猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する火曜日お休みです@京都(&冬のあのお店@東京)

NAGOYA&WEST JAPAN



京都某所にて。

あの店に行きたいなーと思う日に限って、その店が定休日だったりすることが
結構よくあったりします。
あるいはちゃんと調べずにお店まで行っちゃって「本日定休日」とか書かれた
札や貼り紙を見てガガーン!! ときたりとか。

でも↑こんなかわいい貼り紙ならば、そんなショックも一気に薄れちゃいそう。
何がかわいいって、字ですね、字。
個人的にはとくに「お」が好きです。
ちなみにこのお店目当てで行ったらお休みだったというわけではなく、
たまたま通りすがりに見かけただけなのですが、
なんだかつかの間、ちょっぴり和んでしまいました。

ところですでに突入ツアーを果たしたあのお店
冬バージョンに変わっていたので久々にまたアップすることにします…。
さすがにいい加減くどいべ、あだし! と思いましたのですが(汗)、
多分こちらのお店に関しては今年のアップ納めということで…(焦焦)。

この記事のみを表示するタクシードライバーin大阪

NAGOYA&WEST JAPAN



初めて大阪に行ったのは、まだ働き始めて間もない頃でした。
一人で初出張! ということでちょっと緊張したまま大阪上陸。
訪問先である会社の場所がよくわからないため、
道に迷って遅刻したらまずいし…と、タクシーに乗ることに。

新大阪駅前の乗り場からタクシーに乗り込み、
行き先を告げると、その瞬間に「はあー!?」と声を荒げた運転手。
愛嬌のない横山やすしのようなルックスをしたその運転手は
くるりと私のほうを振り返り、眼光鋭く私を睨みつけながら、
思いっきりドスをきかせました。

「歩けよ」

もしやもしや、ひょっとしてそんなに近い場所なのか?
…とは思ったけれど、とにかく遅刻するわけにはいかないんだよ!
内心びびりながらも、開き直ったふてぶてしい態度で
シートに身をしずめる私でありました。

が、車が動き出して1分もたたないうちに、
なんだかミョーな音を立てて急停車するタクシー。
しかも道のど真ん中でっせ。

ううう……と止まったままの車の中で少しうめいた後に、
運転手は再び私に言いました。
今度はちょっと申し訳なさそうに…。

「おねーちゃん、悪いんだけど、お金はいらないからここで降りてくれる?
エンストや

まさかと思ったけど、まさかのエンストかよ!

見事や……。見事なオチのつけ方や……。
さすが大阪や。
としみじみ感心はしたものの(爆)、
金輪際、大阪では近距離移動にタクシーは使うまいと
心に誓った出来事でもありました。
ドスのきいた「歩けよ」は怖いねん。
(実際、エンスト後は歩いて行ったんだけど、ほんとにすごい近かった…。
すんません、あのときの運転手さん)。

ある意味、オチの洗礼のような体験でもあり、
いまだにこうして書きたくなるくらい、自分の中での「伝説」でもあるのですが。

そんなわけで先週行った大阪では、中距離くらいの移動に
タクシーを利用しました。

この記事のみを表示する誰やねん@長野散策

NAGANO



サワディカー。って、ここは長野やねん。


かなり久しぶりに長野に行ってきました。
善光寺参りへの行き帰り、ぶらぶら歩いている途中に
出会ったものを少しアップします。

この記事のみを表示するそのホテルについて語るときに私の語ること

BALI―タンジュンサリ



大胆不敵にも村上春樹氏の最新刊のタイトル(この本、とてもよかった!)を
もじったタイトルをつけてしまいましたが、
今日は大好きなホテルについての思い出話を長々と書きます。
超個人的でなおかつウェッティなので読んで下さる方にとっては
ちとキモい内容かも…とも思いましたが、そのままいってしまいます。
あしからず。

この記事のみを表示する神社を巡って猫に遇う

LIFE

●東京・稲荷鬼王神社にて


ただいまグルーミング中。

この記事のみを表示するステファノランチオフ@神楽坂

FOODS



ぱうだーさん&こぱうだーさんベッティーナさん&ベッティーノさんとともにランチに訪れた
『リストランテ ステファノ』@神楽坂にて。

↑まず、前菜の盛り合わせ。
<手前>ナスのマリネ(上にのっているのはモッツァレラ)
<右>生ハムのムース
<左>イワシのエスカベッシュ
<奥>ラディッキオプリンとカモのスモーク

