猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する待ってと言っても、言われても。

LIFE



朝の通勤ラッシュの地下鉄車内で、突然背後から
「ちょっと待って!! ちょっと待って!!!!」
という、切迫した男の声が。


さて、彼はいったい何に対して「ちょっと待って」と懇願していたのでしょう?
下の3つから選んでね~(笑)。
(*ちなみにトップの写真とこの記事とはまったく関係ありません)

①隣で新聞を読んでいた男性が、次のページをめくろうとしたことに対して。
②流れ落ちてきそうな自分の鼻水に対して。
③すでに自分が降りようとしていた駅を過ぎてしまったことに気づき、
「引き返してくれ~」という思いをこめつつ電車に対して。




解答は……。

この記事のみを表示する渋谷のバリ~アユンテラス~にて、ウ子ちゃんと☆

FOODS



昨年タンジュンサリで初めてお会いしたウ子ちゃんと、
あれからもう1年になるね~なんて話をしながら、
渋谷のインドネシア料理店『アユンテラス』で食事をしました。
まずはもちろんビンタンビールで乾杯~☆(出演・ウ子ちゃん)



ビールのおつまみは当然クルプックでしょ☆(出演・ウ子ちゃん)



そしてスペシャルメニューのIKAN BAKAR BUMBU BALI(ちこ鯛の姿揚げ バリニーズソース)で
ルネッサ~ンス!でしょ☆(出演・ウ子ちゃん…ビールすでに残り僅か・笑)



立派なイカンゴレンであります。



ウ子ちゃんが魚の身をほぐして、ブンブバリと混ぜ混ぜしてくれました。

するとほらっ↓



こんなにバリっぽい(?)感じになりましたよ~♪
これ、とっても美味しかった!
本場バリのブンブのスパイシーさには及びませんが、
年々辛さに弱くなってきている私にとっては十分な辛さ。
ああバリだわ~と、久しぶりの懐かしい味わいを楽しみました。
白いご飯に混ぜて食べても美味しかったかも♪

順序がバラバラですが、他にいただいたものもアップしまーす。

この記事のみを表示する海辺でイタめし@サヌール

BALI―バリごはん



サヌールのクスマサリビーチ沿いにあるイタリアンレストラン『Stiff Chilli』。
トップの写真↑同店のアンティパストミスト。



↑パリパリクリスピーなピザ。
トッピングはトマトとモッツァレラかな?



↑アボカドとチキンのブルスケッタ。



↑インドネシア料理もあります。ペペス・イカン。

これは2007年3月にタイチョPちゃん&miyamotoさん、
らっちゃん、OPPくんとでこちらでランチをした時の一部の料理。
マイピクチャーズを見ていて、そういえばまだアップしてなかったなぁ……、
でもなんだかとってもおいしそうだなぁと思い(ブルスケッタとペペスは私は食べていないのですが)、
突然今頃アップしてみました。
タイチョはもちろんすでにこちらの記事中でアップしてくださってます♪

Stiff chilli前に広がるビーチは↓



こんな感じ。しかし天気悪いですね……雨季でしたからね……。



なんだかさっぱり美しく見えない写真ですが、静かで落ち着くビーチなんですよね
(今はまたいろいろ変わってきていると思いますが)。



とにかく今のところの気持ちとしては、曇りでも雨でも何でもいいから
早くまたここへ行きたいなということなのでした。
(なに、この記事~、って感じのかなりひとりごとチックな記事で失礼しました)


この記事のみを表示する絶品! 姫路の油菓子

FOODS



この何ともシンプルかつインパクトのあるパッケージ。

油菓子って、いったいなあに?
それは……。




これです!




かりんとう♪

手前の丸いのが「つくね」、長いのが「ねじり」と呼ばれているようです。
こちらの記事をご参照くださいまし)

「油菓子」とはいうものの、決して油っこくはありません。
カリッと硬いかりんとうではなく、どちらかというとしっとりやわらか系。
いや、硬いけどやわらかいというか、その食感も独特です。
そして甘ぁ~い! この甘さ加減がたまりません。
1個だけでも十分食べ応えがあるのですが、
私はひとつ食べ始めたらああどうにも止まらない~になってしまいます。
日本茶にももちろん合いますが、苦めの濃いコーヒーとの相性も最高です。

このかりんとう、昨年3月頭にpipiちゃんとバリで初めてお会いした時に、
お土産でいただいたもの。
そして私はこのかりんとうの美味しさにすっかりはまリ、
その感動をpipiちゃんに伝えたところ、
やさしいpipiちゃんはそれからもちょくちょくお送りくださるのです
(図々しい私が暗に催促してるという話もありますが……汗)。
pipiちゃん、いつも本当にありがとう~!

