FC2ブログ
猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する外食初め

FOODS

IMG_6455_convert_20210107061952.jpg

1月6日のことですが、今年の外食初めは神楽坂の龍公亭にて。
おかず2品がセットの『本日のランチ』、この日は鶏肉と青菜の梅ソース炒め(正式な名称を失念)&麻婆春雨。

IMG_6456_convert_20210107061919.jpg

全体像はこんな感じ。
ご飯(おかわり自由)と玉子スープ、ザーサイ、中国茶付き、1200円。

2008年のリニューアルオープン前からずっと、長年にわたりちょくちょくひとり昼飯に訪れているお店。
神楽坂で最も多く足を運んでいるお店といって間違いないと思う。
チャーハンとワンタンのセットとか、他にも魅力的なランチメニューはたくさんあるのだけれども、このおかず2品のランチセットがとにかくお気に入り。
食材、味、ボリューム……あらゆる面でバランスがいいと思う。

といいながらここ数年は若干ご無沙汰気味だったのだけれども、昨年の秋頃からまたちょうどお昼どきに伺うチャンスが増え、やっぱり自分的満足度が非常に高いランチだわーと再認識した次第。
以下、昨年いただいたランチの一部。写真のみ。

IMG_6290_convert_20210106170751.jpg

IMG_6043_convert_20210106170520.jpg

IMG_5747_convert_20210106170452.jpg

休日など飲んでもOKな状況のときはランチビールもついついオーダー。
感染対策もきちんとされているし、ひとりでも居心地よく食事ができるのもありがたい。
今年もたくさん通いたい!

この記事のみを表示する本店で松花堂弁当

FOODS

IMG_5837_convert_20201029023441.jpg

神楽坂は毘沙門天の真向かいにある鳥茶屋本店。

IMG_5841_convert_20201029023424.jpg

今月末で閉店とのこと。

しばらく訪れていなかったけれど、よい思い出がたくさんあるお店。
ずーっと前に両親が上京したときに、ここでうどんすきをいただいた。
おいしい、おいしい、と上機嫌だった父の笑顔が記憶の中でよみがえる。
お店がなくなっても忘れません。

IMG_5827_convert_20201029023526.jpg

しかしこちらでのわたしのラストランチは思い出深いうどんすきではなく、初めての松花堂弁当にしたのであった。
一品一品、どれもおいしくて素晴らしかったな。
うどんすきをはじめ、鳥茶屋のお料理は今後も別亭でいただくことができる。


この記事のみを表示する肉肉野菜テイクアウト

FOODS

IMG_4515_convert_20200724042803.jpg

ここ最近の神楽坂(主に6丁目界隈)でのテイクアウト記録を。
6月下旬~7月上旬はやたらと肉料理を欲しておりました(今はだいぶ落ち着いた)。

ラムダック東京のラムグリル&ドライカレー

IMG_4491_(1)_convert_20200724024124.jpg

ふたを開けるとたっぷりのパクチー。
パクチー好きとしてはこの瞬間に「わーい♪」となりますな。

IMG_4492_(1)_convert_20200724024143.jpg

ドライカレーの上にトマト、タマネギのグリル、ポテトフライ。
そしてその上にラムグリル、トッピングにパクチーという構造。
ラムグリルの香ばしさよ。
がっつり系を欲していた日だったので非常に満足しました。

カリーナ カリーナの牛タンの赤ワイン煮とパテ

IMG_4343_(2)_convert_20200724024318.jpg

ボリュームのある牛タン。
こちらのお店はほぼ常時、店頭でテイクアウト用の料理を販売しているのですが、
ある日お店の前を通りかかったら「出来立てですよー」との呼び声が。
買わずにいられましょうか。いられません。

IMG_4344_(1)_convert_20200724024305.jpg

そのうえさらに肉料理を購入。
しかしこのパテもおいしかったー

ダブル肉料理により、わたしの脳と胃袋はかなり満たされたのでありました。

バリスパのロティサリーチキン

IMG_4516_convert_20200724024340.jpg

スーパーマーケットのキムラヤの店頭に月1回ペースくらいで出店されている移動販売のローストチキン屋さん。
以前からちょくちょく購入しております。
ほどよい塩加減のチキンもさることながら、芋! 芋もとてもよい~

神楽坂アッカのアッカ・プランツォ(15種野菜のサラダ、旬野菜のグラタン、バケット)

IMG_4537_(2)_convert_20200724040946.jpg

野菜は契約農家直送のものらしい。
自宅で作るサラダってなかなかこういう味にできないんだよねー、さすがだなーなどと思いながらいただきました。
温野菜をしっかり温かい状態でセットしてくださったのもうれしかったな。

