたちに会うことができました。
ただ会えるだけというか見かけるだけでもかなり嬉しくなるのだけれど、
最近ものすごく人懐っこい猫さんに会って超ほのぼの。
だって民家のエアコンの室外機の上で香箱組んでる猫さんに
「ニャンちゃん~」と声をかけたら、「ニャアー」と返事してくれて、
しかもその室外機から飛び降りてわざわざ近くまできてくれたんだよ!
そしてしばらく路上で私にすりすりしたり、
ごろごろと横になってお腹を見せまくったりしてくれました。
そんなにも懐っこい(というか気を許しすぎ!?)ということは、
いつも人からたくさん可愛がられているコなのでしょう、きっと。
「かわいいね~」とその猫さんに言ったら、
ふふっと満足気な顔をしたように見えたのは、
私の気のせいではないでしょう、きっと。


あまりにも慌ただしくて疲労困憊の今月でしたが、
マイペースな(ように見える)猫さんたちの姿を見る度に
和ませてもらったり、元気をもらったり、した感じだったかな~。
へへっ。


そしてさらに言葉ではなんとも表現のし難い気持ちをいただいたのは↓の写真集。

1le9.jpg

すごくすごくいろいろなことを感じたのですが、
これからご覧になる方にあまり先入観をもってほしくないので
いろいろなことを書くのは控えますでござる。
でもまだご覧になられていない方には
「ぜひに」ということだけ、非常に押しつけがましく書いておきたいす。

アラーキーLOVE。



この記事のみを表示する亜無亜危異

BALI―オゴオゴ&ニュピ

1le5.jpg

もうずいぶん前の、デンパサールのオゴオゴチームのTシャツ。
(以前、この記事に書いたことがありますが、
毎年自分たちのオゴオゴに合わせてTシャツも手作りしています)

このTシャツのデザイン画伯に、
「漢字をTシャツに入れたいから、何かかっこいいのを教えて」
ときっと日本人である私が頼まれたのでしょう。

1le6.jpg

そしてきっと私が教えたのでしょう、亜無亜危異……
教えた記憶はないけれど、このTシャツが物語るぅ~

ちなみに最初の「亜」の字が1本足りないのは、
教えた私の悪筆のせいでしょう。
でも漢字をある種の「絵」として捉えて描き写したような、
なんとも味わいのある字が好きです。
そしてオゴオゴの絵ともそれほどミスマッチさを感じない
亜無亜危異というこの字面。


ところで、亜無亜危異とは?



PUNKです。


この記事のみを表示するやさしひゆふかひ

LIFE

1ts15.jpg

インクをつけるのが下手できれいに押せていないのですが、
女の人が乳母車を押しているスタンプです。

このスタンプの絵のタイトルは

1ts13.jpg

『やさしひゆふかひ』。
そっかー誘拐なのかーと思って見ると、ちとこわひ(笑)
でもやさしいのね。

このスタンプ、なんと

1ts16.jpg

発泡スチロールはんこなんです。
消しゴムはんこはメジャーだけど、
発泡スチロールはんこってちょっと珍しくないですかい?

しかも!!
これは、中学2年か3年の時の私の誕生日に、
同級生のOハラさんがプレゼントしてくれた手作りのはんこなのです!
つまりアバウト30年近く前ということです!
当時からこのような才能を発揮していたOハラさん、すごいわ~

1ts14.jpg

まったくもって押すのが下手くそでごめんねー、なんだけど、
当時中学生の作品と想うとほんとにすごいわ~(ただただ感心)

1ts17.jpg

ほかにも絵柄はいろいろあって、さらにOハラさんは
アルファベットのA~Zまで1文字ずつはんこにしてくれていたのです、
小さく小さくカットした発泡スチロールで。
それがAから順にピンクの箱の中に整然と並べられていました。

こんなに細やかな手作りのプレゼントをいただいたのは
もちろんその時が初めてだったし、
そのセンスにもものすごく感動したものでした。
あらためてありがとう。


相変わらずの片付けエブリデイにつき、
部屋の片隅に眠っていた懐かしの思い出アイテムを
アップさせていただきました♪
(このシリーズはまだ続いてしまうかも……)


この記事のみを表示する看板の誘惑

TOKYO

1ts10.jpg

こんなかわゆく「やってるよ。」といわれると
ついふら~っと寄っていきたくなってしまうブー。

夜の街の看板……それは誘惑の甘いかほり(意味不明)。

この看板もヤバい↓

1ts6.jpg

「お客様が帰るまで営業中」って、
「なんなら朝まで♡」って、
そんなことをいってもらった日にゃわたしゃ確実に朝までコースですがな。

そしてそれよりももっとそそられちゃった看板はこちら↓

1ts7.jpg

300円均一とかねー、弱いんですよねーオホホ。
しかもじゃがいも炒めかー! 食べたいっ!

