FC2ブログ
猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する姫ちゃん近況

DAILY

IMG_2207_convert_20190203194512.jpg

昨日はこのとき以来に近所の飼い猫・姫ちゃん(仮名)の飼い主さんと少しお話しできた。

「外に出たいと姫ちゃんが鳴くときにはリードをつけて玄関まで連れてくるんだけど、家の中から外の様子をうかがうだけで自分から出ていこうとはしないんですよね。なんだか怖気づいちゃっているようなのね。
でもとにかく元気ですよ」

そっかー、姫ちゃん、もうすっかり家猫なんだなー。
あんなにのびのび外を歩き回り、自分を可愛がってくれる人間もたくさんいることを知っていた姫ちゃん。
完全室内飼いが始まったばかりの頃はおそとが恋しくてたまらなかったかもしれないけれど、今はおうちにずっといることが普通になって、しかもとても居心地良くなっているのだろう。

よかった。
姫ちゃんは安全と引き換えに自由を失ってしまったのかも、などと時々考えては辛い気分に陥ることもあったけれど、そんなことはなかった。
何も危険のない環境で、安心して穏やかに暮らせているのだものね。
猫とのベストな暮らし方について改めて考えさせられました。


画像は全然関係ないけれど、とある公園のそばを通ったときに何かを求めているような猫の鳴き声が聞こえてきたので、探してみたら見つけたコ。
どうして鳴いているんだろうと思っていたら、近くのおうちからフードをのせたお皿を持った女性が登場。
いつもご飯をもらう時間だから鳴いて待っていたのだね。
女性が持っていたお皿は3枚。
よく見たら葉っぱの陰にもう1匹。姿は見えなかったけれどもう1匹どこかにいたらしい。
早く春が来るといいね。今日は立春。







この記事のみを表示する散歩日和でしたな本日は

DAILY

IMG_2188_convert_20190202232648.jpg

暖かった本日の江戸川公園。
梅がきれい。

IMG_2185_convert_20190202232555.jpg

甘い香りが漂っていた。気持ちいいー

IMG_2189_convert_20190202232743.jpg

文京区立肥後細川庭園の池のまわりには望遠カメラを構えた人々が(写っていないけれど画像右手にもっとたくさんいた)。
今まで知らなかったけれど、カワセミの止まり木があるのですね、ここには。

IMG_2205_convert_20190202232956.jpg

園内の松聲閣の中に気になるチラシが。
筑波大学(占春園)、播磨坂、傳通院、講道館、文京ふるさと歴史館、湯島天満宮、史跡湯島聖堂がスタンプラリーのポイントだそうな。
ミーハーなのできっとわたしはやることでしょう。
明日は『いだてん』だー!毎週日曜のお楽しみ♪

この記事のみを表示する京都で見知らぬ人に助けてもらった話

国内旅

IMG_2141_convert_20190129070758.jpg

新幹線から富士山の写真撮るの下手くそ選手権その1

IMG_2147_convert_20190129070901.jpg

新幹線から富士山の写真撮るの下手くそ選手権その2

IMG_2142_convert_20190129075507.jpg

なんとか撮れたけどやっぱり下手くそなり。

仕事でかなり久しぶりの京都へ。
何分仕事なので京都を堪能!というわけにはいきませんでしたが、駅で京都のパン屋さんSIZUYA【志津屋】を発見。
こちらのカルネを食べてみたかったのでうれしー!

IMG_2135_convert_20190129070710.jpg

受験生ではないけれど、ありがたい気持ちになるパッケージに包まれたカルネでありました。

そんなこんなでささやかに浮かれていたところ、不意に超冷や汗な出来事が。
それまで手に握りしめていた東京行き新幹線の指定席切符がいつのまにかなくなっていたのであります。
すぐに乗るからと思って、手に持っていたんですよね切符を。アホだった。
会計のときに財布に無意識に入れた? バッグのどこかに入れた? コートのポケットは? としばし探してみるも見つからず。

志津屋でパンを選んでいるときに落としたとしか考えられない……とお店に戻り、どこかに落ちていないかとぐるぐる探してみたけれどありませぬ。
お客さんが途切れたところを見計らって店員さんに落とし物の有無について聞いてみると、「こちらには届いてないですねー。落とし物でしたらこの先のインフォメーションで聞いてみたほうがいいですよ」と教えてくれました。感謝!