この箱入りかりんとうもつい先日、pipiちゃんの温かいお手紙やオレオレとともに
ゆうパックで届いたのですが、
その時にうわぁ素敵!と感激したことがもうひとつ。




切手がね。




春なのです。




春のお花がいっぱい。

ほんわかやさしい気持ちになりました。
ありがとう。

この記事のみを表示する阿字観再訪

FOODS



昨秋のあのオフ会以来、久しぶりに『阿字観』さんを訪ねました。
阿字観といえば、あれからずっと忘れられなかった味No.1は、
なんといっても↑厚焼き玉子です~~!!



やっぱりおいしい、おいしすぎるよぉー!
甘い玉子焼き好きにとって、本当に絶妙な味つけです。
熱々ふっくらのところをいただくのがまた超至福。
(少し残った分をお持ち帰りさせていただいたのですが、冷めてもまためちゃうまでした)
私にとってはベスト・オブ・厚焼き玉子です。ほんと!



同行のグルメな女性が大感激していたのが↑阿字観サラダ。
これだけいろんな具が楽しめるサラダは
なかなかないよねーっというくらい盛りだくさん。



「日本のアンティパストミストだね」と
アンティパストミスト好きの彼女が大絶賛。私ももちろん大賛同。
量もたっぷりですが、あっという間に完食です。



鰆も脂がのっていて美味しかった~!
これまたお味噌の味もよくて、焼酎に合う♪



こちらはお通しの鶏味噌豆腐?(すみませんメニュー名がわかりません)
寒い日にまず温かいお通しを出してもらえて、ほっかほか~。



さらにこのポテトサラダや、



きんぴら牛蒡や、



ポテトフライなど、一見シンプルなお料理がもっのすごおぉ~く美味しい!!



〆はもちろん鴨そばで♪
あのオフ会の時もめっちゃ美味しいと思ったけど、
やっぱりとーっても美味しいよおぉぉ~~~!!!


お料理の説明をするのに「美味しい」とばかり言っていたのじゃ
まったく伝わらないとわかってはいるのですが、
本当に美味しいものを口にしたらそれしか言えなくなるというのも
また真理ってものですよねーー!?

とっても満腹満足ご満悦~~!!な我々でした。
ごちそうさまでしたー!

そしてこの日、ちょっと嬉しかったのが、



私の箸置きがニャンコちゃんだったこと♪

そして阿字観さんがオープンしたのは昭和48年だそうで、
「やだぁ~私が生まれる前じゃなぁ~い」
……って飲みトークなら笑えるけど、
こうして文章にするとかなり寒いですな(爆)。
(もちろん私のほうが年上ですよ! とわざわざ書いてまた寒くなるなり~)


●阿字観
文京区後楽1-7-12 林友ビル1F

この記事のみを表示する屋根の上から

ニャーちゃん



あっかんべえ~~!?

にゃ、にゃんなのでしょうか、この絶妙顔は……。
かつてロスカボス@メキシコで会ったニャンコでした。



この記事のみを表示する話せたらいいよね

LIFE



昨夜はとーってもへんな夢を見た。
前後はいろいろあるんだけど、一番覚えているのは、
雪の降る中、父親が昔飼っていた犬にソリをつけて
近所を乗り回しているのであった。
で、わたしが犬の顔についた雪を両手で払い落としながら、
「冷たいでしょ?」と聞くと、
犬はきっぱりと「冷たい」と答えたのだった。
そのやりとりを聞いていた父は若干申し訳なさそうにしていた。



……昔の日記を読んでいたら書いてあった、
かつて見た夢の話でした(爆)。






この記事のみを表示する意外と目立つオゴオゴ

BALI―オゴオゴ&ニュピ




勝手に単発オゴオゴキャンペーン中の当ブログですが、
前回のオゴキャン記事のコメントでぱうだーさんから、
「今年は選挙でオゴオゴを自粛する地区もあるとか?」と
教えていただきました(ぱうだーさん、ありがとうございました!)。
で、えーっ、また?(5年前の選挙時は完全に中止だったので)と思いまして、
バリの友達・OPPくんに確認してみたところ、
地元の新聞紙に「今年のオゴオゴは中止」という記事が出たそうなのです。
4月に選挙はあるし、ニュピの前後にガルンガン・クニンガンはあるしで
「今年はみんなオゴオゴどころじゃないから、なくて当然だよ~」というのは
OPPくんの個人的な見解ですが、
でもやっぱり基本的には自粛の方向みたい??
(デンパサールのオゴオゴチームにはまだ確認中なのですが)

しかしそういいながらもOPPくんはすでに作りかけのオゴオゴを
ウブドはプンゴセカンで見かけたらしいので
(子供たちがめちゃ可愛いのを作っているらしいです)、
作るところは作るのではと期待されるのですが……、
とよくわからない話でまたフライング記事だったらすみません。