いずれのお店もぜひまたテイクアウトなりイートインなりしたい。
胃袋が足りません。

この記事のみを表示する赤飯と水無月

FOODS

IMG_4283_convert_20200627210520.jpg

紫陽花は時間とともに変化していく姿がまた美しいものだな。
毎年思っているけれど、今年はより強く感じてしまう。

IMG_4287_convert_20200628231228.jpg

おもたせを買いに訪れた梅花亭でさつまいも入りのお赤飯を発見。
これまたきれいな自然の色合いよ。
自分用に買っていただきました。ほくほくのほんのり甘み、たまりません。

IMG_4256_(1)_convert_20200628234041.jpg

今年の『水無月』も先日、梅花亭にて購入。
新発売の黒糖と青エンドウの水無月。
本来は6月30日の夏越しの祓にいただくものらしいですが、フライングイート(なんじゃそりゃ).。
半年分の厄払い。おいしい厄払いよー

IMG_4259_convert_20200628233504.jpg

ところで上の写真のお皿の絵柄が見切れているので再び。
大倉陶苑の黒猫親子の豆皿。黒猫大好き。とても気に入っているお皿。

話は全然変わりますが、今日読んだ生湯葉シホさんのエッセイ↓。とてもよかった。
『「元気」はもうあきらめた』

自分が治らない病気になってみて初めてわかることが次から次へと生じている。
自分が健康(だと信じていた)だったとき、病気の人を励ましたい一心で結果的にとても無神経なことを言ったりしていたんだな、という反省もそのひとつ。



この記事のみを表示する会食の緊張と喜び

FOODS

IMG_4168_convert_20200621141328.jpg

隣町に住む友人と超久しぶりの会食。
何度もリピートしている大好きなお店、フレンチ前菜食堂 ボン・グゥ神楽坂にて。

IMG_4144_convert_20200621141102.jpg

お酒も久しぶりー(退院した日にグラス1杯、自宅で飲んで以来。。外で飲むのはいつ以来だろ)

IMG_4146_(1)_convert_20200621144929.jpg

このお店ではこちらのメニューは絶対はずせない。
ボン・グゥ盛り(シェフおまかせ5品盛り合わせ)。
手前のズワイガニとカマンベールチーズのキッシュ、たまらーんっ。

IMG_4148_(1)_convert_20200621145705.jpg

アスパラと桜海老。シンプルなだけに素材の素晴らしさがわかるというあれですよ、あれ。

IMG_4150_convert_20200621141146.jpg

梅雨いわしと賀茂茄子。茄子がとろっとろですごかったし、そこにしみこんだいわしの風味がもうーっ。

IMG_4153_convert_20200621141158.jpg

鰆とアサリ、キタアカリのブイヤベース。参りました。

IMG_4157_convert_20200621144321.jpg

牛ほほ肉の赤ワイン煮。ヤバイですね。てかキャプションがテキトーすぎですね。

IMG_4161_convert_20200621141235.jpg

ボン・グゥ盛りにもありました鶏白レバーと豚トロのパテ・ド・カンパーニュとキャロットラペ。
おいしすぎて単品で再び注文。
「全部最初からもう1周したいよね」と友。激しく同意。

IMG_4158_convert_20200621141223.jpg

白ワイン2、シャンパンロゼ1、赤ワイン1を堪能。
あまり酔っぱらわなくてよかった。

IMG_4167_convert_20200621141314.jpg

フレンチフライをつまみつつ

IMG_4162_convert_20200621141248.jpg

いちぢくの赤ワイン煮とブルーチーズのタルト仕立ても。

IMG_4163_convert_20200621141302.jpg

締めはピスタチオのクレームブリュレ!

はあーため息が出るほどおいしかったーやっぱり大好きボン・グゥさん。

とはいえやっぱり以前と同じように何も対策などを考えず飲食に没頭するということもできず、このタイミングでの会食にいろいろと難しさも感じる部分もあったことはありました。
でも気心の知れた人と「おいしいねーっ」と喜びを分かち合いながら食事ができるのってやっぱりなんとも得難いことですな。
入院以来もやっと悩んでいたことにも明確なアドバイスをもらえたり、とても有意義で満ち足りた時間を過ごすことができました。

IMG_4171_convert_20200621141342.jpg

帰りはシェフとホールの方が見送りに出てきてくださって、お店の前で少し立ち話など。
今後、お店として新たな展開も予定されているらしい。楽しみ。

で、「シャンデリア、見ました? すぐそこに新しいお店がオープンしたばかりなんですよ」と教えていただいたお店↓

IMG_4176_convert_20200621141411.jpg

オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド 神楽坂店
ゴージャス!

IMG_4174_(1)_convert_20200621145719.jpg

こちらの記事とか読むととてもおいしそう。行かねば!