急いでインフォメーションへ。
「どうしました?」と窓口の男性。
「新幹線の切符をなくしてしまったんですー」
「東京駅の指定席の切符?何号車だったか覚えてます?」
うああああ覚えてませーんっ。というかそもそもよく見ていなかった、切符を。
なんでも新幹線の改札口に切符の落とし物が届いているという連絡があったそうなのだけれども、本当にわたしが落とした切符か確認するためには、自分が買った指定席の車両の号数や座席番号を自己申告するしかないとのことで。
あーでも覚えてないんですーっ。
アセアセのわたしに、窓口の方は「とりあえず改札口に行って聞いてみて」と促してくれました。

速攻で改札口へ。
「切符を落としてしまったんです」
「何時の新幹線ですか?」「どこで切符を買いました?」と駅員さん。
その質問に答えると、一応間違いないだろうと判断してくださったようで、届けられていた切符を渡してくれました。ああよかったーっ

志津屋の店員さんもインフォメーションの方も改札の駅員さんも皆親切で感謝感謝でしたが、何よりも!
落ちている切符に気づいて拾って届けてくださった方!
ここに書くのもなんですが、本当にありがとうございました!!
とてもとても助かりました。
自分もそういうことがあったら必ずそうします。誓い。

そして切符(だけに限らないけれども)の管理はちゃんとするように、自分っ!手に持ったまま買い物とかするなーっ



 


この記事のみを表示する祝・還暦

HARRY

IMG_2048_convert_20190126230554.jpg

2019年1月26日、ハリー60歳の誕生日。

IMG_2050_convert_20190126230439.jpg

恵比寿リキッドルームにて、還暦記念BIRTHDAY LIVE。

「俺もなんとか60になりました」
「みんなもすぐだよ」
というようなことを言っていたハリーさん。
そうだよなー、無事に生き続けることができれば還暦なんてあっという間に来ちゃうんだろうな。

そのときに、今夜のハリーみたいに笑っていられたらいいな。
ずーっと観続けてきて、やっぱり今が一番いいなと思う。いつもそう思わせてくれるハリーだ。
自分も60になったときに今が一番いいと思えるようでありたい。

バースデイケーキの60本のロウソクを吹き消すハリーの姿。眼福。

ハリーに乾杯♪



この記事のみを表示する7年ぶりの常磐線帰省

福島

久しぶりの更新になってしまいました。
今年もどうぞよろしくお願いします!

昨年末は、2010年の年末以来に常磐線で帰省しました。
(2010年までは上野駅と地元の原ノ町駅の間をスーパーひたちという直通特急が走っていましたが、東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故の影響によりいわき駅~原ノ町駅間の一部区間が不通になったため、常磐線で帰ることがしばらくの間困難に。2017年10月までにいわき駅~富岡駅間が運転再開したことでだいぶスムーズになりました。
ちなみにスーパーひたちは2015年3月のダイヤ改正で名称が『ひたち』に変わり、品川駅~いわき駅間の運行となっています)

上野駅からいわき駅まで特急ひたちに乗り、いわき駅から常磐線の普通列車に乗り換え、草野駅、四ツ倉駅、久ノ浜駅、末続駅、広野駅、木戸駅、竜田駅を経て、富岡駅へ。
富岡駅~浪江駅間にある夜ノ森駅、大野駅、双葉駅は今もまだ不通なので、代行バスに乗り換えて移動。
浪江駅からまた普通列車に乗り換え、桃内駅、小高駅、磐城太田駅を経て、原ノ町駅へ。