そんなわけでいただきました。

1ts8.jpg

勝手に塩味系の炒め物を想像していたけれど、お醤油系でした(系って何よ)。

玉葱玉子炒めも食べたかったので注文。

1ts9.jpg

こちらも勝手に塩味的なもの(的って何よ)を想像していましたが、お醤油味でした。
どちらも似た感じの味付けではありましたが、
これがどちらも美味しかった~!
ビールよりも白いご飯でいただきたくなるような、
お弁当のおかずにしたくなるような、とても家庭的な味。
しかも300円とは思えないボリューム。
看板につられて入って大正解!でありました。

さらにこの看板もかなり気になりやした↓

1ts5.jpg

珈琲&スパゲッティ。あまりにも素敵な響き。
コーヒー&シガレッツ(byジャームッシュ)よりも
私はこちらの組み合わせが好きざます。
そのうち寄ってみたいと思います♡


この記事のみを表示するbill@Tandjung Sari

BALI―タンジュンサリ

1ts4.jpg
*この写真と記事とはなにも関係ありません~*

これまでも年に1、2回は家の中の不用品を
定期的に処分するよう心がけてきたつもりではあったのですが、
13年ぶりに引っ越しするとなると、
知らず知らずのうちにため込んできてしまっていた物が
我ながら意外なほどに多く、ただひたすらにガクゼンっす。
ある意味これだけ物理的な「老廃物」が家の中にたまっていたら、
そりゃあ自分自身の心や体が澱んでくるのも無理はないよなぁ。
とかなんとかいろいろと、いろいろなことを見つめ直すいい機会になっております。誠に。

そんなためこんできたものの中に結構な量としてあるのが
昔の旅行の際のボーディングパスだの旅先でのレシートだの
どこかに行ったときの入場券だのの、細かい紙類。
チリも積もれば……で、こういう紙ものはたまるとほんと、
小高い山のようなかさばり方になってしまうわけですが、
それを「もう捨てるべ」とぼーっと見ていたら、
今まであまり気にとめていなかったことにふと目がいったりもして。

1TS.jpg

タンジュンサリのレストランでのbill。

1TS1.jpg

タンジュンサリのバーでのbill。


1TS2.jpg



俺か?


1TS3.jpg



あたしか?


ほかのホテルでのお勘定書などももちろんとってあるのですが、
うちに保管してあったものをざっと見た限りでは、
レストランとバーとで絵が描き分けられているのはTSだけっぽい?
しかもこの絵、なんて味があるのざましょー、と、
今さらですが思わずにこぉ~っとしてしまいました。
やっぱりLOVEだなぁ。LOVEです。大好きタンジュンサリ!


さてと片付け片付け。


この記事のみを表示するがっつり。

FOODS

foodpic597537.jpg

豚肉の生姜焼き定食ほぼ1人前、
メンチカツ定食ほぼ1人前、
目玉焼きのせスパゲティナポリタンほぼ1人前、
がひとつになったようなお弁当(つまり1個でほぼ3人前)。





この記事のみを表示するぐずぐずの引っ越しメモ

LIFE

1akin.jpg

散り落ちた金木犀の花が好きです。
雨の滴が花びらの上ではかなくキラリ。

しょっぱなから愚痴ってしまいますが、
疲れております。ひじょーに疲れております。
やってもやっても片付けが終わりません。
引っ越し先のほうではなく、今住んでいるほうです
(現在家賃ダブル発生状態もったいね)。
引っ越し先が今住んでいるところから近いので、
毎日徒歩でちまちまと今後も確実に必要な(と思われる)物たちを運んでいるのですが、
今住んでいるほうに残っている物の要・不要の選別にまだ迷いがあって
さくさく片付かないのです。
ぐずぐずです。

今日引っ越し料金の訪問見積りに来てくださった会社Aの業者さんには
このように言われました。
「本とかCDとか細かいものがたくさんありますよね~
この状況では全部でどのくらいの量になるのか自分にも判断しかねるので、
とりあえずダンボール箱は多めにご用意させていただきますね。
大・中・小をそれぞれ30箱ずつ、計90箱ご送付します」

きゅっ、90箱~~~~!?

いっ、いやですよ、90箱分もこれから整理するなんて~~~!!!

