猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するバリク@AMED⑤レストランにて

BALI―バリク



ディープブルーのスタッフに強力プッシュされるまで
バリクを今回の滞在先の候補としてはあまり考えていなかったのですが、
でも「アメドに行ったらバリクのレストランで食事をする!!」ということだけは
日本を出発する前から固く決めておりました。
これもまたPちゃんのこの記事タイチョーのこちらの記事などで
「なんて素敵なレストラン!そしてなんておいしそうなウエスタンメニュー!」と
かなーり心を惹かれていたからでした。

こうしてブログを通して知ることができて、
行ってみたいなぁと思い続けていた場所に
実際に行くことができるのはとても感慨深いもので、
「わー、ここだ、ここだぁ!みんなの写真で見たとおりだぁ!」と
ちょっとなにやらミーハー的な感覚に近い喜びがありました。

この記事のみを表示するバリク@AMED④おいしい朝ごはん

BALI―バリク



↑こちらは部屋から見た朝の海。
写真では全然わかりませんが、2隻のジュクンが猛スピードで
海上を飛ばしていました。見ていて妙に楽しかったです。
そして朝と夕方はピョンピョン飛び跳ねるイルカの姿も見えたりして大興奮!
(ちなみに私の視力は両目とも1.5だからか、ここからでもよく見えました)

今日はそんな楽しい一日の始まりをもたらしてくれる、
バリクの朝食をアップします。
こちらの朝食メニューは
●フルーツジュースorフルーツサラダ
●トーストorシナモントースト
●コーンフレークorブラックライスプディング
●コーヒー

さらに別料金(Rp.35,000)でベーコン&ベイクドトマト&目玉焼きwithトーストも。

基本的に前夜のうちにオーダーしておいて、
翌朝、希望の時間に部屋に運んでもらうシステムになっているようです。

この記事のみを表示するバリク@AMED③プールと部屋とビューなど

BALI―バリク



今日はバリクの部屋についてアップします。
でも部屋の可愛らしさや素敵な雰囲気などはPちゃんのレポのほうがとても伝わりますです!
(Pちゃん、毎日のようにリンクさせていただいてすみませんっ)

上の写真は、下のほうのヴィラから撮った風景です。
見学時も滞在時もほとんど天気がいまいちな日々でしたが、
それでもこの眺めは気持ちがよかったです。



そして今回のバリ旅で唯一入ってみたバリクのプール。
その時はもはやプライベートプール状態で、これまた気持ちがよかった~!
ちなみに見学時に、「ここから水着のままでビーチまで歩いて行って、
ダイレクトにシュノーケリングできますよ」とスタッフが教えてくれました。
実際に水着姿で出歩くかどうかはともかく、ビーチまではホントすぐ。
いい環境であります。

この記事のみを表示するバリク@AMED②そして見学して一目惚れ

BALI―バリク



(いきなりですが前回からのつづきです)
そしてディープブルーのスタッフに大プッシュされた『バリク』の部屋を
見学に訪ねた私は、そのスタッフがオススメの理由として挙げていた、
1.ディープブルーよりも高い位置にあって見晴らしがいい
2.オープンして間もないので新しくてきれい
3.各部屋が独立したヴィラタイプで、テラスにはバレとかもあっていいぞ

という3つのことを瞬時に納得しました。
1と2に関してはまた次回以降にアップしたいと思いますが、
3のバレ、厳密にはバレじゃないけど、このデイベッドは確かにいい!
うわー素敵ー、ここでごろごろしたーい、すなわちここに泊まりたい、と
一目見てすぐに思ったほど気に入りました。

この記事のみを表示するバリク@AMED①…その前に、ストーンズを聴きながらディープブルー

BALI―バリク



今日からアメドで泊まった宿『バリク』のことをアップしていきたいと思いますが、
その前に、今回アメドに行きたいなぁと思ったきっかけや、
そして『バリク』に泊まることになったいきさつなどを、
ちょこっと日記的に書いてみます。

アメドには10年ぐらい前にほんの少し滞在して以来、
なかなか再訪する機会がありませんでした。
でもPちゃんタイチョーバリバリさん(お休み中なのにお名前をリンクさせていただいて
すみません!)
たちのブログでアメドについての記事に触れるうちに、
アメドに行きたーい! という思いがだんだんと募っていきました。
とくにその最初のきっかけとなったのがPちゃんのこちらの記事
私は強く思いました。
『DEEP BLUE STUDIO SELANG』というこの宿で、
真っ青なアメドの海を眺めてみたい!!


しかしその後さらに皆さんのブログでアメドレポをいろいろと拝見するうちに、
今のアメドには素敵なお宿がたくさんあるのねーとさらに興味は広がっていきました。
そんなわけで『ディープブルー』はとても気になる一軒ではあったのですが、
今回の旅はとりあえず時間だけは余裕もあることだし、
実際にアメドに行っていろんなお宿を見学させてもらってから
滞在先を決めようと思い、予約などは全然しないままバリへと出発しました。

そしてバリ滞在6日目。ウブドの宿に宿泊中の3月13日、
道中のオゴオゴチェックをしながら、小雨の降るアメドへとドライブ。
上の写真は、その日アメドに向かう途中で通ったアバンのライステラスです。