かつては特急1本で帰れたことを思うとなかなか面倒っちゃ面倒ですが、ここまでつながったんだなあという感慨のほうがやっぱり大きいものなのですな。
(といいつつ東京に戻るときは、仙台経由で新幹線を利用しましたが……)

HISANOHAMA.jpg

↑常磐線の車窓より。これはいわき市の久之浜のあたりかな。
久しぶりに見たら、かなり様子が変わった印象。何が造られるのかな。

UMI.jpg

↑こちらは双葉郡の広野駅を過ぎたあたりだったかな。
海が真っ青。そして近いなー。この近さは変わっていない。

HITACHI.jpg

↑富岡駅にて、懐かしのスーパーひたち。
いわき駅から富岡駅まではこの車両が普通列車として運行しているのでした。
久しぶりに乗ることができてうれしかった。

しかしうれしいとかよかったとかばかり言っていられないというか、そんな言葉もたちまち引っ込んでしまう風景が、その大部分が帰還困難区域である代行バスでの道中にありました。
2020年3月末までにはこの不通区間もすべて運転再開する予定だそうだし、それは当然待ち遠しいけれど、でもいったい復興って何なんだろうな、どういうことなんだろうなと考えずにはいられなくなったり。
考えても自分ひとりじゃ答えを出せないのだけれども、置き去りにするべきではないことってあるよね……とか堂々巡りを続けています。



この記事のみを表示するうわーい

ROLLING STONES



ついにーっ!トキオで開催!!
https://stonesexhibitionism.jp/

楽しみすぎるっ

この記事のみを表示するひゃっほー!

ROLLING STONES

無題
https://twitter.com/officialKeef/status/1064609950268297216

仕事のため早起きしてメールチェックをしたら、「Just Announced - No Filter US Tour 2019!」という件名のメールが届いていたよ。
The Rolling Stones様からだよ。
早起きするとやっぱりいいことあるねー!
(以下、スケジュールをメールからコピペ)

APRIL 2019

20 – Hard Rock Stadium MIAMI, FL

24 – TIAA Bank Field JACKSONVILLE, FL

28 – NRG Stadium HOUSTON, TX

MAY 2019

07 – State Farm Stadium GLENDALE, AZ

11 – The Rose Bowl PASADENA, CA

18 – Levi’s Stadium SANTA CLARA, CA

22 – CenturyLink Field SEATTLE, WA

26 – Broncos Stadium At Mile High DENVER, CO

31 – FedExField WASHINGTON, DC

JUNE 2019

04 – Lincoln Financial Field PHILADELPHIA, PA

08 – Gillette Stadium FOXBOROUGH, MA

13 – MetLife Stadium EAST RUTHERFORD, NJ

21 – Soldier Field CHICAGO, IL


アメリカ、自分は行けそうにはないのだけれども、フロリダからスタートなのかと思うと勝手にワクワク。
'06年にタンパで観たとき、隣に座っていたファミリーがジャクソンヴィルから来ていたのではなかったっけ。
気持ちの距離がなんだか縮まるような、親しみの湧く地名なことよ。

日本にもまた来てねーと願わずにはいられないけど、この世界のどこかの街で彼らがライヴを続けてくれるということがやっぱり何よりうれしい!喜び!

この記事のみを表示する蓼科親湯温泉①ラウンジ&貸切露天風呂

国内旅

P1010025_convert_20181113175151.jpg

JR茅野駅から無料送迎バスで約30分、蓼科高原にある蓼科親湯温泉
生ビール、スパークリングワイン、ジュースから選べるウエルカムドリンクのサービスがうれしい。

P1010123_convert_20181113175445.jpg

ラウンジの窓越しに望む、美しい紅葉。

P1010022_convert_20181113180213.jpg

ラウンジ全景……は1枚に収まらないほど広々。ゆったり空間、とてもくつろげるー
好きな席でウエルカムドリンクをいただきながら、チェックイン。
名前や住所等の必要事項はあらかじめ印刷してくださっているので手続きはあっという間に完了。
玄関での出迎えから部屋への案内まで、サービスが行き届いているし何もかもスムーズで気持ちがよかったな。

