猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する#

SAPPORO&SENDAI



1AADSCF7443.jpg

1AADSCF7419.jpg

1AADSCF7421.jpg

この記事のみを表示するGO GO!商店街②仙台・壱弐参横丁(後編)

SAPPORO&SENDAI



仙台・壱弐参横丁(前編)にて、
「焼かせてください」という看板にかなりそそられた私。
「じゃあ焼いていただかこうかしらぁ~♪」と
そのお店に突入しようかと思ったのですが、
↑こんな魅力的な店構えの飲み屋さんを見つけたため、
すーっと吸い寄せられるようにこちらのお店に入りました。

そして焼いていただくのではなく、自分で焼きました。

この記事のみを表示するGO GO商店街!②仙台・壱弐参横丁(前編)

SAPPORO&SENDAI



ここは仙台・ふれあい百店街・壱弐参(いろは)横丁
仙台には何度も行っているのに、かつて中央公設市場があったという
この場所を訪れたのは先週末が初めてでした。

「どうしてこんな楽しいところに今までこなかったんだろう!」
この横丁を歩いてみて、まずそう思いました。
小さな横丁の中に、さまざまな濃い(?)お店がひしめきあっていて、
本当に楽しいのです~。

この記事のみを表示する仙台ホテルのデラックスシングル

SAPPORO&SENDAI



仙台ホテル@仙台にて。
昨年12月に1泊しました。

この記事のみを表示する札幌メモ③ホテルモントレ&エーデルホフ

SAPPORO&SENDAI



今回はホテルモントレ札幌(http://www.hotelmonterey.co.jp/sapporo/)に宿泊。
ANAのA TOURを利用。



益田喜頓氏に寄贈されたというアンティークのトランクやステッキ、帽子が展示されていました。



エレベーターの中で。
エレベーター内が暗くてうまく写真が撮れなかったのですが、
ものすごーく可愛い、レトロ調のエレベーターで、乗る度にちょっとワクワク。



予約しておいたのはシングルルームだったけど、
ホテル側のご厚意でツインルームにしてくださいました。
HPによればこのスタンダードツインは、
「オーク家具とタータンチェックのファブリックで
スコットランド地方の田舎の暖かさを演出してみました」とのこと。



デスクのライト。



バスルーム。



そんなに広いわけではないけど清潔で快適でした。



朝は光もたっぷり差し込んで。



個人的な印象としては、どこかのテーマパークの中の英国館。
…のようなところにきた気分を味わえました。
細部までブリティッシュ的テイストが演出されていて、
その遊び心が好きだなぁーという感じ。
ルームサービスが17時~21時までしかなかったりとか、
微妙に不便な面も感じましたが、
ホテルのスタッフの方々も皆さん品よく親切丁寧で、
居心地のいいホテルでした。

このホテルから徒歩5分くらいのところに同系列の『ホテルモントレ エーデルホフ札幌』が。

http://www.hotelmonterey.co.jp/edelhof/





もしかすると私はこちらのホテルのほうが、より好みだったかもしれない。



↑この画像はエーデルホフさんのHPから借用。
モントレをチェックアウト後も、宿泊客と同じ料金でエーデルホフ内のスパを
利用することができました。
14Fにあるスパは、眺めもいいし、光もガンガンに差し込んでいてとても開放的。
お風呂でちょっと体を温めてから岩盤浴→エステルームでバリニーズマッサージ→
またお風呂、というコースを満喫して帰りました。
あまりにも気持ちのいいスペースだったし、自分も疲れ気味だったので、
ここで半日くらいずっと過ごせたらよかったかもーと後から思いましたわ。
マッサージ中に、短い時間ではあったけれどかなり深い眠りが得られて、
そのおかげでだいぶ復活できました。
さらにスパフロア内にラウンジがあって、そこですぐに湯上りビールを飲めるという
環境も魅力的でー!(今回はここでビールを飲む時間はなかったけど)
次はぜひともエーデルホフに泊まってスパ三昧したいな。

そしてモントレさんではチェックアウト後も数時間にわたり荷物を預かっていただくなど
いろいろお世話になりまして、ありがとうございましたー!