この記事のみを表示する満足のひととき

FOODS

IMG_3149_convert_20191121071459.jpg

久しぶりに蒲田を訪れ、しかもたまたまお昼時だったのでシビタスへ。
このところなんとなく続いていた“おいしいホットケーキが食べたい欲”がものすごく満たされた。

IMG_3145_convert_20191121071409.jpg

しかもこのソーセージ、サラダ、フルーツのセットをオーダーすることができたのでさらに高まる満足感。
甘いのとしょっぱいのとのバランスが最高です。

蒲田に毎日通っていた頃のこともいろいろ思い出す。
2011年3月11日の大地震のときも蒲田にいたわけですが、職場のみんなと外に避難するために2階から階段を駆け下りていたときに、さっと手を差し伸べてくれた若い男性職員がいらっしゃった。とても心配そうな顔をして。
確か立て続けに2度強い地震があって、2回目に外に逃げるときは若い女性職員がわたしの手をとって一緒に走ってくれたのだったと思う。
ああいう非常時にそんなふうにとっさに他人を気遣う行動ができる人っているんだよな。
そしてそういうやさしい人が多い職場だったのだよな。
あのときの不安とか恐怖とかよりも、自分の心に深く刻まれているのはそうした温かい人々の記憶だったりするんだな。
などということを思いました。



この記事のみを表示する480円の贅沢

FOODS



近所のイタリア食料品店の持ち帰りメニュー、トリュフごはん。
ガツンとくる香り。元気でるわー

この記事のみを表示する脱・並ばず嫌い?

FOODS

image1_(1)_convert_20171012210427.jpg

茅場町の『やきとり 宮川』の唐揚げ定食。
手前の刻みねぎを三杯酢のつゆに入れ、そこに熱々サクサクの唐揚げを浸けながら食べるー!
うーん唐揚げの香ばしさと酸味が相まっておいしい。これはやみつきになる味だ。そりゃ人気があるはずだ。

先日たまたまお昼どきに茅場町に行く機会があったので、前から気になっていたこちらのお店を訪れてみたのでした。
まだ開店してまもない時間ながら、お店の前にはすでに並んでいる人が10数人。お店の中でも数人が待っている状態。
並んでまで食事をするのはいやだな~とかずっと思って生きてきたけれど、並びましたよね。で、結果的には並んでよかったと思うわけなのであります。

もう1軒、ほぼいつも行列ができているため、気になりつつも一度も入ったことがなかったお店につい先日初入店したのですが、一口食べて、ああこれは並んでも食べたい味だーと納得。ええ、次回もまた必ずや喜んで並びます。神保町の『丸香』。

どちらのお店も行列はできるけれども回転も速い。客さばきがプロフェッショナル。
とても気持ちよく食事ができるのでありました。
行列のできる店ってそういうことなのかーと今さらながらにちょっとわかったような気がしてみたりなんかしています。




この記事のみを表示するそば処 曲家にて

FOODS

P1010408-001_convert_20170927155707.jpg

至福の昼ビー。

P1010410_convert_20170927161300.jpg

窓の外には舘岩川。

P1010419_convert_20170927155828.jpg

前沢曲家集落の入り口にある『そば処 曲家』にて。

P1010417_convert_20170927160748.jpg

山菜のおひたし。

P1010414_convert_20170927160244.jpg

冷奴。うまい豆腐。

P1010413_convert_20170927160120.jpg

天ぷら盛り合わせ。激うまだったー
野菜も山菜も味が濃いのだよね。
南会津では絶対に野菜天を食べるべし~と強くおすすめしたい気持ち。

P1010416_convert_20170927160514.jpg

お蕎麦も最高じゃー
地元産のそば粉だけを使った十割蕎麦。

会津田島からこちらまでの道中でも蕎麦畑をたくさん見かけました。
新蕎麦も食べに行きたいものだのう。

P1010412_convert_20170927155952.jpg

そして初めて食べたはっとう。
そば粉ともち米を練って延ばし、ひし型に切ってゆでたものにじゅうねん(えごま)をまぶした郷土料理。
もっちりとしていて香ばしく、ほんのり甘みがあって後を引くおいしさ。

超満腹&大満足でした~!


この記事のみを表示する真夏日におでん

FOODS



甘味おかめ@有楽町は交通会館のおかめ弁当。
赤飯、茶めし、焼きそばにおでん、漬け物とお吸い物。
最近なぜだか無性に赤飯を欲していたのでオーダーしたのですがすべてが絶妙な味わい。
おでんも焼きそばも熱々。
それぞれおでん屋さんのとも中華料理屋さんとのも違う、このお店だけの味って感じなのもいい。
素晴らしい弁当だ。
冷たい飲食物に走りがちな今日この頃ですが、夏におでんも悪くないものだなと思いますた。

そして交通会館の地下は最高すぎる。
有楽町に行くと、用もないのにふらふらしちゃいます。