P1010252_convert_20181113180600.jpg

上の写真を反対側から見たところ。
こちらのホテルがすごいのは蔵書が約3万冊もあるということ。
そもそもこちらを訪れてみたいと思ったのは、そこにたまらなく惹かれたからでした。
蔵書の画像はまた後日アップ予定。

ラウンジの素晴らしさは期待どおりでしたが、さらに期待以上だったのが温泉。

P1010151_convert_20181113175608.jpg

貸切露天風呂、まじで絶景。

P1010156_convert_20181113175734.jpg

湯船に浸かりながら渓流を眺める。
貸し切りなので写真をたくさん撮ってしまいましたが、写真を撮れない大浴場&露天風呂もかなり快適でした。
あまり混んでいない時間帯に入ったためかほぼそちらも貸し切り状態で、お湯はいつまでも浸かっていられるような温度&やわらかさで。
はああ最高だったよー




この記事のみを表示する神無月雑記

LIFE

IMG_1875_convert_20181022194146.jpg

秋は短い。

IMG_1870_convert_20181022194526.jpg

たくさん歩き回りたいけれど、時間をうまく使えていない。

IMG_1869_convert_20181022194316.jpg

姫ちゃん元気かな。
昨年の今頃は毎日会っていたなー

IMG_1868_convert_20181022194619.jpg

10月9日、中野サンプラザでくるりのライヴ。
中盤まで、ニューアルバム『ソングライン』全曲をアルバムの曲順通りに聴かせてくれたのが新鮮だった。
バンドが12人編成だったというのもすごい。
ずっと座ったまま、じっくり音に聴き入っていた。
音楽っていいなとしみじみしたな。
アンコール最後の『ロックンロール』はオールスタンディングで。
この曲のとき、前の席の女性が涙が止まらなくなったみたいで、連れの男性が「大丈夫?」と心配そうにしていたのが印象に残った。
大事に聴いていきたい曲がいろいろある。

“色んなことを 中途半端なことを
考えて 消えてく 幸せのアイデアも
所詮 君は 独りぼっちじゃないでしょう
生きて 死ねば それで終わりじゃないでしょう”

この記事のみを表示するビルボードライブ大阪1stステージ,20180929

未分類

IMG_1853_convert_20180930213000.jpg

よかったな。すごくよかったな。とてもとても最高なライヴだった。

IMG_1856_convert_20180930213051.jpg

ビルボードオリジナルカクテルの『かえりみちのBlue』は東京でも大阪でも飲まずじまいだった。
しかしふたりが歌う『かえりみちのBlue』は、昨日のライヴの個人的ハイライトだった。
なんといったらいいのか。
美しかった。ものすごく。
春から始まったツアー、観ていてぐっと込み上げてくることはあっても、涙があふれてきたことはなかった。
泣く前に楽しすぎて笑っちゃう感じだった、ずっと。
でも昨日は、この曲を聴いていたら勝手に目から流れ出てきてしまった。
胸がいっぱい。
最高のふたり。

アンコールの『カメレオン』で、蘭丸がハリーのマイクに近寄る。ひとつのマイクでふたりが歌う。
それこそ18年ぶりだったってことだよね、ワンマイク。
その瞬間「キャア」と思わず声が出た。
あああうれしかったーっ。

しかし本当に毎回毎回、観る度にどんどん研ぎ澄まされて、濃さが増して、新しかった、常に。
MCで「18年ぶり」という言葉を聞くまで、もはやすっかりその事実を忘れていた。
これからもふたりともそれぞれに進化し続けていくのだろう。
それを観たい、聴きたい。ずっと。

ところで



7月のヒューリックライヴのBlu-ray&DVDが発売されたばかりですが↑
今回のビルボードライヴも出してくれないかなーっ!!(欲深)