猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するHow fresh it is !

BALI―SUGARS VILLA



ふとなんとなく、爽やかな風景をアップしたいなーと思い、
過去写真フォルダの中から取り出してきた写真。
しかし「爽やか」というのは本来、秋の季語なのですよね。
常夏のバリには「清々しい」という表現のほうがふさわしいのかもしれませんが、
日本は今は秋だから「爽やか」という言葉を使いたいんですよね。
ってどーでもいいわいそんなこと!ってことを書いてますか。書いてますね。

ウブドのSugars Villasの朝。
プールの水がとても澄んでいました。

トリップアドバイザーのこのお宿のレビューは欧米人の書き込み多し。
'08年の滞在時、欧米人好みのお宿っぽいと思ったのは間違いではなかった!?なんちて~

本日のタイトルは、その欧米人の方々の書き込みのタイトルを一部真似させていただきました。
YouTubeのコメントなどもそうだけど、感動を伝える英語的表現っていろいろと勉強になるわ~。
真似しようと思ってもなかなか自分のものにはできませんが……。


この記事のみを表示するSUGARS VILLAS@UBUDの部屋

BALI―SUGARS VILLA



2008年2月29日(金)朝。『SUGARS VILLAS』の部屋のテラスにて。
今日は前回に引き続き、ウブドのクトゥにあるこのヴィラの部屋のことをアップします。
前回の記事ではレストランでの朝食のことを書きましたが、
朝食はこちらのテラスでももちろんOK、希望の時間に運んできてくれるようです。



部屋の扉を開けると、目の前は田んぼ!
ここまで田んぼが近くにあるお宿は私は初めてだったかも。
夜は蛍を3匹ほど見ることができました。はかなく美しい輝きを放ってくれました。



私が今回滞在した棟は敷地の一番奥にあり、
↑こちらは入り口に一番近い棟の外観。
建物の造りは計3棟とも同じです。
そしていずれもかなり間近な田んぼビュー。



建物と田んぼの間には小さな川というか長い沼のようなものが
めぐらせてあります(この写真ではわかりにくくてすみません)。
そういうつもりで造られたものかどうかは不明ですが(そんなわけはないとも思いますが)、
もし夜中に誰かが侵入しようとしてきたら、確実にここに足がはまって抜けられなくなりそう!?
そしてこんな湿地な環境のわりには蚊をはじめ虫が少なかったです(たまたまかしらん?)。



テラスから見えるものは田んぼとかかしと空と椰子の木。あ、ドリアンの木もありました。
今回はできなかったけど、夕方のマンディ後に暮れなずむ景色を眺めながら、
まったり涼んだりするのも気持ちいいでしょうねぇ。



中途半端なアングルですが、テラス兼部屋の入り口です。
このテラス、かなり広いので、デイベッドなんかがあると
さらにくつろげていいかも…と勝手なことを思う、一夜限りの一宿泊客でした。

ではお部屋の中へ~。

この記事のみを表示するSUGARS VILLAS@UBUDの朝(プール&朝食)

BALI―SUGARS VILLA



2008年2月29日(金)、バリ初日の朝。
『SUGARS VILLAS』(1泊55ドル)@Kutuh Kajaにて。
プールビューのレストランで朝食。



ここは昨年10月にオープンした、計3棟のみのヴィラ。
オーナーはオーストラリア人。
敷地の真ん中に池のように大きなプールがあります。
深夜のチェックイン時はライトアップされた状態で迎えてくれました。



滞在先にプールがあっても、諸々の理由でめったに泳ぎたいとは思わないのですが、
ここのプールでは今すぐどぼんと飛び込みたい! という衝動にかられてしまいました。
なんといっても水がとってもきれいで、つかるだけでも気持ちがよさそう~!



しかもこの日は宿泊客が自分ひとりだったので、
人目をはばからず、この大きなプールを貸し切り状態にできそうだったのよに。
しかしながら時間と水着、どちらもなかった……致命的。



朝食はアメリカンブレックファスト。
他に選択肢はないようです(リクエストはとくに聞かれず)。



トーストされているゴマ付き食パンは『バリブッダ』のものだそう。
やはりバリブッダのパンは美味しい……ウブドにきてよかった……と単純に思いました。
とはいえども、ウキウキなバリ初日としては少々フツーすぎて
感覚的に物足りなさを覚えてしまうこの朝食。
味もフツーに美味しいのだけれども。
ただ、短い日程の中でいろいろ食べたいものもあったので、
ここの朝食はキャンセルして、ワルンのナシチャンにいっちゃえばよかったな~と
正直ちょっと思ってしまいましたです。宿の方、ゴメンなさい。
でも朝からピカピカに晴れていて、そよぐ風の気持ちよさを堪能できて、
このレストランでのひとときはとてもいいものでありました。



まったく余談ですが、このソルト&ペッパーや、
木々や空の映り込みが美しいガラスのテーブルを見ていたら、
BALIKU@AMEDの朝食をちょっと思い出しました…。
(バリクのほうが朝食の内容は充実していますが)



同じ一本道の通り沿いにある『スピリット・オブ・バリ』の会場までは、
ここから歩いて10~15分くらいかな?
まわりは見渡す限り田んぼで、とってものどかで静かな環境。
クトゥに滞在したのは初めてでしたが、いいとこですねぇ、この辺りも。
今回は突入できませんでしたが、近くにパブリックのボタニックガーデンもあります。

次回はオーナーの趣味が全開な感じで好みが分かれそうな
部屋の様子についてアップします。

●SUGARS VILLAS@Jalan Tirta Tawar,Banjar Kutuh Kaja,Ubud
TEL:+62(0)812 390 2321
Email:sugars_villas_ubud@hotmail.com