この記事のみを表示する札幌メモ②ビールとじゃがいもとソフトクリーム

SAPPORO&SENDAI



札幌・サッポロファクトリー。

7月30日(日)~7月31日(月)のこと、
ちょっと日記風にだらだらと書いていきます。

7月30日のCoccoのライブの後、大通公園で開催中の
ビールまつりを横目で見ながらホテルに戻りました。
私はそれまでこのビールまつりについて何も知らなかったのですが、
CoccoがライブのMCで「昨日札幌に着いて、大通公園のビールまつりに行って~」と
いうような話をしていたので、気になって帰りにちょっと寄ってみたのでした。
そしたらこれがもうすごくって!
アサヒ、キリン、サントリー、サッポロというビールメーカー各社それぞれの
ビアガーデンが公園に沿って設けられているのですが、
それぞれの規模がでかい!
それもそのはず、この記事によれば、あの公園内だけで計9400席も用意されているそうなんだものっ。
そしてお客さんたちが飲んでいる各テーブルにはセルフの
大きな生ビールサーバーがででんと置かれていて、お祭り感あふれまくり!
ライブにつきカメラを持参していなかったので
写真を撮れなかったのがちと残念ですが、
なんとも言えないほど胸がワクワクしてくる素敵な宴会風景が、
あちこちで繰り広げられていました。

しかし東京から札幌へと仕事を持ち込んだ私は
もちろん飲んでいる場合ではなく、
何か食べるにしても、おなかがいっぱいになって眠くなるとアウトなので、
とりあえずコンビ二おにぎりを1個だけほおばりながら、
ホテルの部屋で黙々と仕事を再開(自業自得の天罰チック状況とはいえ、さみしー)。
そして翌朝31日の6時AMくらいには何とか終わらせることができました。
(ご迷惑をおかけした皆様、本当にすみませんでした!)
仕事が終わったとなれば、時間に関わらずやっぱりとりあえずしたいのは
ビールを飲むこと!!
ということでビールを飲みにレッツゴー。
(もち、レッツゴーする前にひと眠りしたり、ひと風呂浴びたり、朝飯食べたりはしました)

でも私はサッポロビール園に行きたかったはずなのに、
ぼーっとしていてタクシーの運転手さんにサッポロファクトリーと言ってしまっていたのよね。
着いてから気づきました。

ファクトリーではビアガーデン的なところは夜のみの営業のようだったので、
とりあえず確実にサッポロビールを飲めそうなレストランへゴー。



すると『ハリー』という名のビールを発見!
HARRYファンとしちゃ、これは飲むしかないわよねぇ。



ハリーでーす。



『開拓使ビール 未ろ過』と『クラーク』も飲みました。



この時はもろにランチタイムだったのですが、
食事モノではなく、つまみ系だけをひたすらオーダー。
一部の店員さんの接客態度の悪さに閉口していた私でしたが、
あれってこっちもアヤシイ客だと思われてたからなのかしら、もしや。
そして正直料理もはずしまくりというかはずれまくりでしたが(毒)、
これ↑は美味しかった!
じゃがいもとアスパラのバター煮。
やはり前の晩のライブでCoccoが「ビールまつりの屋台で買った、
じゃがいもととうもろこしのセットが美味しかった」ということを話していて、
そうか、北海道といえばじゃがいもととうもろこしでもあるじゃん! 
と気づいた私はそれから「あー食べたいー」と頭がいっぱいになっていたので、
ここでじゃがいもを食べられたことに大満足。
しかも素材をそのままたっぷりのバターで煮込みましたって感じの一品で、
それ以外の余計な味がしなくて、じゃがいもとアスパラそのまんまの、
栄養がぎゅーっと詰まった野菜らしい濃い味を堪能できました。
バターもさすが、コクがあってより美味しい気がしました。



そう、そういえば北海道といえば乳製品でもあるわよね~と思って、
食&ビール後は同じサッポロファクトリーにあるロイズ
イートインコーナーでソフトクリームとコーヒーを。
期待通りの濃厚なソフトクリームで美味しかった~!



ちなみにロイズのショップ前のスペースではバンジートランポリン↑というのをやっていて、
ビョーン、ビョーンと高く上に跳んでいて楽しそうでした。
普通のバンジージャンプは怖いけど、これならね。って、子ども用だけど…。

サッポロファクトリーではビールとつまみだけにしておいて、その後は
札幌場外市場に行って海鮮丼を食べよう! と計画していたのですが、
ここで思いのほかおなかがいっぱいになりすぎたために、
少し街を散策してからホテルのスパの岩盤浴に入って、
すっきりしてから帰京するというヘルシー路線(?)に予定を変更。
というわけで札幌メモシリーズはあともうちょっと続きます。


この記事のみを表示する札幌メモ①名所めぐり

SAPPORO&SENDAI



札幌市時計台。



北海道庁旧本庁舎。



サッポロファクトリー(開拓使麦酒醸造所跡)。

駆け足でだーっと見て歩いただけですが、
札幌の街には歴史を伝える素敵な建造物が多くて、
かなり心をくすぐられました。
ただ歩いていることが、すっごく楽しい街。
次は旅行でゆっくり遊びにきたいなーという
思いを強くしました。