この記事のみを表示するアニキ・ミーツ・アニキwithモケちゃん

ANIKI



ちわっす。
アニキ1号っす。
オレたち“レッツゴー(アニキ)3匹”(←命名・タイチョ)は、

『渡バリ病棟』ぱうだーさん&こぱうだーさんお立会いのもと、

『ベッティーナ!』ベッティーナさん&ベッティーノさんのお宅で暮らす、

“汗っかきアニキ”にこの度初対面することができたっす!
(汗っかきアニキのプロフィールはベッティーナさんのこちらこちらの記事を要チェキす!)

せっかくの感激のご対面だというのに写真がイケてなくてがっかりっすが、
この一番手前の後ろ姿のアニキが汗っかきアニキっす。
オレたちレッツゴー3匹に、ご丁寧に挨拶をしてくれてるところっす!
律儀なアニキっす!
ちなみにオレたちは写真左からオレ1号、嵐アニキ、翔アニキっす。
そしてもう1名、ベッティーナさんのブログで拝見したその日から
一目お会いしたいと恋焦がれていた、我らがアイドル、
モケちゃんもきてくれたっす!
一番右側にいるかわいこちゃんがモケちゃんだぜ!
本モケちゃんもやっぱりかわゆかったぜ~!胸がきゅんきゅんしたぜ~!

ところでオレたちは汗っかきアニキの汗がどうしても見たかったっす。
頬に汗しながら働く汗っかきアニキはオレたちBAKSO屋の鑑っすから!
つーかオレたちのバヤイ、こんだけ頑張って働いてるのに一滴も汗をかけないせいで、
人様にはいまいち認めてもらえない気がするわけっすよ、この働き者っぷりを。
まー、自分の勤勉さを人様に認めてもらいたいという、その心根がそもそもいやしいとか
人は言うけれどもよ(誰が?・爆)、しかしながら一滴の汗ほど労働たるものの尊さ、
素晴らしさを如実に物語ってくれるものはなかろうとオレは思う今日この頃なんす、
BAKSO道。う、つい熱く語っちまったぜぃ。
とにかく、だからこそいつも汗して働いているこのアニキには、
ずーっと尊敬と憧れの念を抱き続けてきたわけっすよ。

で、憧れの汗を見させてくれ~と汗っかきアニキに近寄ってみたわけなんだけどさ。

この記事のみを表示する初めての味…ひつまぶしピザ。そして祝・日本一!

FOODS



↑写真はとてもいまいちになってしまいましたが、
そのおいしさにはとにかくびっくり!! の「ひつまぶしピザ」。
サクサクカリカリの生地+うなぎの蒲焼のたれ+小さくカットされた蒲焼+
浅葱+そしてたっぷりのとろとろチーズ。
甘めのたれが生地とチーズの間にサンドされていて、
噛む度にじゅわ~っとうまみが広がります。
まさに「ひつまぶし」としか言いようのない味。だけどピザ!
ものすごく画期的なメニューだわぁと思いました。

このピザが味わえるのは、『創作名古屋ダイニング ごはち亭』@神田。

神田に名古屋めしのお店があるらしいよ、
行ってみたいね~ということになり、
仲良しグルマン女子とともに出かけたのですが、
食欲だけで頭がいっぱいになっていた我々は
ある重要なことをすっかり忘れておりました。
今、名古屋といえば!

この記事のみを表示する本日もアニキと御苑なり

ANIKI



前回、前々回に引き続き、新宿御苑にて。



ぽかぽか小春日和。
カサカサ落ち葉。
秋ですねー。

この記事のみを表示するペルーにぐっとくる

ANIKI



前回もアップした新宿御苑にて。
御苑内の一角では各国の特産品や民芸品を扱うフェアトレードショップや
エコロジー関連のグッズ等を扱う屋台などが出ていました。
個人的にかなり心を奪われたのが、ペルーの民芸品ショップ。
↑こちらはペルーで編まれた毛糸の指人形たち。



スーパーマンのヘアスタイル&眉の形及びクールな三白眼に惚れました。



クリスマスツリーのオーナメントや小さな人々がたくさんいるおうちとか、
すべてがたまらないのですが。



やっぱり乗り物系にはとことん弱いです。かわいーよー。