で、今年3月のバリはガルンガン&クニンガン&ニュピに加えて、
ブサキ寺院で1ヶ月間オダランがあるみたいですねー
(それもあってますますバリの皆さんはお忙しそう?)。
ああこの時期に渡バリされる方がほんとにうらやましいですっ。
オゴオゴがないとしたらそれは残念ですが……。
たとえあっても行けない私ですが、でも残念なのだすよね。

いずれにしてもオゴキャンは私個人の思い入れとして
3月25日まではポツポツ続けますー。

オゴオゴパレードの際はやっぱり大きくて派手で奇抜なものが
断然目を引くのですが(とくに数が多すぎてパレードもぐちゃぐちゃな
デンパサールなどではね)、
そういう中にあって結構意外と目立つのが↓こういうタイプです。

この記事のみを表示するやさしいいっぽ

FOODS



めったにひとりで外飲みはしないのですが、
たまーにどこかでひと息ついてから家に帰りたいなぁという気分の日もあります。
この日もそんな感じで、通りがかりにあった↑こちらのお店に
初めてふらりと入ってみました。
韓国人のご夫婦がふたりで営んでいる、小さな韓国家庭料理のお店です。
まず生ビールを頼んで、グビグビ~っとひと息。



お通しのマグロのお刺身。
脂がのっていておいしかった!



そしてこちらのお店には↑「おつまみセット」というメニューがあります。
韓国風サラダと唐揚げ、チヂミの3点セットです。
こういうのって、ひとり飲みにはありがたい~。
ひとり外飲みのネックは、いろんなおつまみを食べられないことですからぁ
(と思うのは私だけ?・爆)。



チヂミのたれもとても美味。

でもちょっと軽いおつまみももう一品くらい欲しいかな…と
メニューの中の韓国のりに惹かれたのですが、
でもひとりでオーダーするにはもしかしてちょっと量が多いのかも? 
と思ってとりあえずやめることに。が、するとなんと。
ご主人が
「どうぞこれでもつまみながらゆっくりしていってください」
と、韓国のりをサービスで出してくださったのです。
い、以心伝心!?

ありがたく韓国のりをいただきながら、ビールを完飲。
うーん次は何を飲もうかな。
マッコルリが飲みたいけど、ボトルしかないので無理か……。
そんなことを考えながら韓国のりをつまんでいると、
今度はなんと。
「これ、韓国のお酒でマッコルリっていうの。
ビールと同じくらいの度数だから多分大丈夫だと思うんだけど、
よかったら飲んでみて。
乳酸菌たっぷりで体にもいいから」
と、酒器に並々と注がれたマッコルリをサービスしてくださったのです。
や、やっぱりこれって以心伝心!?

って決して以心伝心なのではなくて(あたりまえ~)、
このお店のご夫妻がやさしさとサービス精神にあふれているのだと感じました。
初めてこのお店を訪れたひとり飲みの私を
さりげなく気遣ってくださっている、そういう真心が伝わってきます。

外で飲んでからでなければ帰宅できないくらいトゲトゲしていた気持ちが
いつのまにかすっかりほぐれてやわらかくなっていました。



飲むと食べたくなる胃袋をしているもので、石焼ビビンパも追加オーダー。



つけあわせの自家製カクテキとオイキムチもたっぷり。



ジュージューまぜまぜ~。
ほどよく辛くて美味しい。

またひとりで飲みたい時、おなかがぺこぺこ、気分が凹凹(へこへこ)?の時は
ぜひ行きたいお店になりました。
家の近くにこういうお店、ありがたい存在です。

この記事のみを表示する冬晴れの日に、美しいと思ったもの

LIFE



今朝はいよいよついに我が鼻も花粉をキャッチ。
昼間はコートなしで歩いてもへっちゃらなくらいの暖かさ。
これで一気に春がくるわけではないけれど、
冬も終わりに近づいているんだなぁとはっきりと実感。
このところブログ上で思い出話に浸っている間に、
冬のうちにアップしておきたいな(記録として)と思っていた
写真のことをすっかり忘れていたので、
慌ててアップするなり(本日はほんとにただの日記です)。

↑こちらは2~3週間前に撮影した木蓮のつぼみ。
今はもっとぷっくりしているか、もしかしたらもう咲きかけているかも?
また見に行かなくては……。



↑こちらはとある街を散歩中に見かけた風景。
風は冷たいけれど陽だまりは暖かい、
そんな日のなんともいえない幸せな感じに心を奪われました。



↑こちらはお正月、実家に干してあった芋がら。
今頃はどんな料理になっていることでしょ。

冬は好きではないのですが、寒いからこそ日照のありがたさに気づけたり、
春が訪れるうれしさを心から感じられたりするんだなぁと、
この冬はなんだかしょちゅう思いました。当たり前のことではありますが。
意外と小さな喜びがたくさんあったりする季節でもあるのだなぁと……。
と、そう思えるのもまた、もうすぐ春がくることがわかっているからかもしれませんが。