そもそも私のだいたいの検討としては
中サイズのダンボール20箱分くらいのつもりだったのじゃが。
でも実際は90箱分もあるかもしれないってこと?????なぁぬぅ~~~~
んじゃ捨てますよ捨てますよ、ガンガンに捨てますよ~~~!!!
あるいは売りますよ売れるものはどんどん売りますよ~~~!!!
(ちなみに今週は約40冊分ほど売り、それとは別に40冊分ほど処分したけど…まだまだ序の口すぎ)


しかしそうなのです。
本やCDだけではなくノートだの資料のコピーだの切り抜きだの写真だの、
そういう細々したものがほんとに多くて「捨てていいものかどうか」を
いちいち見ながら確認しているとあっという間に時間を費やしてしまうのです。
もう見ないで捨てるしかないだろうなぁ、古いものはとくにねーそりゃそうだのぉ。

ちなみに数日前にも別の会社Bに訪問見積りをお願いしたのですが、
今日来て下さった会社Aとは倍以上も料金が違うのよねー
どちらも車の大きさはじめ諸々の条件はほぼ同じなのだけどねー
本当はもっと何社からも見積りをとったほうがいいのでしょうが、
今日の会社Aは実際に引っ越しを担当してくださる現場スタッフの方が来て
(会社Bは営業マンの方でした)
先に引っ越し先の運搬状況なども自主的に見て来てくださったので
具体的な問題点などについてもいろいろ話すことができてよかったです。
会社Bは大手だし、お高い分だけの安心感もあるのかもしれないけれど
(営業マンの方もとてもきちんとされていた)、
しかしとにかく今の私のニーズにいろんな面で合うのは会社Aなのでありましたー。
なんだか私にしかわからない話ですみませんが
いずれまた引っ越しはするはずなので今後のためにもメモっておきまする~
(もしも引っ越し会社の名前が知りたい方がいらっしゃいましたら
非公開コメントにてお問い合わせくださいませ~)

ほんとにも~ぐずぐずな記事でスンマセン。
でもわたしは書いてるうちにおかげさまでいい気分転換になりやした~
おつきあいありがとうです★


この記事のみを表示するカマルクチル

TOKYO

1soba5.jpg

カマルクチルとはインドネシア語で直訳すると「小さい部屋」。
日本の古い言葉でいうとのこと。
お食事中の方すみませぬ。
以下トイレネタです。
(ちなみに公衆トイレは厳密にはカマルクチルではないけれど
ここではカマルクチルという言葉を使わせていただきます)。

↓某万世本店にて(某はいらないわけですが)

1toilet3.jpg

カマルクチルに終電の時刻表が貼ってあるなんて気が利いてるわぁ。
どんなに飲んでてもカマルクチルに行く度に我に返れそうじゃないですかぁ
(ほんまかいな)。

と感心?していると、同じカマルクチル内に

1atoilet2.jpg

紙おむつの自販機も。
さすが万世本店。客層の幅広さがこんなところにも表れているのですね~、
って変な感心の仕方ですが、でも感心したのでありました。

所変わりまして、渋谷には

1toilet2.jpg

トイレ診断士なる存在が!

1atoilet1.jpg

とてもありがたい存在です。

そんなきれいなカマルクチルの壁には

1atoilet.jpg

ふむふむ。
ほんとにカマルクチルというものは毎日きれいにしておかないとねー。
おらも毎日磨くべ。

所変わりまして、本邦初公開

1toilet4.jpg

新居のカマルクチル。
むかしなつかし、ひもをひっぱって水を流す方式です。
とても旧式なスタイルで床は昭和な玉石タイル(これがまた可愛いの!)。
何しろ自分が生まれる前に建てられた物件。
古い建物だけれどもカマルクチルはじめ水回りがピカピカきれい。
それもまたこの部屋で暮らしたいと思った理由のひとつ。
カマルクチルはカンジンだ!

(この記事にドン引きされた方がいらしたらごめんなさーい)

この記事のみを表示するお餞別

過去の旅

1d6a.jpg

↑古いポジフィルム倉庫より、タイの北のほうのどこかの街の写真。


かつて、少し長い旅に出ます、といって職場を離れたとき、
いくつかのお餞別をいただいた。

ひとつは手縫いの小さな巾着袋にぎっしり詰められた50円玉。
「外国の人には穴の空いたコインが喜ばれるそうだから、
道中、誰かにお世話になったりした時に気軽に渡したりするといいかも」と。

ひとつはプラスチック製のおもちゃのけん玉。
「旅先で暇を持て余したら、これで遊んでね」と。

ひとつはキーホルダーになっている丸い小さな方位磁石。
「道に迷わないようにね」と。

お餞別であり、お守りであり。

旅立つ前日には長い長い手紙とともに゛羽根"も届いた。
送り主が飼っていた文鳥の羽根。
当時まだ飛行機恐怖症だった私はその羽根を携えて搭乗した。
不思議なほどにその時のフライトは怖くなかった。
その羽根のおかげだと、一緒に空を飛んでいるみたいだったと、
当時の日記に書いてあった。

どれも旅のあいだ、ずっと無理なく持ち歩けるサイズ。
いただいたことを恐縮に感じることのないような、さりげないもの。
でも大きな大きな温かさのあるもの。
初めてのひとり旅をずいぶん支えてくれた。

ということを、ふと思い出した。
今さらながらにとてもとてもありがたい。